Missing in America

Directed by Gabrielle Savage Dockterman (2005)                                                Jake, black veteran of the Vietnam War, has being living alone in the forest for 35 years as hiding from long buried memories.  But one day, old military friend suddenly appears in front of Jake with an Asian girl, and entreats Jake to look after his daughter as she will be with nobody after his reminding short life by illness and her mother already died.  Without waiting for Jake’s response, the ill old friend despairs, and Jake’s new life starts with struggling to live with the girl until she changes him forever.

邦題:<アメリカの森~レニーとの約束>

ベトナム戦争の帰還兵で35年間も人を避けて森の中で暮らしていた主人公の元へ、部下だった一人が娘を連れて訪ねてき た。母親を亡くし、自分の余命も少ない故に、一人娘を預けに来たのだ。断っているにも関わらず、父親においてゆかれたベトナム系の少女との喧嘩の日々が始 まる。頑固で人嫌いな黒人老人の主人公とあどけない少女との異文化の葛藤が、やがて強い愛情に変わってゆく。実戦に参加し精神障害を負った帰還兵が、米国 では今も絶えない。純粋な愛こそが癒しであると語るこの映画への退役軍人達からの評価も高いし、深く心打つ作品である。名優達に囲まれた中で、少女役の ゾーイ・ウィーゼンバウムの演技が光っている。

Today’s Special

Directed by David Kaplan (2009)                                                                                 Samir, Indian young chef who born and raised in New York, wishing his promotion at an upscale Manhattan restaurant, and dreaming to work at French restaurant in Paris. Samir tells about his intention to his co-worker Carrie, but suddenly Samir’s life turns upside down. Samir’s father, who owns and works for his little Indian restaurant in New York,  gets hart attack. Instead of French cousin, Samir needs to learn Indian cooking to save family business, but does not know how.

一流レストランのシェフになる為パリに行くと意気込んでいたニューヨーク育ちのインド青年が、ひょんなことから父親の経 営するインドレストランを切り盛りする羽目になってしまった。インド料理など作ったこともない彼は、たまたま知り合った元ムンバイでシェフをしていたタク シードライバーのインド人をシェフにしたが、そのシェフからインド料理の心を教えられる。個性ある人物達の登場でドタバタと話が展開するが、面白おかしい スパイスが随所にかけられている。

Captain Abu Raed

Directed by Amin Matalga (2007)                                                                                  Abu Raed is an aging airport janitor who has always yearned of seeing the world but never has any chance. One day Abu Read finds a captain hat in a trash can of the airport, and brings it to home to put on his head. A group of children in his poor neighborhood believe Abu Read is a pilot and ask him to tell his world traveling stories. Abu’s imaginary tales fascinate them, and their warm friendship begins.

ヨルダンの首都アンマンにある富めるカルチャーと貧困のカルチャーが、見事に描かれている。空港の掃除夫である主人公 が、たまたまゴミ箱に捨てられていたキャプテンの帽子を見つけて持ち帰る。立て込んだ貧困層の住宅街に一人住む主人公の老人は、キャプテンの帽子によっ て、周囲の子ども達と関わりを持つようになる。ハッピーエンドに終わらない結末ゆえに世界に広がる格差社会の切なさを語っているが、それにめげないメッ セージが込められている。

The Shunning

Directed by Michael Landon Jr. (2011)                                                                       Katie straggles with the rules that define her sheltered Amish community, but when a wealthy outsider comes and asks about her family, Katie’s wondering about her birth becomes stronger.  While admiring Amish culture and the way of living and thanking for the parental love,  Katie follows to her personal journey to discover herself.

アーミシュの人達には、まず起こることのない養子が大きなテーマになったストーリ展開の映画だが、アーミシュのコミュニ ティーの文化、しきたり、伝統、ライフスタイル等は、かなり忠実に再現しており、養子という出来事によって異文化比較がより鮮明化されている。成人になっ てから自分の意思で洗礼を受けて、アーミシュのコミュニティーで人生を送るか否かの選択が出来るそうだが、要は成人になる前の段階の家族愛、隣人愛、自然 愛の中で育てることが、人間にとっては大事であることを、この映画でも伝えたかったのであろう。見ごたえのある作品となっている。

Berlin Tunnel 21

Directed by Richard Michaels (1981)                                                                               In 1961, the Soviets cut off East Berlin from West Berlin, and a young US Army Lieutenant and his East German girlfriend cannot marry because she is forbidden to leave from her side of the city. Some brave people make daring escapes across the barrier, but their families and friends are still in the other side.  Determined to rescue their loved ones and bring them to the West, five young men attempt a daring rescue under the Berlin Wall.

ベルリンの壁が作られた20年後に製作されたこの映画は、ベルリンの壁が1989年に取り壊された後でも、人間の愚かさ を忘れさせない役目を果たしている。家族や恋人と壁によって引き離された男達が、密やかに壁の下を通って西ベルリンから東ベルリンへトンネルを掘った。東 西ベルリンを実際に訪れた者の1人として、イデオロギーによって家族を引き離す非情さを実体験したが、異文化への恐怖心を抱いていた時代が欧州でも近年ま で継続していたことを、再認識させてくれる映画。

Sarah’s Key

Directed by Gilles Paquet-Brenner (2010)                                                                         In 2009, an American journalist married to a Frenchman, is commissioned to write article about the historical tragedy in 1942 Paris. In the year of 1942, the French authority orders Jewish people to move to the stadium in Paris from all over France and the totally 76,000 Jewish roundup are deported. Ten years old Jewish girl, Sarah, is one of them and she locked up her 4 years old brother in a hidden closet in hope of returning to set him free later. But Sara cannot make escape herself for her brother.    As the American journalist is following Sarah’s story more and more, she uncovers surprisingly connection herself to Sarah.

2009年にパリで活躍する若いジャーナリスト達が、1942年のパリで起こった出来事を追って行く。当時フランスに住 んでいた76,000人ものユダヤ人が、パリのスタジアムにフランスの憲兵によって集められ、そこからナチスに引き渡された。その中に弟を逃がそうと、ア パートの壁の中に隠してきた少女Sarahがいた。必ず迎えに来るからとの約束を果たす為に、収容所キャンプへ送られる前に、少女は逃げ出した。第二次世 界大戦の人類の狂気を体験した世代が、世界中で老年期を迎えている。現代の平和で豊かになった社会と過去が交差しながら進んでゆくが、大事なものを次の世 代に伝えたいとの、製作者の意図が、ひしひしと伝わってくる。