Unexpected

Directed by Kris Swanberg  (2015)
A teacher at an inner city high school discovers she is pregnant and her most promissing student also becomes unexpectedly pregnant. The two develop an unlikely friendship while struggling to navigate their unexpected pregnancies. They become stronger persons together, and find the happiest way of life for each. Many different ways of expressing mother’s love, but always it’s the best.

低所得者居住地にある高校の教師が、予期せず妊娠したことに気ずいた。そして、彼女の最も優秀な生徒も、予期せず妊娠をした。お互いに予期せぬ妊娠に、人生の軌道修正をしながらも、二人の間に絆が育まれていった。不安を乗り越えながらも、夫々にとって最も幸せな道を見つけ出した。母親の愛情表現には色々あるが、いつでも最善の愛がこもっている。

Angels in the Snow

Directed by George Erschbamer  (2015)
Based on the novel “Christmas Journey” by Rexanne Becnel. The Mongomerys come to a vacation house for quality family time as spending their Christmas without their digital devices. But only father cannot stop to use his cell phone as business need. Because of snow stormy , the Tuckers knock their door and are invited in the house warmly. And then while sharing Christmas spirit and family love of the Tuckers, miracle starts to occur among the Mongomerys. Heartwarming story of family communication and love.

Rexanne Becnel の小説 ”Christmas Journey”の映画化。モンゴメリー一家は、家族でクリスマスを過ごす為に、ログハウスの山小屋にやって来きた。家族での時間を大切にする為に、一切の電子機器は使用禁止といいながら、父親は仕事の電話に一人追われる。バラバラの家族を救ってくれたのは、吹雪の中で助けを求めて来たタッカー一家であった。家族同士のコミュニケーションと愛を教えてくれる、心暖まる物語。

Lion

Directed by Garth Davis (2016)
Based on true story of the power of family’s love.  A five-years-old Indian boy gets lost on the streets of Calcutta, far away from his home. He survives many challenges before being adapted by a couple in Australia.  25 years latter, he sets out to find his lost family in India. Finally he visits his home town in India.

邦題:ライオン 25年目のただいま
実話を基にした、家族愛の強さを語る映画。貧困家庭の5歳のインド少年が、自分の故郷から遠く離れたコルカタ(カルカッタ)の街中で迷子になってしまった。生きる為に様々な困難を一人で乗り越えた彼は、幸いにもオーストラリアに住むオーストラリア人の夫婦に養子として迎えられた。オーストラリアでの25年間の時間が過ぎた後、彼は自分の家族を探しにインドへと出かけた。

The painted Veil

Directed by John Curran (2006)                                                                                        In 1920’s a young English couple, a middle class doctor and an upper-class woman, marry for the wrong reasons and they relocate to Shanghai where the husband uncovers his wife falls in love with someone else. The doctor accepts a job in a remote village in China ravaged by a deadly epidemic and takes his wife along.  Their journey brings meaning to their relationship.

邦題:ある貴婦人の過ち                                                                                                   邦題ではベールの意味するニュアンスが抜けてしまい残念であるが、題名だけでなく映像上も、中国奥地の霧が立ち込める息を飲むほどの美しい風景が印象的である。サマセット・モームの小説の映画で既に2度も映画化され、そのリメイク版であるが、映像でも充分に楽しませてくれる。舞台は1925年の中国の山奥にある小さな村にイギリス人細菌学者が赴任するが、彼の妻はイギリス上流階級の出身で、音楽とダンスとテニスしか知らなかった。2年前にロンドンで知り合い急遽結婚したが愛のなかった夫婦であった。中国の奥地でコレラが充満し次々と村人が死んでゆく現実に夫婦で直面しながら、お互いの必要性に導かれて愛が育まれてゆく過程が、燻し銀のように美しい。外国人排他運動が強まる当時の中国の地方農村で、主役の夫婦間のみならず周囲の人達の心をいたわり合う心理描写には、大いなる拍手を送りたい。

Little Boy

Directed by Alejandro Monteverde (2015)                                                                        A little boy ,who lives in a small town in North California, gets teased by other boys because of his smallness. But he has two big heroes, his father and clowns. The World War II starts and his father is sent to an Asian war frontier as a soldier. The boy tries with all his might to achieve the impossible, especially bring his father home from the war.

邦題:小さなボクと戦争                             時代は第二次世界大戦の前から終戦まで、北カリフォルニアの小さな町で育った小さな男の子の信念と友愛と父親との絆。小さくていつも虐められていた少年は、父親と人気の魔術師を彼のヒローとして崇めていた。その父親がアジア戦線に送られた。戦争を大人の目や政治的な視点から描くのではなく、純粋なあどけない少年の思いで見事に描いているメキシコ人監督によるユニークな作品。一般民が戦争に巻き込まれてゆく切なさを語りながらも、奇跡を信ずる少年の信念に大人達が励まされる。少年役のJakob Salvatiと日系米国人役Cary-Hiroyuki Tagawaの作品中会話も見逃せない。

Black or White

Directed by Mike Binder(2014)                                                                                            Left to raise his beloved bi-racial granddaughter, a grandfather faces the legal battle about his granddaughter’s custody against her grandmother who lives in another world in Los Angels.

