One little, two little, three little children       

By Kelly DiPucchio, Illustrated by Mary Lundquist (Balzer+Bray – 2016)                          A rhyming celebration of the diversity and universality of children and their families. The exuberant reinvention of the classic children’s rhyme is pure read-aloud and sing-along joy.

IMG_1798

色々な子ども達や家族が登場しながら、軽快に多様性と共通性の素晴らしさを表現している。古くから親しんだ子どもの歌のリズムに合わせながら、大きな声で読むのも又歌うのも楽しい絵本である。

I remember Miss Perry                

By Pat Brisson, Illustrated by Stephane Jorisch (Dial Books for Young Readers – 2006) Stevie has felt so nervous on his first day at a new school. But his teacher, Miss Perry smiles and says, “It’s my fondest wish that you join me for lunch today, Stevie.”, and his first day becomes a gareat one. Miss Perry has a fondest wish for every day – something new to read, sing, celebrate. However when news arrives that Miss Perry has died in a car accident, everythig is suddenly strange and sad.With encouragement, though, Stevie and his classmaes see that the joy their teacher brought is not lost. To feel it, they need look no further than their own memories.

IMG_1797

Stevie少年は、新しい学校での最初の日に大変に心細かった。でも、ペリー先生から、「私の最大の願いは、Stevieが今日の昼食を一緒に食べてくれること!」と微笑みながら言われて、その日は素晴らしい一日に変わってしまった。ペリー先生は毎日のように最大の願いを見つけてきた、それは新しい本や、歌や、祝い事であった。ところが、ペリー先生が交通事故で亡くなったニュースは、総てを変えてしまったし、クラスの皆が悲しかった。多くの人達からの励ましによって、Stevieとクラスメイト達は、先生が示してくれた楽しみは消えていないことに気ずき始めた。楽しい思い出を再確認することで、心に癒やしがもたらされた。

My Two Grannies               

By Floella Benjamin, Illustrated by Margaret Chamberlain (Frances Lincoln Children’s Books – 2007) Alvina has two grannies who she loves with all her heart. Granny Vero is from Trinidad and Granny Rose is from England. While her parents go on holiday, Alvina’s two grannies come to take care of her. But the two grannies like different food, music, and stories….always conflict! Alvina suggests them to take turns every other day, and it works! The two grannies start getting crosser and crosser with each other.

IMG_1796

Alvinaには、心から愛している2人の祖母がいた。一人はトリニダード(カリブ海の島)出身で、もう一人は英国出身。Alvinaの両親が休暇で留守にする間、2人の祖母が彼女の世話をする為にやってきた。しかし、この2人は食べるものも、好きな音楽や話も、総てが異なっていたので、しばしばいざこざが起きた。そこでAlvinaは一日おきに交代で順番に世話をすることを提案したら、それが上手くいった。お陰で二人の祖母は、お互いに心を開くようになった。

The Umbrella Queen

By Shirin Yim Bridges, Illustrated by Taeeun Yoo (Greenwillow Books – 2008) In a village in Thailand where everyone makes umbrellas, young Noot dreams of painting the most beautiful one and leading the annual parade as Umbrella Queen, but her unconventional umbrellas of painting elephants displease her parents. And then on the day of the parade, the King finds Noot’s umbrellas and likes them very much.

IMG_1795

村中の人達が傘作りをしているタイにある村で、Noot少女は最も素敵な傘を作って、毎年恒例の「傘の女王」パレードの先頭を歩くことを夢見ていた。ところが伝統的な絵とは異なり像を描いたNootの傘に彼女の両親は不満であった。そしてパレードの日、Nootの作った傘に王様の目が留まり、大変に気に入ってもらった。

The Paper Crane

By  Molly Bang (Greenwillow Books – 1985)                                                                   The restaurnat stood on a busy road, and people come and went, day and night. But a new highway replaced the old road, and now hardly anyone stopped there to rest and eat. One day a stranger entered the restaurant and paied for his dinner with a paper crane that magically came alive and danced. >>>Beautiful three-dimensional illustrations brings and ancient Japanese folktale magically to modern life.

