Stone Soup : An Old Tale Retold

By Marcia Brown,1918-2015 ( Atheneum Books for Young Readers – 1975 )

Three soldiers came marching down the road towards a French village. The peasants seeing them coming, suddenly became very busy, for soldiers are often hungry. So all the food was hidden under mattresses or in barns. There followed a battle of wits, with the soldiers equal to the occasion. Sone soup? Why, of course, they could make a wonderfu soup of stones…but, of course, one must add a carrot or two……some meat….so it went. Marcia Brown has made of this old tale a very gay book, a carnival of activity, of dancing and laughter. >>>Originally published by Charles Scribner & sons in 1945, renewed 1975 by Marcia Brown. >>>> Check ‘Stone Soup’ in this URL, you will find different cultural versions in SHI collection.

三人の兵士がフランスの村に通じる道を歩いてきた。農民たちは彼等が村に近ずくのを見ると、兵士はたいてい空腹なので、突然忙しく動き出した。総ての食料品はマットレスの下や小屋に隠された。腹ペコだった兵士たちは、頭脳戦を展開した。石のスープである。実際に彼等は素晴らしい石のスープを作った、,、でも人参は必要であった、そして次に、、、肉もあれば良いし、、、と様々な具が農民たちから追加されていった。作者のMarcia Brown は、古い民話をダンスと笑いの溢れる楽しい本に書き直した。>>>原作は1945年にCharles Scribner & sons から出版された。>>>>当URLでStone Soupを検索すると、SHIコレクションにある異なるカルチャーのバージョンが見つかる。

Maple Syrup from the Sugarhouse

By Laurie Lazzaro Knowlton, Illustrated by Kathryn Mitter ( Albert Whitman & Company – 2017 )

As winter comes to an end and spring arrives, Kelsey looks forward to maple syrup season. She helps her daddy tap the sugar maple trees in the woods on their farm. After the buckets are filled with sap, Kelsey works with family and friends to collect the buckets and pour the sap into a holding tank. Then they’re off to the sugarhouse to boil the sap until it becomes syrup. When the first batch is bottled, it’s time to celebrate with a delicious breakfast – pancakes and maple syrup, of course! >>>”Marvelous Maple Syrup Facts” found on the last pages.

冬が終わり春がやって来ると、Kelseyはメイプルシロップの季節が待ち遠しかった。農場にある林の中で、シュガー・メイプルの木をコツコツと叩き、木に穴をあけてバケツを設置して父を手伝った。樹液がそれぞれのバケツに一杯になると、Kelseyは家族や友達と共同で、樹液をタンクに集めた。そして皆で作業小屋に移動し、樹液がシロップになるまで煮立たせた。最初のシロップが瓶に入ると、さあ美味しい朝食でお祝いだ!朝食はパンケーキと、もちろん出来たばかりのメイプルシロップ!>>>巻末に、メイプルシロップに関する情報がある。

Red, White and Boom!

By Lee Wardlaw, Illustrated by Huy Voun Lee (Henry Holt and Company – 2012 )

It’s the Fourth of July! Travel across the country for a city parade, a beach picnic, and fireworks in the park in this celebration of the many cultures and traditions that make America’s birthday Boom!>>>Huy Voun Lee’s books in SHI collection.

アメリカ合衆国の建国記念日だ!国中を巡ってみると、街でのパレードがあり、ビーチでのピクニックがあり、公園での花火がある。多様なる文化と多彩なる伝統を祝福するアメリカ合衆国の誕生日が最高潮に盛り上がる!>>>SHIコレクションにあるHuy Voun Leeの作品

Plátanos Go with Everything

By Lissette Norman, Illustrated by Sara Palacios ( Harper – 2023 )

Yesenia lives in New York with her brother, Kendry, and the parents who moved from Dominican Republic. She helps Mami cook in the kitchen, and Mami peels the Plátanos. Plátanos are Yesenia’s favorite food. They can be sweet and sugary, or salty and savory. And they’re a part of almost every meal her Dominican family makes. Stop by her apartment and find out why plátanos go with everything—especially love!

