All of Us

By Kathryn Erskine, Illustrated by Alexandra Boiger (Philomel- 2021)

Friends can help us understand the world and ourselves, opening our eyes to unique cultures and ideas. In a story that travels the globe, it’s easy to see how the world is a community made up of people who are more similar than we are different. With stunning, lush art to accompany the lyrical text, this book celebrates how honoring everyone’s talent creates a world that’s richer for all of us.

友達は、この世界や自分達自身を理解するために、異なるカルチャーや考え方に目を開かせてくれる。私たちの地球を旅する話の中で、この地球上は一つのコミュニティーであることに気ずくし、異なる人々でも多くの共通点があることを理解できる。生き生きとした素晴らしいイラストと詩のように流れるテキストで、この絵本は、総ての人の存在と才能が私達の地球をより価値ある惑星にしてくれていることを祝福している。

Step by Step

By Alice B. McGinty, Illustrated by Diane Goode (Simon & Schuster Books for Young Readers – 2021)

On the morning he is to start school, a nervous little boy is reassured by his father’s advice to handle problems step by step. How to make a new friend, how to learn to read and write ,,, Life is full of adventures, and the boy learns to do it all, just take it step by step.

学校へ始めて行く朝、その少年は大変に心配であった。父親から何事も一つずつ進んでゆけば大丈夫とアドバイスを受け安心する。新しい友達にどうやったらなれるの、読み書きはどうやったら覚えるの、、、人生は冒険の連続だけれど、その少年は時間をかけて一つずつ向かったら良いことを学んだ。

Ice Cream Summer

By Peter Sis (Scholastic Press – 2015)

This is an answering letter to his grandpa from a boy who loves Ice Cream so much, and in his head everything is related with Ice Cream. In his letter he shows a lots of information about Ice Cream based on its history, its invention, and even math practice of Ice Cream.

この絵本は、祖父への少年からの手紙の返事であるが、この少年はアイスクリームが大好きで彼の頭の中では総てがアイスクリームと関連している。彼の手紙では、アイスクリームに関する情報が多数あり、例えばその起源とか、その発明工夫とか、またアイスクリームを使った算数の練習もある。

111 Trees : How one village celebrates the birth of every girl

By Rina Singh, Illustrated by Marianne Ferrer (Kids Can Press Ltd. -2020)

Based on a true story in the village of India. As a boy, Sundar witnesses the struggle of those around him-How irresponsible mining ravages the countryside. How ancient customs and beliefs caused gender inequality and discrimination. How the birth of a boy is celebrated with music and food-while the birth of a girl is met with silence. He dreams of a better life for all-both boys and girls. Years pass, Sundar grows up, marries and becomes a father. When he is elected the village head, he proposed a plan that will both heal the land and honor girls. But the villagers reject his ideas. Still, Sundar is determined. He knows what he has to do, after his older daughter dies. >>> Why 111 trees? With a stick, Sundar made three lines on the ground for the three things that came to his mind: Daughter, Water, Trees. The detail info. is at the end.

実話に基ずいた、インドのある村で女の子が生まれる度に111本の植林が普及した話。少年のSundarは、彼の周辺で繰り広げられる葛藤を見て育った。例えば、どうして鉱山の無責任な発掘が土地を荒らしているのだろう。どうして昔ながらの習慣と信念が、ジェンダーの不平等と差別を起こさせるのだろう。どうして男の赤ちゃんが生まれると音楽と食べ物で祝い、一方女の赤ちゃんが生まれると静かなのだろう。大人になったSundaraは、結婚し父親となった。そして村長に選ばれた彼は、植林をすることによって大地をいたわると同時に女性達が誇りを抱く案を提案した。村人達は彼の考えを拒否したが、Sundarは諦めなかった。長女を亡くした後、彼は何をするべきか解っていた。>>>なぜ111本の木なのか?棒でSundarは大地に3本の線を引いた。それらは娘、水、木を意味していた。詳細の情報が巻末にあり。

Nana Akua goes to school

By Tricia Elam Walker, Illustrated by April Harrison (Schwartz & Wada books – 2020)

Next Monday is Grandparents Day at school, and Zura is bringing her favorite person in the whole universe – Nana Akua. But what will her classmates think about the African traditional tribal marks on Nana’s face? Will they be frightened? What if they’re means to Nana? Luckily, Nana Akua knows just what to do. This moving picture book is a simple reminder that what makes us different is also what makes us special.>>>Glossary is in the las page, and “Adinkra Symbols of Akan people of Ghana and the Symbols meanings” found inside of the front and back cover.

