In my Mosque

By M.O. Yuksel, Illustrated by Hatem Aly (HARPER ~ 2021)

No matter who you are or where you’re from, step in and discover all the rituals and wonders of the mosque. From grandmother reading lines of the Qur’an and the imam telling stories of living as one to meeting new friends and learning to help others, mosques are center for friendship, community, and love. Paired with stunning artwork and lyrical text celebrates the joy and traditional found in every mosque around the world. >>> In the last pages, found Glossary of Arabic and the list of some mosques throughout the world.

誰であれ、どこから来た人であれ、モスクの中に入って様々な発見が出来る。コーランの一説を読んでくれる祖母や、イマーム(指導者)による新しい友人を受け入れる話など、モスクは友情と、コミュニティーの結束と、愛情を育む場所である。見事なイラストと解りやすいテキストで、世界中にあるモスクで培われている喜びと伝統を祝福している絵本。>>>巻末ではアラビア語の解説と世界中にあるモスクの一部が紹介されている。

The Birthday Tree

By Paul Fleischman, Illustrated by Barry Root (Candlewick Press – 2008)

When baby Jack arrives, his parents plant an apple seeding to honor his birth. As Jack grows taller, so does the tree. When Jack is happy, the tree limbs stand straight and proud. When Jack is cold, the leaves tremble on their stems. But one day Jack’s parents awake to find Jack’s bed empty. When they see a gull perched atop the tree, they guess the truth: Their Jack has gone to sea. The book tells the story of a boys’ powerful connection to his family despite distance, and add new meaning to the old custom of planting a birthday tree.

Jackが生まれた時、両親はリンゴの木を植えた。Jackの成長と共に木も成長し、Jackが幸福な時は木も誇らしくしっかりと立ち、Jackが寒い時は枝の葉も震えた。しかしある日、両親はJackのベットが空っぽであることに気ずいた。そして、カモメが木の天辺に留まっているのを見た両親は、Jackが海へ行ってしまったと確信した。この絵本は、男の子の家族との距離を超えた強い絆を語り、古くからある誕生祝の植林への風習に新しい意義を付け加えている。

Seven Special Somethings : A Nowruz Story

By Adib Khorram, Illustrated by Zainab Faidhi (Dial Books for Young Readers – 2021)

Nowruz (means “new day” in Farsi/Persian language, and around March 21 Persian people celebrate it) is finally here! Kian can’t wait to celebrate with his family. He’s got plans to make it the happiest Persian New Year yet. But when a little bit of mischief ruins the family’s carefully arranged haft-seen, Kian has to find a way to fill the table back up again. The haft-seen had seven symbols, all starting with S to bring the family a new year full of joy. Can Kian find seven new S’s for Nowruz? It’s a lovely family story.

ノウルーズ(Nowruz:イラン、アゼルバイジャン、アフガニスタン、パキスタン、インドの一部とクルド人の新年で3月21日頃)がやってくる。Kianは家族と一緒に祝うこの日を待ちきれない。彼には新年をより幸福にするアイデアがあった。しかし、そのちょっとした悪戯が、家族がせっかく用意した新年を祝うSで始まる7つの品を並べたテーブルを、台無しにしてしまった。Kianは、テーブルの祝い品を新たに揃えなくてはならない。Kianは首尾よく新年を祝う新しいSで始まる7つの品が見つけられるだろうか?心温まる愛情あふれる家族の物語。

Real Cowboys

By Kate Hoefler, Illustrated by Jonathan Bean (Houghton Mifflin Harcourt – 2016)

Cowboys are strong and tough. Cowboys ride fast horses and travel far and wide. But as they move through canyons and across prairies, quietly doing their work, cowboys are many more things, too. Real cowboys are gentle, patient, and creative as they move hundreds of cattle, make camp, and dream under the stars.

カーボーイ達は、強くたくましい。カーボーイ達は、どこまでも馬を走らせ旅をする。しかし、多くの谷を渡り高原を横切り物静かに仕事をするカーボーイ達は、もっといろいろな顔ももっている。ほんとうのカーボーイ達は、親切で忍耐強く、何百もの家畜を移動させながら野営をして星空の下で夢を見ながら想像力を豊かにしている。

Teddy Bear, Teddy Bear

Retold by Nicholas Ian, Illustrated by Misa Saburi, Music Arranged and Produced by Drew Temperante (Cantata Learning – 2017 ) www.cantatalearning.com

This book is talking about a teddy bear, and shows how to relate with own teddy bear as presenting different kids together. >>> The publisher encourages parents/teachers to read and sing with children, and music CD is included in this book.

