Marsha is Magnetic

By Beth Ferry, Illustrated by Lorena Alvarez ( Houghton Mifflin Harcourt – 2021 )

Marsha is a scientist who has never met a problem she couldn’t solve. But when it comes to making friends to invite to her birthday party, she is stumped. Luckily, Marsha knows the solution to being stumped : the Scientific Method! With equal parts creativity, determination, and humor, Marsha sets out to attract as many friends as she can. >>> Beth Ferry’s books in SHI collection.

Marshaは、どんな問題でも解決出来る科学者であった。しかし、自分の誕生日パーティーに招待する友達を探すことは、簡単には解決が出来なかった。幸いにも、Marshaは解決方法を知っていた。それは科学的法則に従うのである。想像力と決断力とユーモアを同等に混ぜて、彼女は友達を引き付ける作戦を開始した。>>>SHIコレクションにあるBeth Ferryの作品

Planting Friendship : Peace, Salaam, Shalom

By Callie Metler, Shirin Rahman, Melissa Stoller, Illustrated by Kate Talbot          ( Clear Fork Publishing – 2021 )

When they meet on the first day of school, three girls realize they are different from each other – Molly is Christian, Savera is Muslim, and Hannah is Jewish. Through a class planning project, the girls’ friendship blossoms, and learn they are more alike than they thought. >>>Three women authors from the same faith traditions as the 3 girls in the story.

学校の始まった日に初めて同じクラスで出会った3人の少女は、互いに何か違和感を抱いていた。Mollyはキリスト教、Saveraはイスラム教、そしてHannahはユダヤ教の宗教であった。植物栽培のクラスプロジェクトを通して、3人の少女は友情を花咲かせ、思っていた以上に互いの共通点が多いことに気ずいた。>>>3人の女性作者は、この絵本の主人公の3人の少女と同じように、異なる宗教をもつ。

Measuring Angels

By Lesley Ely, Illustrated by Polly Dunbar (Frances Lincoln Children’s Books – 2008 )

When two school girls are given a sunflower seed, they argue and the little plant grows very badly. The teacher says “That sunflower is not happy”. So the girls make an angel to help the plant grow. A friendship develops between the two girls, as they learn to like each other, the little plant grows bigger and bigger.

クラスメートである二人の少女がヒマワリの種を一緒に植えた時、仲の悪い二人のヒマワリは育ちが悪かった。先生から「そのヒマワリはハッピーではないようね。」と言われて、二人はヒマワリの成長を助けてもらう為にエンジェルを作ることにした。互いに協力するうちに二人の間に友情が芽生え育ち、ヒマワリも日に日に大きく成長した。

Dear Abuelo

By Grecia Huesca Dominguez, Illustrated by Teresa Martinez (Reycraft Books – 2019)

Through letters to her grandfather in Mexico, Juana details her move to New York, her first days of school, and her new friendship with a classmate who speaks both Spanish and English.

メキシコに住む祖父への手紙を通して、少女Joanaがニューヨークへの飛行機の旅を語り、新しい学校生活を語り、スペイン語と英語を話すクラスメイトの友人を語っている。新しい生活に挑戦する少女の気持ちが素直に描かれている。

My Daddy Can Fly!

By Thomas Forster with Shari Siadat, Illustrated by Jami Gigot (Random House Studio – 2021)

In his classroom, Ben describes the twists and turns of his baller-dancer dad as he moves across the stage. To Ben, his daddy is more than just a dancer- he can fly! This ode to ballet and fatherly love, written by American Ballet Theatre principal dancer Thomas Forster and dancer educator Shari Siadat, is a beautiful story for any young ballet enthusiast and for who wants to know about baller. >>> The author’s note is on the last pages.

学校の教室でBenは、バレーダンサーである父親が舞台でする動きを真似てみた。Benにとって父親は単にバレーダンサーであるだけでなく、父親が飛べれることは自慢であった。父親の愛情とバレーへの賛歌であるこの絵本は、米国バレーシアターの主ダンサーであるThomas Forster とダンス指導者のShari Siadatによって書かれ、バレーへの情熱を持つすべての子ども達とバレーへの関心を持つ人たちの為に制作された。>>>巻末に著者の言葉と写真が記載されている。

Chocolate Milk, Por Favor ! : Celebrating diversity with empathy.

