Too Many Tamales

By Gary Soto, Illustrated by Ed Martinez (G.P.Putnam’s Sons – 1993)                      Maria tries on her mother’s wedding ring while helping make tamales for a Christmas family get-together. Hours later, her panic ensues when she realizes the ring is missing. This is the story of a treasure thought to be lost in a batch of tamales; of a desperate and funny attempt by Maria and her cousins to eat their way out of trouble; and of the warm way a family pulls together to make it a perfect Christmas after all.
IMG_1811

Mariaは、クリスマスの家族の集い用のタマリス作りを手伝いながら、母親の結婚指輪を内緒ではめてみた。数時間後に、その指輪が紛失していることに気ずき、Mariaはパニックに陥った。山のように沢山あるタマリスのどこかに指輪を見失ったかもしれない心配と、それを探し出すためにMariaといとこ達が準備してあったタマリスを全部食べる試みと、最後には家族の思いやりで完璧なクリスマスを迎えることが出来た素敵な物語である。

Under My Hijab

By Hena Khan, Illustrated by Aaliya Jaleel (Lee & Low Books Inc. – 2019)                         Grandma’s hijab clasped under her chin. Auntie pins hers up with a whimsical brooch. Jenna puts sun hat over hers when she hikes. Iman wears a sports hijab for tae kwon do. As a young girl observes the women in her life and how each cover her hair a different way, she dreams of how she might express her personality through her hijab.>>>The same author of “Night of the moon” and “Golden Domes and Silver Lanterns“.
IMG_1801

祖母がヒジャブを被るときは、あごの下で留め金で止めている。叔母は風変わりなブローチでヒジャブを上にあげ、ハイキング中Jennaはヒジャブの上から日除けの帽子を被っているし、Imanはテコンドーをする時はスポーツ用のヒジャブを着用している。周囲の女性達を観察しながら、少女は、自分が将来ヒジャブでいかに自己表現をするのかを、ワクワクしながら夢見ている。>>>”Night of the moon” 、 “Golden Domes and Silver Lanterns“と同じ作者。

A fine Dessert : Four Centuries, Four Families, One Delicious Treat

By Emily Jenkins, Illustrated by Sophie Blackall (Schwartz & Wade Books – 2015)   A girl and her mother in Lyme, England, 1710. A mother and daughter near Charleston, South Carolina, 1810. A girl and her mother in Boston, Massachusetts, 1910. A father and son in San Diego, California, today. What do these very different families have in common? They’re all making the same fine dessert!

IMG_1376

1710年の英国ライメでの少女と母親。1810年のサウスカロライナ州チャールストン近郊での母と娘。1910年のマサチューセッツ州ボストンに住む少女と母親。今日における、カリフォルニア州サンディエゴに住む父親と息子。全く異なる時代の、異なる場所に住むこれらの家族の共通点は?それは同じデザートを作っていること。

The Princess and the Warrior : A tale of two Volcanoes

By Duncan Tonatiuh (Abrams Books for Young Readers – 2016)          Izta was the most beautiful princess in the land, and suitors traveled from far and wide to woo her. But Izta had no desire to marry a man of wealth and power. Insted she fell in love with Popoca, a brave warrior who fought in her father’s army – and a man who did no offer her riches but a promise to stay by her side forever. Today two majestic volcanoes-Popocatelpetl and Iztaccihuart-stand overlooking Mexico City. They have been admired and created many myths. The authoar and illustrator, Duncan Tonatiuh, retells one of Mexico’s cherished legends.

IMG_1239

Iztaは国中で最も美しい王女で、求婚者がいつもやってきた。しかし、Iztaは権力者ともお金持ちとも結婚を望んでいなかった。代わりに、父親の軍隊として戦った勇敢なる戦士Popocaに恋をしていた。Popocaは王女に富を提供できないが、永遠に王女のそばを離れない約束をしていた。今日でも二つの火山ーPopocatelpetl(ポポカテペトルはメキシコ富士とも日系人が呼ぶ活火山)とIztaccihuart(イスタシワトルは女性が横になっている姿のような死火山)は、メキシコシティーを見下ろしている。昔から人々を感嘆させてきたこの二つの火山には、様々な言い伝えが存在している。著者兼イラストレーターのDuncan Tonatiuhは、メキシコの歴史ある物語をこの絵本に蘇らせた。

Growing up with Tamales

By Gwendolyn Zepeda, Illustrated by April Ward (Pinata Books – 2008)       Six-year-old Ana looks forward to growing older and being allowed more responsibility, just like as Linda-her 2 years older sister, in making the tamales for the family’s Christmas celebrations. And so the years pass, and Ana turns eight, ten, twelve, fourteen, sixteen. But every year, her big sister Linda has more responsibility than Ana. The affectionate and amusing story about sibling relationship introduces an important Hispanic holiday tradition-making Tamales. >>>Text written in English and Spanish.

IMG_9728

6歳のAnaは、大きくなって、2歳年上のLindaのように、クリスマスを祝う料理のTamales作りを任かされることを心待ちにしていた。そして年と共に、Anaは8歳となり、10歳となり、12歳となり、14歳となり16歳になった。しかし毎年、姉のLindaの方が、より重要な仕事を任されていた。愛情溢れる愉快な姉妹の話は、ヒスパニック伝統文化の大切さを、Tamales 作りを通して披露してくれる。>>>文は英語とスペイン語で書かれている。

Silent Music : A Story of Baghdad

By James Rumford (Roaring Brook Press – 2008)

Ali lives in Baghdad, a dangerous place undergoing difficult times. He loves soccer and loud music, but most of all he loves practicing calligraphy, the ancient art of drawing letters. He is inspired by Yakut, the master calligrapher who lived in Baghdad some 800 years ago, also in a time of war.

