Latkes, Latkes Good to Eat : A Chanukah Story

By Naomi Howland ( Clarion Books – 1999 )

Sadie and her four mischievous younger brothers live in a small drafty cottage on the outskirts of tiny Russian village. They are very poor and always hungry. But on the first wintry night of Chanukah, Sadie is given a frying pan that cooks up sizzling-hot, delicious potato pancakes on command. When Sadie goes out on the last day of Chanukah, she warns her brothers not to touch the magic pan. But the minute she sets foot outside the door…>>> Sadie’s Latkes (recipe) and a Note about Chanukah are found on the last page.

Sadie とやんちゃな四人の弟は、ロシアの小さな村はずれにある隙間風の入る小屋に住んでいた。彼らは貧しく、いつも空腹であった。ところがハヌカ最初の寒い日に、Sadieは特別なフライパンをもらった。それは熱々の美味しいポテトのパンケーキが、命令をすると勝手に作られるフライパンであった。ハヌカの最後の日に、外出をするので、弟達にフライパンを触らないように忠告をしたが、彼女が家から出るや否や、、、>>>伝統的なポテト・パンケーキの作り方と、ハヌカの説明が巻末にある。

Kiyoshi’s Walk

By Mark Karlins, Illustrated by Nicole Wong ( Lee & Low Books inc. – 2021 )

As Kiyosh watches his grandfather compose a delicate haiku, he wonders out loud: “Where do poems come from?” His grandfather answers by taking him on a walk through their city, where what they see, hear, imagine, and feel inspires new poems at every step. As Kiyoshi discovers that poetry emerges from the way the world outside us meets the world within each of us, he also finds the courage to write a hakiku of his own. >>> On the last page, the author explains about Haiku (originated in Japan)in English.

Kiyoshは祖父が俳句を作るのを見ていて、「どうやってその詩が出来たの?」と尋ねた。祖父は、街の散策に彼を連れ出し、見る物や聞こえてくるものや想像力や感性にインスパイヤーされて、歩く度に新しい詩が生まれてくることを教えてくれた。Kiyoshiは外の世界と自分の内なる世界の融合から詩が生まれることを理解し、自分自身で俳句つくりに挑んだ。>>>巻末に、著者による英語の俳句の解説あり。

The Karate kid

(Based on the film) Written by Robert Mark Kamen, Directed by John G. Avildsen, Illustrated by Kim Smith ( Quirk Books – 2019 )

When young Daniel is targeted by bullies, his neighbor Mr. Miyagi agrees to train him for the upcoming karate tournament. But why is Mr. Miyagi making Daniel wax his cars, sand his deck, and paint his house? Actually Daniel had been learning karate moves-and getting stronger everyday! >>>The classic movie is now an illustrated storybook for the whole family.

Danielがいじめの対象にされた時、Danielは隣人のMiyagi先生に空手の訓練を指導してもうことを頼んだ。空手のトーナメント出場をDanielは目指していた。しかし、Miyagi先生の車にワックスをかけたり、先生の家のデッキを磨いたり、先生の家をペンキしたりで、Danielは空手の練習をしてもらえなかった。ところが、実際はそれらの仕事は空手の動きを学ぶためであり、Danielは日ごとに上達した。>>>人気のあったクラシック映画が、家族全員で楽しむ為に絵本として再登場。

Our Celebración!

By Susan Middleton Elya, Illustrated by Ana Aranda (Lee & Low Books Inc. – 2018 )

A Latino family joins the crowd headed for a summer celebración! They enjoy their town’s parade which include street foods, bands, a corn princess and fireworks. A brief rain shower does not dampen the Latino family’s excitement. >>> Spanish words, interspersed in the rhyming text, are defined in a glossary on the last page.

あるラテン系家族が夏のフェスティバルに他の家族達と一緒に向かった。みんなでパレードを楽しみ、ストリート・フード、楽団、トウモロコシ女王、そして花火も楽しんだ。途中で雨がパラついたけれど、みんなの祭り気分は変わらなかった。>>>リズミカルなテキストの間にスペイン語の単語が散在しているが、巻末に発音と英語訳がついた用語集がある。

One Sun and Countless Stars : A Muslim Book of Numbers

By Hena Khan, Illustrated by Mehrdokht Amimi ( Chronicle Books LLC – 2022 )

From one sun to countless stars, the gentle introduction to number also celebrates the many diverse traditions of the Muslim world, encouraging readers young and old to reflect upon – and count – their many blessings. >>> Glossary and Author’s note found on the last pages. Hena Khan’s books in SHI collection.

一つの太陽から数えきれない星まで、優しく語り掛けるように数を数えながら、イスラム圏の多彩なる伝統文化を紹介している。年齢を超えて誰にでも、日常生活に見出される祝福を思い起こさせてくれる。>>>巻末に、使用されているアラビア語の説明と、作者の言葉が記載されている。SHIコレクションにあるHana Khanの作品

Archie Celebrates Diwali

By Mitali Banerjee Ruths, Illustrated by Parwinder Singh (Charlesbridge – 2021)

Diwali, the festival of lights, comes from India and Archie’s favorite holiday. She loves that is reminds people about light and hope and strength. This year, Archie has invited some school friends to her family’s party. She’s excited and worried at the same time – what if they don’t like the holiday as much as she does? >>> More information about Diwali found on the last pages.