アフリカ系アメリカ人の父をもつ孫娘の面倒を見ていた白人弁護士が、妻を交通事故で突然失った。娘も妻も亡くした彼はこの孫娘と二人きりになってしまい、慣れない手つきで孫娘の日常の世話を始めるが、寂しさをアルコールで紛らわすようになる。そこにドラッグに溺れた孫娘の父親が現われ、親権を法廷で争うことになる。ロスアンジェルスの上流白人住宅地と黒人が集合している低所得者住宅地を自由に行き来する孫娘に、まるでアメリカの未来を託しているようでもある。Kevin Costner 演じる白人弁護士が、判事、弁護士、家庭教師等の黒人達に囲まれながら発する言葉が、人種差別の根本問題を指摘している。米国における異文化理解も、こういう日常の中から一歩一歩前進している。

Chocolate

Directed by Lasse Hallström (2000)                                                                         Original story is from Joanne Harris’s novel Chocolate. A vagabond-spirit mother and her daughter come to a small old town in France to open a chocolate shop named Maya. The mother’s favorite fairly-tale is about her grandfather who came back from Central America with a beautiful girl and his experience of Ancient Maya’s drink.

邦題:ショコラ

フランスの保守的な小さな町に、赤いマントを着た母と娘が、北風の中をやって来た。その母と娘はこの町に落ち着こうと、母親はマヤと呼ぶチョコレート店を開店した。母が御伽噺のように聞かせる娘が大好きな祖父の物語では、薬の研究の為に祖父は中南米に出かけ、そこで古代マヤからの不思議な飲み物カカオに魅せられ、恋した村の娘を欧州に連れて帰り娘が生まれたが、突如母と娘がいなくなった。どうやらその娘が自分の母親であり、祖母と同じ放浪癖がある母を娘は嫌い始めていた。波風の後に保守的な町の人達とも次第に心のしこりがとれ、春風の到来と共にこの町が母娘にも安住の地となってゆく。異質性を受け入れる明暗が、見事に描かれている。母親役をJuliette Binocheが熱演し、ジプシー役のJonny Deppも流浪の人として出現する。

1,000 Times Good Night

Directed by Erik Poppe (2013)                                                                                   Rebecca is one of the world top war photojournalists and she has a husband and 2 daughters in her peaceful home town.  Telling Rebecca’s struggles between her family love and her risky professionalism in conflict zone. Norwegian director, Erik Popper,     is a former photojournalist who had similar experience with Rebecca.                 Starring: Juliette Binoche

世界の紛争地へ出かけてゆく報道写真家を母に持った娘達と、その写真家の夫の苦悩を描いている映画ではあるが、子育てに父親が深く関るようになってきた今日、守るだけの母の愛情のあり方にも疑問を投げかけてくる。自爆テロの現場でかろうじて命を救われた主人公をフランス人女優のJuliette Binocheが熱演している。ノルウェー人の監督自身がかつて報道写真家であり社会正義感への使命と家族愛との板ばさみで苦しむ体験をしているが、主人公を女性にすることで自分の苦悩も客観視出来たのかもしれない。残酷なシーンもあるが、詩のように静かで美しいシーンは言葉を使う以上に心理表現描写に成功している。

Taken from me: The Tiffany Rubin Story

Directed by Gary Harvey (2011) /Lifetime                                                                Based on dramatic true story of Tiffany Robin. Her son is abducted by his biological Korean-American father and taken from his home in Queens, New York, all the way to Soul, South Korea. Tiffany decides to search her son in South Korea and to take him back to home even under risky political situation.

7歳の息子を、元夫である韓国人に預けた米国女性は、予期せぬ大事件に直面する。父親と愉しく過ごしているはずの息子と、突然連絡が取れなくなった。ハーグ条約に加盟していない韓国に、父親が息子を連れて行ってしまったのだ。息子を連れ戻す為に、韓国に行くことを決心する母親。まるでサスペンスドラマのような展開だが、母親の必死さに引き付けられる。異民族間結婚の家庭なら、他人事では済まされない重いテーマの内容である。

Wajma : An Afghan Love Story

Directed by Barmak Akram (2013)                                                                                  An Afghan father works hard for his family as a mine-clearing operator in the post war-zone. Suddenly he receives his family news that his unmarried daughter gets pregnant. As struggling against their social pressure, their family love-bond is tested but not loosed.

アフガニスタンからの映画で、世界各地の映画祭で注目をあびているが、決して明るい内容ではない。自由恋愛が許されない社会風潮の中で、家族を養う為に命がけで地雷撤去の仕事をする父親に、結婚していない自分の娘が妊娠したとの知らせが届く。親子のあり方、家族のあり方、男と女のあり方の描き方は、イスラム圏としての話より以上に、つい数十年前まで世界の大方の社会風潮であったことを思い起こしてくれる。遠い雪山の背景が、切ないくらいに時間の流れを見つめているようである。それでも流れる時間の合間を埋めてくれるのは、やはり家族の愛である。決して明るい内容ではないが、希望の存在と大切さをしっかりと教えてくれる、アフガニスタンとフランスの共同制作作品。