A. Lincoln And Me

By Louise Borden, Illustrated by Ted Lewin ( Scholastic Press – 1999 )

Skinny as a beanpole and tall for his age, an awkward boy learns about Abraham Lincoln was called “gorilla,” “baboon,” and “backwoods hick.” Yet, along with big feet and big hands, Lincoln had a big heart and the great ability to keep a nation together. And what the boy learns as he studies Lincoln opens his mind to great possibility for his own future. A poetic story by Louise Borden and magnificent paintings by Ted Lewin introduce young children to a wonderful boy and a great president.>>>Louise Borden’s books and Ted Lewin’s books in SHI collection.

豆の支柱のようにひょろ長く、年齢よりも背が高い、自信のない少年が、アブラハム・リンカーンが、ゴジラとか、ヒヒとか、田舎者とか呼ばれていたことを知った。それでもリンカーンは、大きな手と大きな足だけでなく、大きな心の持ち主であり国民を一つにまとめる能力の持ち主でもあった。そして、その少年がリンカーンについて勉強すればするほど、自分の将来への大きな可能性を持てるようになった。詩的情緒豊かなLouise Bordenの話とTed Lewinの素晴らしい絵によって、一人の素敵な少年と偉大な大統領を紹介している絵本。>>>SHIのコレクションにあるLouise Bordenの作品Ted Lewinの作品

Imani’s Moon

By JaNay Brown-Wood, Illustrated by Hazel Mitchell (Charlesbridge – 2014)

Imani wants to touch the moon. She is eager to achieve something great, just like the heroes do in the stories Mama tells her each night. But how can a tiny girl soar so high in she sky? Day after day the other children tease and taunt her, yet Imani stays determined to reach the moon. Will little Imani ever find a way to make her BIG dream come true? With the beautiful illustrations and amazing story of backgrounding the Maasai tribe, this book encourages everyone to keep own dream.

Imaniは、月を触りたかった。母親が毎晩話してくれる物語の中のヒーローのように、彼女は何か特別なことを成し遂げたかった。しかし、背の低い彼女が高い空に届くはずもない。毎日のように、周囲の子ども達は、彼女をからかい嘲笑したが、Imaniは月に自分の手が届くことを諦めなかった。小さな女の子は、自分の大きな夢をかなえる為に、あらゆる手段を試してみた。そして、、、?心温まる見事なイラストとマサイ族のカルチャーを背景とした素晴らしい母娘の話は、読者の誰もが自分の夢を諦めないように励ましてくれる。

Ruby and Lonely

By Patrice Karst, Illustrated by Kayla Harren ( Two Lions – 2023 )

Ruby’s got a problem. At school and at home, everyone is so busy all the time, and no one seems to notice her at all. Ruby finds herself kind of …lonely. But one day, while walking home alone after school, she decides to look at her problem from a new angle. She even gives it a name – Lonely – a seemingly small but significant decision that transforms her problem, and entire life, in the most surprising and extraordinary way. Join Ruby as she discovers her inner best friend in this relatable and heartwarming story. >>>Patrice Karst’s books and Kayla Harren’s books in SHI collection.

Rubyには問題があった。学校でも家でも、誰もがいつでも忙しくしていて、誰も彼女の存在に全く気ずいていないようであった。Rubyは、一人ぽっちであった。しかしある日、放課後家に一人で歩いて帰る時に、彼女の問題を今までとは異なる角度から見る決心をした。彼女は問題に「孤独」という名前さえつけた。それは実に些細なことではあったが、意義深い決心であった。なぜなら彼女の問題が姿を変えただけでなく、彼女の日常さえも変えてしまったのだ。この共感できる心温まる話の中でRubyが内なる友人を見つけたように、読者も引き付けられる絵本である。>>>SHIコレクションにある Patrice Karstの作品Kayla Harrenの作品

You Are a Beautiful Beginning

By Nina Laden, Illustrated by Kelsey Garrity-Riley ( Roaring Book Press – 2020 )

Inspired by this timeless adage, this book combines lyrical storytelling and lovely aart, blossoming into a celebration of self-love, friendship, and community. With delicate, evocative language and hidden depth, this meditative and magical picture book encourages readers old and young to discover their own endless potential.

いつの世も変わらない格言を再認識させてくれるこの絵本は、自分を大切に思う気持ちや友情とコミュニティーを慕うことへの祝福を、感情豊かな語りと親しみのあるイラストと共に調和して表現している。意味深い言葉を噛みしめながら、瞑想的で魅力的なこの絵本は、大人にも子どもにも、自分のもっている無限なる可能性を追求するように励ましてくれる。

Love, Violet

By Charlotte Sullivan Wild, Illustrated by Charlene Chua ( Farrar Straus Giroux – 2021 )

Of all the kids in her class, only one makes Violet’s heart skip : Mira, the girl with che cheery laugh who races like the wind. If only they could adventure together! But every time Violet tries to tell Mira how she feels, Violet goes shy. As Valentine’s Day approaches, Violet is determined to show Mira just how special she is.

