To Kill a Mockingbird

Directed by Robert Mulligan(1962)                                                                        Story telling through six years old girl’s eyes about her father who worked the case as black man’s lawyer, and who fought for prejudice and injustice in 1932 Alabama.  The same titled novel by Nell Harper Lee published in 1960, and made into the film. Starring: Gregory Peck

邦題:アラバマ物語

1960年に出版されたNelle Harper Lee 著の同名の小説の映画化。米国公立学校の推薦図書として筆頭に上げられている小説のひとつでもある。白黒映像の映画では、Gregory Peckが主役の白人弁護士役で、理想的父親像、社会正義感、博愛主義のこもった人物を演じて高評価を得た。ストーリーは、人種差別が歴然と存在していた時代にアラバマの町で起こった白人女性レイプの犯人として捕らえられた黒人男性を弁護する父親を、後年娘が語っている。母親を亡くし、兄といつも一緒の悪戯娘は、父親と同じく社会正義感が強かったが学校では腕力に訴えていた。暴力が嫌いな父親は、言葉と敏速なる判断力と行動で戦っていた。そんな父親を娘が理解するのには時間がかかった。映画の中での時間の流れはゆっくりではあるが、子どもの視点が丁重に語られている。

Black or White

Directed by Mike Binder(2014)                                                                                            Left to raise his beloved bi-racial granddaughter, a grandfather faces the legal battle about his granddaughter’s custody against her grandmother who lives in another world in Los Angels.

アフリカ系アメリカ人の父をもつ孫娘の面倒を見ていた白人弁護士が、妻を交通事故で突然失った。娘も妻も亡くした彼はこの孫娘と二人きりになってしまい、慣れない手つきで孫娘の日常の世話を始めるが、寂しさをアルコールで紛らわすようになる。そこにドラッグに溺れた孫娘の父親が現われ、親権を法廷で争うことになる。ロスアンジェルスの上流白人住宅地と黒人が集合している低所得者住宅地を自由に行き来する孫娘に、まるでアメリカの未来を託しているようでもある。Kevin Costner 演じる白人弁護士が、判事、弁護士、家庭教師等の黒人達に囲まれながら発する言葉が、人種差別の根本問題を指摘している。米国における異文化理解も、こういう日常の中から一歩一歩前進している。