IMG_9189

Ali は、戦火の激しくなるバグダッドに住んでいた。彼は、サッカーが好きで、大音響の音楽が好きで、そして何よりも芸術的で伝統的な文字を書く練習が好きであった。Ali は、800年も前にアラビア文字の美しさを完成した有名な書道家であるYakutを崇拝していた。Yakut は、モンゴル族がバグダッドを攻めてきた時、塔に一人こもって平常心を保つ為に文字を書き続けた。Ali も、戦火の激しい夜の闇の中で、平和を祈った文字を書き平常心を保つようにした。

Mr. Crum’s Potato Predicament

By Anne Renaud, Illustrated by Felicita Sala (Kids Can Press – 2017 )                    Based on a real man named George Crum, a cook in Saratoga Springs, NY in the 1850’s, who is purported to have created the first potato chip in response to a demanding customer. This is a story how to create potato chips. >>> On the last part of the book, included Author’s Note telling about George Crum with his photo, and many lists of Author’s Sources.

IMG_2618

1850年代にニューヨーク州のSaratoga Springsに実存したシェフ、George Crumを基にした絵本であり、彼は口うるさい客の要望に応じて最初のポテトチップスを作ったと考えられている。この絵本は、ポテトチップス誕生の話である。>>>巻末には、作者によってGeorge Crumを写真入で紹介し、参考資料とした各種のリストも記載されている。

A Morning with Grandpa

By Sylvia Liu, Illustrated by Christina Forshay (Lee & Low Books Inc. – 2016)      Mei Mei’s grandpa, Gong Gong, is practicing tai chi in the garden, and Mei Mei is eager to join in. As Gong Gong ties to teach her the slow, graceful movements, Mei Mei enthusiasically does them with her own flair. Then Mei Mei takes a turn, trying to teach Gong Gong the yoga she learned in school. The special bond between grandpa and granddaughter through traditional healthy movements clebrates the joy of learning new things together.

IMG_1636

Mei Meiのお祖父さんGong Gongが、庭で太極拳の練習をしていた。その動きに関心を示したMei Meiにお祖父さんが太極拳の動きを教えたが、Mei Meiは自分なりの解釈で動いた。その後、立場が変わって、Mei Mei が学校で習ったYogaの動きをお祖父さんに教えた。それぞれの伝統的で健康的な動きを通して、二人の絆が伝わると同時に、年代を越えて新しいことに共に挑戦する喜びも祝福している絵本。

Everybody Serves Soup

By Norah Dooley, Illustrated by Peter J. Thornton (Carolrhoda Books Inc. – 2000)  While trying earn money to shoveling snow so Carrie can buy her mother a Christmas present. But she has no idea what should she buy. As Carrie goes from house to house, she finds that everybody is making own traditional soup. Carrie’s neighbors come from many places, so she collects recipes of different kind soup. Now Carrie gets an idea of what to give her mother. >>>At the end of the book, you can find simple recipes collected from Carries’s delightful multicultural neighborhood.

IMG_1170

Carrieは、母親へのクリスマスプレゼントを買う為に、雪かきをしてお金を稼ごうとした。しかし、何を買うのか解らなかった。近所の家を尋ねる度に、それそれがお得意のスープをご馳走してくれた。みんな異なる土地から来ているのでスープもそれぞれの伝統が生きていて、Carrieはレシピを教えてもらい、それを集めた。そして、母親への素晴らしいプレゼントを思いついた。>>>巻末には、多彩なる文化圏から来たCarrieの近所の人達から集めた簡単なレシピが、記載されている。英文は1ページ~半ページ分の長さなので、英文講読練習にも使える。

Jimmy Zangwow’s Out-of-This-World: Moon-Pie Adventure

By TONY DiTERLIZZI (Simon & Schuster Books for Young Readers – 2000) Jimmy Zangwow loves his Moon Pies. His mom holds the key to the Moon Pie stash though, ….and she says no treats before dinner. If only Jimmy could fly to the moon to get his own Moon Pies….How far would you go to get your favorite snack? >>>Inspired by real snack called “Moon Pie” which was originally made by Chattanooga Bakery in Tennessee in 1917, and now it became a popular traditional item in the states.

IMG_1171

Jimmy Zangwowは、ムーンパイが大好物であった。しかし、彼の母親がしっかりとムーンパイを管理していたし、おまけに夕食を食べなくてはお菓子は一切なしと言われてしまった。もしもJimmyが月に飛んで行けて、ムーンパイを独り占めできたら、、、自分の好きなお菓子の為なら、あなたは何処まで遠くへゆけますか?>>>この絵本は、1917年にテネシー州のチャッタノガ・ベーカリーが最初に作った実存のムーンパイから影響を受けて、制作された。この伝統あるムーンパイ(マシュマロを挟んだ丸いグラハムクッキーをチョコレートでコーチィングした菓子)は、今日でも人気のある米国のスナックとなっている。