A. Lincoln And Me

By Louise Borden, Illustrated by Ted Lewin ( Scholastic Press – 1999 )

Skinny as a beanpole and tall for his age, an awkward boy learns about Abraham Lincoln was called “gorilla,” “baboon,” and “backwoods hick.” Yet, along with big feet and big hands, Lincoln had a big heart and the great ability to keep a nation together. And what the boy learns as he studies Lincoln opens his mind to great possibility for his own future. A poetic story by Louise Borden and magnificent paintings by Ted Lewin introduce young children to a wonderful boy and a great president.>>>Louise Borden’s books and Ted Lewin’s books in SHI collection.

豆の支柱のようにひょろ長く、年齢よりも背が高い、自信のない少年が、アブラハム・リンカーンが、ゴジラとか、ヒヒとか、田舎者とか呼ばれていたことを知った。それでもリンカーンは、大きな手と大きな足だけでなく、大きな心の持ち主であり国民を一つにまとめる能力の持ち主でもあった。そして、その少年がリンカーンについて勉強すればするほど、自分の将来への大きな可能性を持てるようになった。詩的情緒豊かなLouise Bordenの話とTed Lewinの素晴らしい絵によって、一人の素敵な少年と偉大な大統領を紹介している絵本。>>>SHIのコレクションにあるLouise Bordenの作品Ted Lewinの作品

My Two Border Towns

By David Bowles, Illustrated by Erika Meza ( Kokila – 2021 )

Early one Saturday morning, a boy prepares for a trip to the Other Side. It’s close-just down the street from his school-and it’s a twin of where he lives. To get there, his father drives their truck along the Rio Grande and over the bridge, where they’re greeted by a giant statue of an eagle. This is a loving story of a father and son’s weekend ritual, a demonstration of community care, and a tribute to the fluidity, complexity, and vibrancy of life on the U.S.-Mexico border. >>> Erika Meza’s books in SHI collection.

ある土曜日の朝早く、少年は反対側に行く準備をした。反対側はそう遠くなく、彼の学校から少し行ったところで、彼が住んでいるところの双子の町のようなものであった。そこへ行くには父親がトラックをリオグランデ川に沿って運転し橋を渡るけど、橋の反対側では大きな鷲の像がが彼等を迎えてくれた。この絵本は父親と息子の慣例となっている週末の物語であり、互いを助け合うコミュニティーの人達との交流であり、親し気な言葉が溢れ出る、複雑な面もある、アメリカ合衆国とメキシコの国境で繰り広げられる生き生きとした人々の生活を描いている。>>>SHIのコレクションにある Erika Meza’sの作品

Home

By Jeannie Baker ( Greenwillow Books – 2004 )

Little by little, baby Tracy grows. She and her neighbors begin to rescue their street. Together, children and adults plant grass and trees and bushes in the empty spaces. They paint murals over old graffiti. They stop the cars. Everything begins to blossom. In Jeannie Baker’s striking natural collages without text, an urban community reclaims its land. A drab city street becomes a living thriving neighborhood – a place to call home. >>>Jeannie Baker’s books in SHI collection.

赤ちゃんのTracy は、すくすくと成長した。彼女と隣人たちは、自分達の通りの手入れを始めた。子どもも大人も一緒になって、空き地に植物や木を植えて緑を茂らせた。いたずら書きは、壁画で塗り替えた。車に乗るのを止めた。総てが魅力的になった。制作者Jeannie Bakerの自然の素材を活用したコラージュで文字はない彼女独特の作品で、都会のコミュニティーが大地を取り戻す。単調な街の通りが、溢れる生命で活気ずいた環境に代わり、それこそホームと呼ぶにふさわしい場所に変わった。>>>SHIのコレクションにあるJeannie Bakerの作品

Imani’s Moon

By JaNay Brown-Wood, Illustrated by Hazel Mitchell (Charlesbridge – 2014)

Imani wants to touch the moon. She is eager to achieve something great, just like the heroes do in the stories Mama tells her each night. But how can a tiny girl soar so high in she sky? Day after day the other children tease and taunt her, yet Imani stays determined to reach the moon. Will little Imani ever find a way to make her BIG dream come true? With the beautiful illustrations and amazing story of backgrounding the Maasai tribe, this book encourages everyone to keep own dream.

Imaniは、月を触りたかった。母親が毎晩話してくれる物語の中のヒーローのように、彼女は何か特別なことを成し遂げたかった。しかし、背の低い彼女が高い空に届くはずもない。毎日のように、周囲の子ども達は、彼女をからかい嘲笑したが、Imaniは月に自分の手が届くことを諦めなかった。小さな女の子は、自分の大きな夢をかなえる為に、あらゆる手段を試してみた。そして、、、?心温まる見事なイラストとマサイ族のカルチャーを背景とした素晴らしい母娘の話は、読者の誰もが自分の夢を諦めないように励ましてくれる。

Before We Eat : From Farm to Table

By Pat Brisson, Illustrated by Mary Azarian ( Tilbury House Publisher – 2014 )

Milk doesn’t just appear in your refrigerator, nor so apples grow up in the bowl on your kitchen counter. Before we eat, many people must work hard – planting grain, catching fish, tending animals, filling crates. In this lyrical book with vibrantly illustrations, readers find out what must happen before food can get to our table to nourish our bodies and spirits.!>>>Pat Brisson’s books in SHI collection.