テディーベアのこの絵本は、多彩なる子ども達が一緒になって、自分のテディーベアと過ごす様子を語っている。>>>この出版社は、子ども達と一緒に読むことと歌うことを奨励しているので、音楽CDの付いた絵本を多数出版している。

Maria the Matador

By Anne Lambelet  ( Page Street Kids  –  2019 )

Maria loves tea parties and dancing and wearing hair in pigtails, but more than anything in the world….Maria loves Churros. She’ll do anything to get her hands on more of them-even enter a bullfight. To win, she must outsmart the other matadors, who don’t think she’s big enough, fast enough, or strong enough. With determination and creativity, Maria discovers that you don’t have to fight to win and you might even end up with more than you were hoping for.

Mariaは、ティーパーティーとダンスと豚のしっぽの髪型が好きであったが、何よりも世界中で一番好きなものはChurros(チュロスースペインの揚げ菓子)であった。チュロスが一生食べられる賞が与えられる闘牛の広告を見たMariaは、当然闘牛に挑戦することにした。小さくて、のろまで、か弱い女性のMariaは、ほかの男性闘牛士達から笑われたが、彼らとは異なるアプローチで牛と仲良くなり、首尾よく優勝を獲得した。戦わなくても賞が得られ、想像以上の良い結果も得られることがあるのだと、Mariaは発見した。

Pie is for Sharing

By Stephanie Parsley Ledyard, Illustrated by Jason Chin  ( Roaring Brook Press – 2018 )

This book invites you to a glorious Fourth of July picnic, where you will learn all about sharing, the good things along with the bad. By deft and lilting text and vivid illustrations, you will experience a wonderful and relaxing time on the special day.

この絵本は読者を独立記念日のピクニックに招いてくれる。そこでごく自然に色々なものや体験を分かち合う経験をする。軽快な短いテキストと生き生きとしたイラストによって、特別な日のリラックスした楽しい時間を体験できる。

Funny Bones: Posada and His Day of the Dead Calaveras 

By Dungan Tonatiuh  (Abrams, Inc.- 2015)

In Spanish, the word Calavera means “Skull”. Mexican artist, Lupe Posada (1852 – 1913 )  learned the art of printing at a young age and drew political cartoons. He became best know today for his Calavera drawings. This is his life story along with developing printing technology. >>> Detail information found on the last pages. Dungan Tonatiuh’s other books; Dear Primo, and  Separate is never equal

.

スペイン語でCalaveraとは、骸骨の意味。メキシコ人アーティストのLupe Posada (1852 – 1913) は、若くして絵の印刷を覚え、政治風刺漫画を描いた。今日では、骸骨の動き回る絵が彼の作品の中で最も親しまれている。この絵本は、印刷技術の発展と共に人生をすごした彼の物語である。>>>巻末に詳しい資料が記載。同じ制作者の他の作品は:Dear Primo,  Separate is never equal.

Green is a Chile Pepper : A book of Colors

By Roseanne Greenfield Thong, Illustrated by John Parra  ( Chronicle Books – 2014 )

In this living concept book children discover a rainbow of colors in the world around them: Red is spices and swirling skirts, yellow is masa, tortillas, and sweet corn cake. Many of the features objects are Hispanic in origin, but all are universal in appeal. >>>Informative Glossary of Spanish are found on the last pages.

IMG_2235

子ども達が自分の周囲に存在しているものを、虹の色を確認するごとく色ごとに認識する実用的な絵本である。赤は唐辛子や踊りのスカート、黄色はトウモロコシ粉、トルテーヤ、コーン・ケーキ等。多くはビスパニック系の社会に属するものではあるが、今や世界中に知れ渡っり馴染まれている品々でもある。>>>スペイン語の言葉の説明は最後のページにあり。

Red is a Dragon : A book of Colors

By Roseanne Thong, Illustrated by Grace Lin  ( Chronicle Books  – 2001 )

A Chinese American girl provides rhyming descriptions of the great variety of colors she sees around her from the red of a dragon, firecrackers, and lychees to the brown of her teddy bear. Many of the featured object are Asian in origin, but all are universal in appeal.>>>More details of some words related Chinese culture are found on the last pages.

IMG_2255

中国系アメリカ人少女が自分の周囲で見つけれるものを色々な色に分けてリズミカルに説明している。赤色のドラゴン、爆竹、ライチから茶色のテディベアーまで。アジアに関したものが多いが、世界中で親しまれているものばかりである。>>>最後のページに、中国文化に関する言葉の詳細あり。