First Grade, Here I Come!

By Tony Johnston, Illustrated by David Walker (Scholastic Press – 2015)

A boy, who will be a brand-new first-grader, imagines his new school life, and he thinks he need five friends to play good games, to decorate their class room, to make a music band etc. But he recognizes that he would rather be good friends with everyone. This book will be perfect for brand-new first-graders as they take their next big step back to school.

ピカピカの小学校一年生になる少年が、新しい学校生活に思いを巡らす。彼は楽しいゲームをするにも、クラスルームを飾るにも、楽団を創るにも、その他のことをするにも、友達は五人が必要だと考えた。しかし、誰とも仲良しになることの方が大切だと気がついた。この絵本は、新しい学校生活への大きな一歩を踏み出す一年生達には、うってつけである。

Honeysmoke : A story of finding your color

By Monique Fields, Illustrated by Yesenia Moises ( IMPRINT – 2019 )

A young girl, Simone, looks around her world to find her place in it. Her skin color is not like anyone else’s; so what is her color? Finally she chooses her own and creates a new word: Honeysmoke. For multiracial children, and for all children, this story offers a universal message that empowers young people to create their won identity.

Simone少女は、自分の属する場所を見渡した。彼女の肌色は、周囲の人達とは異なっていた。「一体私は何色なの?」、そしてとうとう彼女自身の為に新しい色の名前を作り出した。それはHoneysmoke!この物語は、異人種の両親の子どもも、すべての子ども達も、自分のアイデンティティーを見つけ出す逞しさがあることを教えてくれる。

Out on a Limb

By Jordan Morris, Illustrated by Charlie Mylie (Abrams – 2022 )

Lulu’s leg is broken, but she is OK. Bonnie Bear has a matching yellow cast. She finds new ways to do ordinary things-like taking a bath or wearing her favorite pants. Lulu grows bored and grumpy by day. Eventually, it’s time to get the cast off, but Lulu’s not ready. Without her cast, she is worry to move her leg. A visit from Grandpa, a well-timed letter, and the power of healing all help get Lulu back on her feet.

Luluは足の骨を折ってしまった。大したことはないけどギブスをはめられた。熊のぬいぐるみも同じ黄色のギブスをした。Luluは、お風呂に入る時やお気に入りのパンツをはくのに、いつもと異なる新しい方法を見つけた。でも日が経つうちに、彼女は退屈で気難しくなった。やがてギブスを外すときが来たが、彼女はギブスのない足を動かすのが心配であった。お祖父さんの訪問や、丁度良いタイミングで届いた手紙、そして回復力等すべてのお陰で、彼女の足は動くようになった。

Between Us and Abuela : A Family Story from the Border

By Mitali Perkins, Illustrated by Sara Palacios ( Farrar Straus Giroux – 2019 )

It’s nearly Christmas in California. Maria and her little brother, Juan, and their mother are headed south with Mexico to visit their grandmother. They are exited to celebrate Las Posadas with her. Maria has knitted Abuela (grandmother in Spanish) a scarf, and Juan has drawn her a picture. But when Juan’s gift won’t fit through the tiny spaces in the border fence – barely big enough for little fingers to touch – Maria launches a cunning plan, using creativity and hope. >>> Author’s note is on the last pages with telling about La Posadas and the background story of this book.

カリフォルニアにクリスマスが近ずいた。Mariaと弟のJuanは、母親と共に、メキシコとの国境で祖母に会うために南へ向かった。祖母と共にLas Posadasを祝うのを楽しみにしていた。MariaはAbuela(スペイン語で祖母)にマフラーを編んだ。弟は祖母にプレゼントする絵を描いた。しかし、国境のフェンスは小さな指がかろうじて入るほどしか隙間がなく、Juanのプレゼントは渡せれなかった。そこで、Mariaは想像力に望みを託した、素晴らしい思い付きを得た。>>>巻末 にLas Posadasの説明と、この話のバックグランドが記されている。

Songs for Our Sons

By Ruth Doyle, Illustrated by Ashling Lindsay (Eerdmans Books – 2020)

Get ready for life! Planet earth has been waiting for the gift that is you and the hope you’re creating. With beautiful poem text and heartwarming illustration, this book tells about celebration of newly born baby boys to them and the universe.