牛乳は勝手に冷蔵庫に現れるわけではないし、リンゴだって台所のカウンターにある器の中で勝手に育つわけではない。私達が食品を食べる前に多くの人達が一生懸命に働いている、例えば、、、種を植えたり、魚を捕えたり、動物達の世話をしたり、木箱に詰込んだりしているのだ。活気に満ちたイラストのリリカルなこの絵本は、私達の身体と精神に栄養を与えてくれる為の食品が、テーブルに運ばれる前の過程を読者に教えてくれる。>>>SHIのコレクションにあるPat Brissonの作品

They’re Heroes Too : A Celebration of Community

By Pat Brisson, Illustrated by Anait Semirdzhyan (Tilbury House Publisher – 2022)

Let’s celebrate teachers, bus drivers, grocery clerks, mail carriers, and all the other folks who make our communities better with their caring and their work. And don’t forget kids who are kind and brave and help each other. They’re heroes too. Heroes makes the world a better place. Be a hero!>>>Pat Brisson’s books in SHI collection.

さあ称えよう、先生達を、バスドライバー達を、食品店の店員達を、郵便配達人達を、そして私たちのコミュニティーを良くするために働いている総ての人達を。子ども達も忘れないで、優しくて勇気がありお互いを助け合う子ども達を。彼等はみんなヒーロー達なのだ。ヒーロー達は世界を住み良くしてくれる。ヒーローになろう!>>>SHIのコレクションにあるPat Brissonの作品

I see You

By Michael Genhart, Illustrated by Joanne Lew-Vriethoff ( Magination Press – 2017 )

Homelessness is a problem that is both very visible and, in many ways, invisible. This book is a wordless narrative that depicts the day-to-day plight of a homeless woman, and the boy who is witness to her struggles. >>> Includes a Note to parents, educators and neighbors with more information on homelessness and how families and communities can get involved.>>>>Michael Genhart’s books and Joanne Lew-Vriethoff’s books in SHI collection.

家のないことは目に見える問題と共に、目に見えない問題もかかえている。この絵本は、ホームレスの女性の日々の苦境と彼女の大変さに気ずき行動を起こした少年との書き言葉のない物語である。>>>物語後のページで、家のないことに対するより詳しい情報が親達、教育者達、住民達に提供され、家族としてコミュニティーとしてこの問題への取り組み方をアドバイスしている。>>>>SHIコレクションにある Michael Genhart の作品 と Joanne Lew-Vriethoff の作品

Ruby and Lonely

By Patrice Karst, Illustrated by Kayla Harren ( Two Lions – 2023 )

Ruby’s got a problem. At school and at home, everyone is so busy all the time, and no one seems to notice her at all. Ruby finds herself kind of …lonely. But one day, while walking home alone after school, she decides to look at her problem from a new angle. She even gives it a name – Lonely – a seemingly small but significant decision that transforms her problem, and entire life, in the most surprising and extraordinary way. Join Ruby as she discovers her inner best friend in this relatable and heartwarming story. >>>Patrice Karst’s books and Kayla Harren’s books in SHI collection.

Rubyには問題があった。学校でも家でも、誰もがいつでも忙しくしていて、誰も彼女の存在に全く気ずいていないようであった。Rubyは、一人ぽっちであった。しかしある日、放課後家に一人で歩いて帰る時に、彼女の問題を今までとは異なる角度から見る決心をした。彼女は問題に「孤独」という名前さえつけた。それは実に些細なことではあったが、意義深い決心であった。なぜなら彼女の問題が姿を変えただけでなく、彼女の日常さえも変えてしまったのだ。この共感できる心温まる話の中でRubyが内なる友人を見つけたように、読者も引き付けられる絵本である。>>>SHIコレクションにある Patrice Karstの作品Kayla Harrenの作品

Building A Dream : How the Boys of Koh Panyee Became Champions

By Darshana Khiani, Illustrated by Dow Phumiruk ( Eerdmans Books for Young Readers – 2023 )

In Thailand’s Phang Nga Bay, atop a network of stilts, floats the village of Koh Panyee – where a group of football-obsessed boys had no place to play. Where could they find space to dribble, juggle, shoot, and score? The boys looked out at the water and started gathering tools. Even while their neighbors laushted, the team sawed woods, hammered nails and tied barrels together. They worked for weeks, until they had built a pitch on top of the water – a place to practice and a place to transform their community.>>>Inspired the true story in 1986.

タイ南部にあるPhang Nga 湾に存在する竹馬のような木で支えられた水上のKoh Panyee 村で、フットボール(北米・カナダのサッカー)に魅了された少年達には、練習する場所はどこにもなかった。一体どこでドリブルして、ジャグルして、シュートし、そして得点を得たら良いのだろう?少年達は辺り一面の水を見渡し、そして道具を集め始めた。人々が彼等を笑って観ていても、彼等は木を切り、釘を打ち、樽を結わえ付けた。少年達は何週間も働いて、ついに水上競技場を作り上げた。その場所は、練習場であると共に村人達の意識改革の場でもあった。>>>1986年の実話に基ずく物語である。