次の月曜日は学校で祖父母の日となり、Zuraは全宇宙で一番大好きなNana Akuaを学校へ連れてゆくつもりだ。しかし、彼女の顔に彫られたアフリカの部族伝統のマークを、クラスメイト達がどう思うか心配であった。怖がるのか、又は祖母を嫌うのか、、、。幸いNana Akua は、対応の仕方を心得ていた。この感動的な話の絵本は、人々の異質性は人々の特徴そのものだ(十人十色)との大事なことを思い起こさせてくれる。>>>言葉の説明は巻末にあり。表と裏表紙の内側に、ガーナのAkan人達によるAdrinkra Symbols and their meaningsが紹介され

Ojiichan’s Gift

By Chieri Uegaki, Illustrated by Genevieve Simms (Kids Can Press – 2019)

When Mayumi was born, her grandfather built her a garden in his backyard. But not just any garden – a garden make of stones. And every summer during her visits to Japan, Mayumi and her grandfather work in the garden together. But one summer, everything changes. Ojiichan on wheelchair cannot live alone in his house, and he must leave their garden behind. Mayumi gets an idea of creating their garden in a lunch box and she presents it to Ojiichan. >>>Explanation of Japanese words in the story found in the last. 

Mayumiが生まれた時、お祖父さんは自分の家の裏庭に彼女の為の庭を作った。それは普通の庭ではなく、石の庭だった。毎夏日本にお祖父さんを訪れる度に、Mayumiはお祖父さんと一緒に庭つくりに励んだ。ところが、ある夏、総てが変わってしまった。車いすに乗ったお祖父さんは、もう一人で家に住むことが出来ず、二人で作った石庭とも別れなくてはならない。Mayumiha は、お弁当箱の中に二人の石庭を作って、お祖父さんにプレゼントすることを思いついた。>>>巻末に、絵本で使われた日本語の説明あり。

Keeping the city going

By Brian Floca ( Atheneum Books for Young Readers – 2021 )

This is a story of when the city shut down/almost shut down. Even when most people stayed in there were still some people outside: keeping our mail delivered, keeping our internet working, keeping our grocery store stocked, and keeping us safe. This book captured the people who kept the city going during the early days of the COVID-19 pandemic, and what that meant to those of us who stayed home.

この絵本は、都市閉鎖・またはそれに近い状態が起こった時のことを語っている。多くの人達が屋内にとどまっている間も、外で働いている人達がいた。その人達は、私達に郵便を届ける為、インターネットの使用を可能にする為、食料品を店に補充する為、そして私達の安全を守るために働いていた。COVID19のパンデミック初期における日々の中で、外で働いていた人達を称えるとともに、家に滞在していた理由を再確認している。

The Storyteller

By Evan Turk ( Atheneum Books for Young Readers – 2016 )

Long ago, the fertile Kingdom of Morocco formed near the edge of the great, dry Sahara. It had fountains of cool, delicious water to quench the dangerous thirst of the desert, and storytellers to bring the people together. But as the Kingdom grew, all the people forgot the dangers of the desert, and they forgot about the storytellers, too. All but one young boy, who came to the Great Square for a drink and found something that quenched his thirst even better: wonderful stories by the last storyteller.

URL of “The Storyteller”.

昔むかし、広大で乾ききったサハラ砂漠の末端に、繁栄したモロッコ王国は位置していた。そしてそこには、砂漠の危険な乾きから人々の喉を潤す冷たく美味しい水が湧き出る噴水があり、”話の語り部”達が人々を引き付けていた。しかし、王国の繁栄がさらに増すにつれ、人々は砂漠の危険性も忘れてしまい、”話の語り部”の存在も忘れてしまった。たった一人、水を求めて町の中心の広場にやって来た少年を除いては。彼は、より素晴らしいものによって渇きを癒された。それは、最後の一人となった”語り部”によって語られた素晴らしい数々の話であった。

I am Love : A Book of Compassion

By Susan Verde, Illustrated by Peter H. Reynolds (Abrams Books for Young Readers – 2019)

Love means showing kindness, living with gratitude, and taking care of our minds and bodies. Letting our hearts lead the way can help move us closer to a better world. When a storm is brewing inside us and the skies grow dark, the transformative power of love lets the light back in.>>>Susan Verde‘s other books, and Peter H. Reynolds‘s other books in SHI Collection.

愛とは親切心であり、感謝と共に生きる事であり、精神と身体をいたわることである。私たちの気持ちを、より良い世界へ近ずける方法へ導こう。嵐が私たちの心を襲い、空が暗くなった時に、愛の変化を起こさせる力は明かりを灯してくれる。>>>SHIコレクションにある Susan Verde の作品と Peter H. Reynold の作品。

Ruby’s Sword

By Jacqueline Veissid, Illustrated by Paola Zakimi (Chronical Books – 2019)

Ruby is always racing after her big brothers. But no matter how hard she tries, she can never catch up. Then one day, she discovers some sticks in the grass. Not just any sticks – swords! And suddenly the world is her kingdom. Sweet and swashbuckling, the imaginative Roby reminds us that anyone, no matter how small, can be the hero of their own quest.

Rubyは、いつでも兄たちの跡を追いかけた。しかしいくら努力しても、兄たちには追い付かなかった。ところがある日、草むらで棒を見つけた、単なる棒ではなく剣である!そして世界は突然、Rubyの王国に変わってしまう。可愛らしく勇敢で想像力豊かなRubyは、いかなる小さな存在でも自分の追求する英雄になれることを、読者たちに再認識させてくれる。