Yeseniaは兄Kendryと共に、ドミニカ共和国からやって来た両親と一緒にニューヨークに住んでいる。彼女が母親の料理を台所で手伝うと、母親はプラタノ(バナナと姿や味は似ているが、早熟な緑色のプラタノはジャガイモの味)の緑の皮をナイフで切り開いた。プラタノは彼女の大好物であり、甘く味付けたり、砂糖をまぶしたり、塩味をつけたり、そのまま食べたり出来る。とにかく、ドミニカ人家族が作る料理には、必ず何かしらにプラタノは使われている。彼女のアパートに寄って、どのように何にでも使われているか覗いてみよう、、、とりわけ愛情とは相性が良い!

Grandma’s Tipi : A Present-Day Lakota Story

By S. D. Nelson ( Abrams Books for Young Readers – 2023 )

Now that Clara is almost in third grade, she’s finally old enough to spend her first summer away from home visiting Grandma and her cousin Juniper on the Standing Rock Reservation. To welcome her visit, Uncle Louie brings an extra-special surprise in his pickup track: the family tipi that Grandma keeps, passed down for generations. The girls learn how to stack the poles and wrap the canvas covering around them, how to paint spirit pictures on its walls, and how the circle of the tipi reminds us all how to live in the great Circle of Life. During their summer days spent playing outside, doing beadwork together, telling stories, singing songs, and sleeping under the stars, the tipi brings the family closer together. >>> S. D. Nelson’s art style is inspired by 19 century Lakota ledger drawings. Author’s note is included.

Clara は3年生になるので、祖母や従弟のJuniperが住んでいるスタンデング・ロック居留地に滞在して、初めて家族と離れて一人で過ごす夏を体験できる歳となった。Louie叔父さんは、彼女を歓迎する為に、予期しなかった素晴らしいものをトラックの荷台に積んできた。それは祖母が保存していた、先代から数代も受け継がれてきたtipiであった。少女達は骨組みの立て方やその周りにキャンパズ地の布張りを教わり、壁にスピリチュアルな絵を描く方法を学び、tipiにぐるりと描かれた絵から偉大なる生命の循環を教えられた。夏の日々を外で遊び、ベットで寛ぎ、色々な話を楽しみ、歌を歌い、星空の下で眠り、遠く離れていた家族と一緒に過ごすことにより、家族の絆がより強まった。>>>S. D. Nelsonの絵のスタイルは、19世紀のLakota部族の伝統的な絵に影響を受けている。作者でもある彼の言葉も記載されている。

Powwow Day

By Traci Sorell, Illustrated by Madelyn Goodnight ( Charlesbridge – 2022 )

Because she has been ill and very weak, River cannot join in dancing at this year’s tribal Powwow, she can only watch from the sidelines as her sister and cousins dance the celebration – but as the drum beats she finds the faith to believe that she will recover and dance again. >>> Including information about Powwows.

Riverは暫く病気だったので体力がなく、今年の伝統的なPowwowの祭典で踊ることが出来ず、姉や従弟達が踊るのを観客席で観ている他なかった。しかし太鼓の高鳴りと共に、彼女が次回には再び踊ることが出来る信念が高まり、確信がもてた。>>>北米原住民部族たちの祭典Powwowsについての詳しい説明が記載されている。

Feast of Peas

By Kashmira Sheth, Illustrated by Jeffrey Ebbeler (Peachtree – 2020)

Jiva looks forward to a feast of peas from his garden, but when they are stolen at harvest time. Jiva sets out to catch the thief, and not a single precaution, he takes – a fence, a scarecrow – prevents the next theft. Finally Jiva catches the thief and it’s his friend Ruvji! Jiva gives Ruvji the punichment to cook a feast for him, so Ruvji are carefully prepared several dishes with peas. They are delicious! and Jiva celebrates a feast of peas with Ruvji together. >>>kashmira sheth’s books in SHI collection.

