Smoke Signals

Directed by Chris Eyre (1998)                                                                                  Tomas and Victor are raised in Native American reservation together since Tomas lost his parents on fire 22 years ago. Tomas respects Victor’s father, Arnold, as his real father, but Victor dislikes his alcoholic and hopeless farther who run away from his family ten years ago and never returned. One day Arnold passed away in Phoenix, Arizona, and Thomas and Victor get a mission to retrieve Arnold’s ashes. Two brothers take an unforgettable trip from Idaho to Arizona.                                                        >The first feature made by a Native American crew and creative team, and won at   The Sundance Film Festival.

アイダホの北米原住民居留地に住んでいる2人の青年が主人公で、監督本人も北米原住民である。22年前の独立記念日に、火事になった家の2階から投げ落とされた赤ん坊がトーマスであった。その子を拾ったビクターの父親。両親を火事で亡くしたトーマスは、ビクターの父親を実の父親のように慕っていたが、12歳の時に家を飛び出したきりの父親をビクターは憎んでいた。その父親の遺灰を、2人でアリゾナまでバスに乗って引き取りに行く。北米原住民の誇りと心の痛みとユーモアが混ざり合って、素晴らしい作品に仕上がっている。北米原住民へのステレオタイプなイメージを変えた映画ルネッサンスの代表作としても、評価が高い映画。