IMG_1794

そのレストランは大繁盛していて、いつも大勢の人で賑わっていた。ところが、近くにハイウェイが建設されると、客足はすっかり途絶えてしまった。そんなある日、不思議な人がレストランに来た。お金を持っていないその老人に、レストランの主人は気前良く食事を振舞った。お礼に折鶴を作って置いていき、老人は去ったが、その折鶴は大変に不思議な鶴であった。日本のお伽噺「鶴の恩返し」の現代版リメークのような話であるが、3Dのイラストが良くマッチしている。

Father’s Day                

By Anne Rockwell, Illustrated by Lizzy Rockwell (Harper Collins Publishers – 2005)    For Father’s Day, the students in Mrs. Madoff’s class write and illustrate about their dads and they put together to make a book. Just before Father’s Day, all class students come to school with their dads, and they present a copy of the book to each father.   >>>>>The same creators issued “Mother’s Day” as well.

IMG_1785

父の日の為に、ミセス・マドッフのクラスの生徒達は、自分の父親のことを文章とイラストにして、それをまとめた本を作った。父の日の前に、クラスメート達が自分の父親と一緒にクラスに来て一人ひとりがその特別な本をプレゼントされた。同じ制作者達によって’母の日’の絵本も出版されている。

Little Sap and Monsieur Rodin       

By Michelle Lord, Illustrated by Felicia Hoshino (Lee & Low Books Inc. – 2006)              In the early 1900’s, Little Sap, a young girl from the rice fields of Cambodia, wins a coveted place in the royal dance troup and she learns the steps so well. With their Cambodian King and Princess the dance troup board a big ship to performe in Paris. Little Sap is noticed by the famous artist, Auguste Rodin, who rewards her with a special prize. A foreword and an author’s note give additional information about the history of Cambodia, Khmer dance, and Auguste Rodin.

IMG_1786

1900年代の初め、カンボジアの農村で育った少女リトルSapは、幸運なことに王宮舞踊団に選ばれ、一生懸命で踊りを練習した。カンボジア王や王女と共に一行は大きな船に乗って、パリでの公演に出かけた。リトルSapは、有名な芸術家ロダンに認められ、特別な褒美を彼からもらった。前書きと著者の解説で、カンボジアの歴史、クメール舞踊、オーギュスト・ロダンについてより詳しく語られている。

The Elephant Quilt: Stitch by Stitch to California!       

By Susan Lowell, Illustrated by Stacey Dressen-McQueen (Melanie Kroupa Books – 2008)             In 1859, Lili Rose and her family were on their way to California. At that time, “To see the elephant” was a popular American expression which meant to have the thrill or shock of a lifetime. Along the way, Lily Rose and her grandma sewed their adventure into an “Elephant Quilt.”

IMG_1787

1859年に、リリーローズと家族はカリフォルニアに向った。当時の人々の表現として、人生で想像も出来ないような驚くべきことを[象を見る]と言っていた。リリーローズと祖母は、カリフォルニアまでの幌馬車での旅の日々の出来事を、[象のキルト]に縫いこんでいった。

Are we there yet? : A Journey around Australia

By Alison Lester ( Penguin Books Australia – 2004)                                       We, readers, can join Grace and her family on a three-months adventure as they hit the road, camping, experiencing and meeting all the people and places that make up Australia. Based on the author’s real life travels, it’s a journey, a family, and a country you’ll never forget.

IMG_1788

グレースと家族が3ヶ月間のロードトリップに出かけるのに、読者も同行する。キャンプをしたり、様々な体験をしたり、色々な人に出会い色々な場所を訪れてオーストラリアを知る。作者の実際の体験旅行を基に制作された絵本であり、旅を語り、家族を語り、忘れられない祖国を語っている。