Jivaは畑のエンドウマメのご馳走を楽しみにしていたが、収穫時になると、エンドウマメを盗む人がいた。Jivaは犯人を捕まえようと、柵を巡らしたり、案山子を立てたりして、更なる被害を予防した。そしてついにJivaが犯人を捕らえると、それは友人であるRuvji であった。罰として、JivaはRuvjiにエンドウマメのご馳走を作る仕事を与えたので、Ruvjiは注意深くエンドウマメの料理をいくつかJivaの為に用意した。それらは最高に美味しかった!JivaはRuvjiと一緒に、エンドウマメのご馳走を満喫した。>>>SHI コレクションにあるkashmira shethの作品

The Wheels on The Tuk Tuk

By Kabir Sehgal & Surishtha Sehgal, Illustrated by Jess Golden (Beach Lane Books – 2016)

Take a ride through an Indian town as the tuk tuk wheels go round and round! This delightful spin on “The Wheels on the Bus” brings a lively and colorful twist to a classic nursery rhyme. >>> In the last pages, found Authors’ Note and Glossary to help to learn Indian people and culture through this book and song.

Tuk Tuk (トークトーク)に乗ると、タイヤが回りながらインドの町を 走り回ってくれる!長年愛唱されている幼児用の歌”The Wheels on the Bus” (バスのタイヤ)の楽しいリズムに、生き生きとした色彩豊かなインドの町の光景や人々の様子がオリジナルの歌詞から置き換えられている。>>>巻末に著者達(母と息子のチーム)からの説明や語彙の解説があり、この絵本のインド版の歌を歌いながらインドの人々や文化を知るのに役立つ。

Red Butterfly : How a Princess Smuggled the Secret of Silk out of China

By Deborah Noyes, Illustrated by Sophie Blackall ( Candlewick Press – 2007 )

Flowing silk flies along behind a young Chinese princess as she lovingly says good-bye to the many splendors of her father’s kingdom. “Good-bye, pink peach petals. Good-bye, yellow moon.” At summer end, she must venture to an oasis far away in the dry, hot desert, because she will marry the king of Khotan. But secretly, boldly, she’ll carry a little piece of her adored home with her. This book reimagines the legend of how a gently defiant princess revealed to the world a secret the Chinese had guarded for two thousand years – the secret of silk. >>> On the last pages, the author’s Note helps to understand the historical background of the story. >>>>Sophie Blackall’s books in SHI collection.

中国の幼い王女が、父親の王国にある数々の愛おしきものに別れを告げる時、彼女の背後で絹の布が揺れた。「さよなら、ピンク色の桃の花びらよ。さよなら、黄色い月よ。」夏の終わりには、ホータン国王と結婚する為に、未知なる世界である乾燥した熱い砂漠の遥か彼方のオアシスに、彼女は旅立たなくてはならない。しかし、内緒で、しかも大胆にも彼女の故郷のひとかけらを彼女と共に連れ出すつもりだ。この絵本は、中国が二千年にも及んで厳守してきた絹の秘密が、穏やかにも大胆な王女によって、世界に知られた伝説を再現している。>>>巻末に、作者によるこの絵本の歴史的背景の解説あり。>>>>SHIコレクションにあるSophie Blackallの作品。

The Firekeeper’s Son : A Tale rooted in Korean History about Family, Beauty, and Peace.

By Linda Sue Park, Illustrated by Julie Downing (HarperCollins Publishers – 2004)

In early-19th-century Korea, after Sang-hee’s father injures his ankle, Sang-hee attempts to take over the task of lighting the evening fire, which signals to the palace that all is well. If the king does not see a fire, that means touble, and he will send out his army. Sang-hee knows how important it is for the fire to be lit, but he wishes that he could see soldiers…just once.>>>Including historical notes. >>> Linda Sue Park’s books in SHI collection.

19世紀初めの韓国、Sang-heeの父親が足首を痛めて動けなくなった後、夜の明かりを灯す使命をSang-heeが果たさなければならなくなった。夜の明かりは総てが順調であることを宮殿に伝える手段である。もしも王が明かりを見なければ、何か問題が起きたことを意味し、王は彼の軍隊を送ってくるのだ。Sang-heeは自分の役割の重要性を理解していたが、たった一度で良いから、本物の軍人を見たい願望もあった。>>>歴史的情報も掲載されている。>>>SHIコレクションにあるLinda Sue Parkの作品