彼女のクラスの中で唯一Violetの心をときめかさせるのは、Miraであった。彼女は風のように素早く動く元気な笑い声の持ち主であった。彼女と一緒に冒険が出来たら!しかし、Miraに彼女の気持ちを伝えようとする度にVioletは恥ずかしくなる。バレンタインデーがやって来るので、この時こそMiraに彼女が特別な人であることを伝えようと、Violetは勇気を奮い立たせた。

Best Friends in the Universe by Hector and Louie

By Stephanie Watson, Illustrated by LeUyen Pham ( Scholastic Press – 2018 )

Meet Hector and Louie. They do everthing together. They make funny drinks, they tell knock-knock jokes, and they even have pet fish both named Python. Louie and Hector are best friends in the universe, and they want to create a book to celebrate their friendship. But when a secret is revealed by Hector and a secret is revealed by Louis, it’s time for a Do-Over! Join in the hilarity as these two best friends discover the true meaning of friendship!

HectorとLouie。二人は何でも一緒にする。変な飲み物を作ったり、ジョークを言いあったり、そして二人とも自分のペットの魚にパイソンと名前を付けている。HectorとLouieは宇宙の中で最も良き友達であり、二人の友情を祝福して本を作る計画をたてた。ところが、HectorとLouieのそれぞれの秘密が、それぞれの相手から暴露されると、本の制作はやり直しとなった。二人が真の友情に気ずくまで、面白おかしさにたっぷりと浸される。

Night Sounds, Morning Colors

By Rosemary Wells, Illustrated by David McPhail ( Dial Books for Young Readers – 1994 )

Look. Listen. Open all your senses. Spring violets grow bright in the deep black earth. Summer rain patters on the leaves. Autumn brings the tastes and smells of a bakery shop. Winter’s icy wind is soferned by the warmth of an afternoon nap. Night Sounds, Morning Colors moves through the seasons of a child’s year to vividly evoke each of the senses. >>>Rosemary Wells’s books in SHI collection.

観て。聞いて。総ての感覚を全開にして。春にはスミレの花が、黒い大地の上で明るく輝く。夏には雨が、木の葉を優しく打ち付ける。秋にはパン屋さんに、秋の味と香りを運んでくる。冷たい冬の風は、午後の昼寝のぬくもりが心地良くしてくれる。「夜の音に朝の色」のこの絵本は、子どもの一年の季節を、子どものそれぞれの感覚を目覚めさせながら語ってくれる。>>>SHIコレクションにあるRosemary Wellsの作品

Everything Changes : And That’s OK

By Carol Dodd, Illustrated by Erin Huybrechts ( Bala Kids – 2022 )

Change is all around our planet, but it can be overwhelming! Explore how change exists everywhere in a way that is natural, and even beautiful, in this vibrantly illustrated book with fun rhyming couplets. ”Everything changes, day to night/night to day. Everything changes, and that’s all right.”>>> From the Author’s Note : ” The Buddha taught that wanting things to stay the same causes us a lot of pain, but accepting that nothing lasts forever can lead to peace and happiness.”

私達の惑星は多くの変化に囲まれていて、打ちのめされるほどである。ごく自然にあらゆるところにある変化を探してみよう。美しさでも変わってしまう。繰り返されるリズミカルな言葉を伴った生き生きとしたこの絵本のイラストレーションが、様々な変化を再現している。「総ては変わる、朝から夜へ・夜から朝へ。総てが変わる、それでいいのだ。」>>>作者の挨拶からの抜粋:「 仏陀は教えた。総てが変わらないことを望むのは心の痛みを伴う。しかし、永遠に変化しないものなど存在しないことを受け入れると、安泰感と幸福感へと導いてくれる。」

You Know How to Love

By Rachel Tawil Kenyon, Illustrated by Mary Lundquist ( Philomel Books – 2020 )

“It starts at the start when you can’t even talk. Before you stand up and learn how to walk. Deep in your heart, the knowing is there. You know how to love and you know how to care.” With warm, gentle rhymes and soft, sweet art, this book celebrates the power we all have to love, and to use that love to make the whole world a better, kinder, more welcoming place.>>>Mary Lundquist’s books in SHI collection.

「あなたがまだ話すことも出来ないうちから始まっていた。立ち上がリ歩きだす前から始まっていた。あなたの心の奥深くで、知っていた。どのように愛し、思いやるか知っていた。」暖かい優しいリズムカルな言葉と、柔らかい素敵なイラストで、この絵本は私達総てが持っている愛の力を祝福し、その愛で世界をより良い、より親切で誰をも歓迎する世界にできると勇気ずけてくれる。>>>SHI コレクションにあるMary Lundquist の作品

The Lemonade Hurricane : A Story of Mindfulness and Meditation

By Licia Morelli, Illustrated by Jannifer E. Morris ( Tilbury House Publishers – 2015 )

Henry’s life can get busy – sometimes too busy. When that happens, Henry gets wild, tearing around the house like a lemonade hurricane. But his big sister Emma has an idea. Maybe just maybe, she can help her brother learn to be still. This charming story tells how mindfulness and meditation can help calm even a hurricane like Henry. >>> On the last pages, simple instructions show how you can do it, too!

Henryの生活は騒々しい、時々は度を越してしまう。そうなると、彼は乱暴になり家の中の物をめちゃくちゃにしてしまう。まるでレモネードをかき回した時の、レモネード・ハリケーンのようだ。しかし、彼の姉のEmmaには、ある考えがあった。多分、あくまでも多分であるが、弟が落ち着く方法を手伝えるかも知れない。この絵本は、マインドフルネス(今起こっていることに集中する訓練)と瞑想がHenryのようなハリケーンの状態の人にでも役立つことを示している。>>>巻末に、読者自身も参加できる簡単な指導書がある。