Diwaliはインド発祥の光の祭りで、Archieにとってこの行事は明かりと希望と強さを思い起こしてくれるので、彼女が一番好きな祝日である。今年彼女は学校の友達を家族が行う祝いのパーティーに招待した。しかし、彼女は楽しみと同時に心配も抱いていた、、、もし皆がAchieが楽しめれるほどこの祝いを楽しめれなかったら、、、どうしよう、、、との心配であった。>>>巻末にDewaliに関しての情報が記載されている。

May Your Life be Deliciousa

By Michael Genhart, Illustrated by Loris Lora ( Cameron Kids – 2021 )

Every year on Christmas Eve, Rosie and her mama, tia, sister and cousins all gather together in Abuela’s kitchen to make tamales and to tell stories. Immersed in Abuela’s rich memories, Rosie learns not only how to make a delicious tamale, but how to make a delicious LIFE, one filled with love, lots of spice, and family. >>>Author’s and Illustrator’s notes are on the last pages.

毎年クリスマスイブには、Rosieと母親と叔母と姉妹といとこ達と一緒に祖母のキッチンに集まって、tamales を作りながら話に花を咲かせる。祖母との様々な思い出の中でも、特別な思い出は、美味しいtamales の作り方を覚えただけでなく、愛情と一杯のスバイスと家族から成る素敵な人生の作り方も教わったことである。>>>巻末に作者とイラストレーターからの言葉がある。

A Sweet Meeting on Mimouna Night

By Allison Ofanansky, Illustrated by Rotem Teplow (Groundwood Books – 2020. First published in Hebrew in 2019 as “A sack of Luck: A Mimouna Night Tale” by Kinneret, Zmora, Dvir- publishing House Ltd.)
It’s Mimouna-the Moroccan Jewish holiday that marks the end of Passover, when blessing are given for a year of prosperity and good luck. Miriam wants to help her mother make the sweet moufletot they always eat at their Mimouna party, but they don’t have any flour! (Note: Flour is not allowed in the house during Passover) Luckily, Miriam’s mother knows just what to do, and they set off to visit their Muslim neighbors. It’s a wonderful story featured a Jewish traditional festivity in Morocco, as well as friendship between a Jewish girl and a Muslim girl. >>> On the last pages, included an explanation of Mimouna and a recipe for making moufletot, the paper-thin pancakes enjoyed at Mimouna.

過ぎ越しの祭り(Passover)で小麦粉断ちの辛い一週間を乗り越えた日の日没直後、モロッコ系ユダヤ人は伝統ミムナ(Mimouna)で、新しく始まる一年の発展と幸福を祝う。Miriamは、ミムナのパーティーでいつも食べる大好きな甘いムフレッタを作る母の手伝いをしたかったが、家には小麦粉がなかった。しかし母親はどこで小麦粉を手に入れるか知っていて、イスラム系住民達の地域へ出かけて行った。この絵本は、モロッコから世界に広まったミムナの祝いを語ると共に、ユダヤ系少女とイスラム系少女の素敵な友情物語でもある。>>>巻末のページには、ミムナの解説とムレッタの作り方が記載されている。

Ready to Dream

Donna Jo Napoli and Elena Furrow, Illustrated by Bronwyn Bancroft
(Bloomsbury U.S.A. Children’s Books – 2009)
Ally is so excited to be going on a trip with her mother, and she can’t wait to draw all the new animals that she’ll see. When she arrives in Australia she meets Pauline, and Aboriginal artist. The two soon become friends, and Pauline shows Ally that art isn’t always made with paint and paper-and that sometimes mistakes lead to the greatest discoveries.>>>Elena Furrow is Donna Jo’s daughter, and Bronwyn Bancroft is an Aboriginal artist and designer.

Allyは母親と共に旅行に行き、初めて見る動物達を描くのを楽しみにしていた。オーストラリアに到着すると、AllyはPaulineというアボリジニーの芸術家と知り合いになった。二人は直に親しくなり、そしてPaulineはAllyに絵の具と紙だけが芸術を現す方法ではないと教えてくれた。紙に描くことばかりに集中していると、時として大事な発見を見落とすことがあると、彼女は説明をしてくれた。>>>著者のlena Furrow は Donna Jo’s の娘であり, イラストレーターBronwyn Bancroft はアボリジニーの芸術家でありデザイナー。

Ice Cream Summer

By Peter Sis (Scholastic Press – 2015)

This is an answering letter to his grandpa from a boy who loves Ice Cream so much, and in his head everything is related with Ice Cream. In his letter he shows a lots of information about Ice Cream based on its history, its invention, and even math practice of Ice Cream.

この絵本は、祖父への少年からの手紙の返事であるが、この少年はアイスクリームが大好きで彼の頭の中では総てがアイスクリームと関連している。彼の手紙では、アイスクリームに関する情報が多数あり、例えばその起源とか、その発明工夫とか、またアイスクリームを使った算数の練習もある。