さあ人生を歩みだそう!この惑星地球は、あなたとあなたが作り出す希望がもたらしてくれる贈り物を、長い間待っていたのだ!美しい詩のテキストと心暖まるイラストで、この絵本は新しく生を受けた男の子達への祝福を、彼等と宇宙に向かって告げている。

Mama and Me

By Arthur Dorros, Illustrated by Rudy Gutierrez (Rayo, Harper Collins Publishers – 2011)

For a bilingual girl and her mama a loving bound is about being together….and independent. Arthur Dorros’s skillful and subtle blend of English and Spanish narrative, illustrated bold, striking paintings by Rudy Gutierrez offers readers a poignant reminder that every day with Mama is sweet ! >>> Arthur Dorros’s books in SHI Collection is here.

バイリンガルな少女と母親との愛の絆は、一緒に過ごすこと、、、しかも自立心を保ちながら。作者Arthur Dorrosは、英語の中にスペイン語をちりばめた独特のテクニックで、Arthur Dorrosの色鮮やかな生き生きとしたイラストと共に、毎日母親と過ごすことがどれほど素晴らしいことかを読者に思い起こしてくれる。>>>SHIのコレクションにある同じ作者の作品

Papa and Me

By Arthur Dorros, Illustrated by Rudy Gutierrez (Rayo, Harper Collins Publishers – 2008)

A bilingual boy and his father, who only speaks Spanish, spend a day together. The young boy and his father may speak both Spanish, and understand English, but most important language they speak is the language of love. Arthur Dorros portrays the close bond between father and son, with lush paintings by Rudy Gutierrez. >>> Arthur Dorros’s books in SHI Collection is here.

バイリンガルの少年とスペイン語しか話さない父親が、一日を一緒に過ごす。その少年と父親は互いにスペイン語が話せたであろうし英語も互いに理解できたかもしれないが、二人にとって最も大事な言葉は愛情そのものであった。Rudy Gutierrez による力強い生き生きとしたイラストと共に、作者のArthur Dorrosは、父と息子の絆を見事に描いている。>>>SHIコレクションにある同じ作者による作品

An Ordinary Day

By Elana K. Arnold, Illustrated by Elizabet Vukovic (Beach Lane Books – 2020 )

Extraordinary things happen on ordinary days in ordinary neighborhoods everywhere….Two houses sat next to each other, and almost at the same time, two visitors arrived at the two hoses for each ; one came to help a family to say goodbye to an old pet dog, and the other one came to help a family to say hello to a newly born baby. With calm tone illustration, this book tells quietly but deeply about the circle of life and the bonds of family,

特別な出来事は、普通の日にどこにでも起こる、、、、2件の家が隣同士であった。そしてほぼ同じ時刻に2人の訪問者がそれぞれの家にやって来た。一人はその家の家族が、老いたペットの犬に別れを告げるのを手伝いに来た。そしてもう一人は隣の家の家族の赤ちゃんの出産を手伝いに来た。落ち着いたトーンのイラストと共に、この絵本は生命のサイクルと家族の絆について、静かに深く語っている。

Salsa Lullaby

By Jen Arena, Illustrated by Erika Meza (Alfred A. Knopf – 2019 )

Mami starts a salsa song. Papi keeps the beat. Baby loves this lullaby, moves those dancing feet. When nighttime falls, it’s time for baby to go to sleep. In this household, that means it’s also time for Mami, Papi, and baby to dance, sing, jump, and more, all the way to bedtime. This bouncy bilingual (English/Spanish) story will be a bedtime favorite no matter what language you say “Good Night” in!

母親がサルサを歌い始める。父親がリズムを足でとる。赤ちゃんは、ダンスの足取りのように動かずにはいられなくなるこの子守唄が大好きであった。夜が来ると、赤ちゃんは寝る時間となる。この家では、その時間は、母親も父親も赤ちゃんも、歌って踊って飛び跳ねて、眠くなるまで動き回る時間でもある。英語とスペイン語が飛び跳ねているこの絵本は、何語で”おやすみ”を言おうとも、寝る前のお気に入るになるに違いない。

Thank you for Me!

By Marion Dane Bauer, Illustrated by Kristina Stephenson (Simon & Schuster Books for Young Readers – 2010)

From your nose to your toes, you are special!! Rhythmic text, with gentle expression of children, enumerates what various body parts can do, including hands to clap and a body to twirl, then express thanks for each of those parts – and the whole.

鼻から足の先まで、あなたは特別なのだ!!リズミカルな言葉と子ども達の優しい表情で、体の各部分がどのようなことが出来るか列挙している。例えば手は叩けれるし、体は回ることが出来る。そしてそれぞれの体の役割に感謝しながら、結局は自分の体そのものを感謝したくなる。