By Maria Dismondy, Illustrated by Donna Farrell (Cardinal Rule Press – 2015)

Johnny’s classroom family welcomes a new student from Brazil and his name is Gabe. But Gabe does not speak any English words. What will Johnny do when Gabe starts to make new friends? Will he join in the fun of making a new friend or turn the other way? Johnny realizes a powerful message in this story where student differences are celebrated. Read and find out how chocolate milk plays a major role in the discovery of the real universal language. >>> Guidance how to use this book is included.

Johnnyのクラスメイト達は、新しい仲間を迎えた。ブラジルから来たGabeは、まったく英語が話せなかった。Gabeが新しい友達と楽しむとき、Johnnyはどうすれば良いのだろう?一緒に仲間に入って楽しむのか、それともそっぽを向くのか?Johnnyは、新しい生徒の異質性は祝福されるものであることに気ずいてゆく。本の中でチョコレートミルクが万国共通語としての役割をどのように果たしているのか、学ばせてくれる。>>>この本の利用方法が記載されている。

Twindergarden

By Nikki Ehrlich, Illustrated by Zoey Abbott ( Harper – 2017 )

Dax and Zoe are twins! They go together like peanut butter and jelly. It’s the night before kindergarten, and the twins have the just – about -to – start – school jitters. But they will be different classrooms! Will Dax and Zoe be able to make it through kindergarten without each other?

Dax とZoeは、双子であった。二人はピーナツバターとジェリーのように、いつも一緒であった。幼稚園に入園する前夜、ふたりは初めての体験にドキドキであった。しかも、二人のクラスは別々なのだ。果たして二人は幼稚園に馴染むことが出来るのだろうか?

I’m New Here

By Anne Sibley O’Brien (Charlesbridge-2015)
At their new school, everything is different…..Back in Guatemala, Maria knew the language. Back in Korea, Jin could read and write. Back in Somalia, Fatimah felt like she fit in. Now, in the United Sates, there are new words and new ways. But with a little support – and a lot of courage – Maria, Jin, and Fatimah begin to find their way.

新しい学校では総てが違っていた、、、。グアテマラにいた時は、Mariaは言葉が解っていた。韓国にいた時は、Jinは読み書きが出来た。ソマリアにいた時は、Fatimahは自分の居場所があった。しかし今、アメリカ合衆国に来たら、新しい言葉や新しいやり方を覚えなくてはならない。でも、ちょっとした励ましと、たくさんの勇気をもって、Maria と Jin と Fatimah は、新しい生活に挑み始めた。

Step by Step

By Alice B. McGinty, Illustrated by Diane Goode (Simon & Schuster Books for Young Readers – 2021)

On the morning he is to start school, a nervous little boy is reassured by his father’s advice to handle problems step by step. How to make a new friend, how to learn to read and write ,,, Life is full of adventures, and the boy learns to do it all, just take it step by step.

学校へ始めて行く朝、その少年は大変に心配であった。父親から何事も一つずつ進んでゆけば大丈夫とアドバイスを受け安心する。新しい友達にどうやったらなれるの、読み書きはどうやったら覚えるの、、、人生は冒険の連続だけれど、その少年は時間をかけて一つずつ向かったら良いことを学んだ。

Apple Countdown

By Joan Holub, Illustrated by Jan Smith (Albert Whitman & Company – 2009)

Fieldtrip today – to the apple farm! Count 20 name tags, 19 kids on the bus, 18 miles to the farm…… Joan Holub’s creative countdown, from 20 to 1, includes grouping and simple addition. Joan Smith’s lively watercolors are as fresh as happy as crisp apples. Small bites of knowledge about apples are fully appeared on the other side of the front and back cover. >>> Pumpkin Countdown by the same author and illustrator, published in 2012.

学校の課外授業で、行く先はリンゴ園である!20枚の名札を用意し、19人の生徒がバスに乗り、18マイル先のリンゴ園に向かう。Joan Holubの想像力豊かな数の絵本であり、グループ分けや簡単な足し算も出てくる。Joan Smithの水彩画はリンゴをかじったように新鮮である。リンゴに関する豆知識が、表紙と裏表紙の内側にちりばめてある。>>>同じ作者とイラストレーターによるPumpkin Countdownを2012年に出版。