Liberty’s Journey

By Kelly DiPucchio, Illustrated by Richard Egielski (Hyperion books for children – 2004)

Lady Liberty has welcomed immigrants to New York for more than one hundred years – but she’s never traveled beyond her island. She’s curious to see the country that has become home to the millions who have passed her torch. She takes readers on a one-of-a-kind trip across America. >>> History of the Statue of Liberty found in the Author’s note on the last page.

自由の女神は、100年以上もの間、ニューヨークに到着した移民達を迎えてきた。しかし彼女自身は、自分が立っている島以外は全く知らなかった。彼女が掲げる松明の下を通って上陸した数百万人の祖国となったアメリカという国を知りたくなり、自由の女神は好奇心が抑えきれなくなった。そして彼女のアメリカ横断の旅に、読者を同行させてくれる。>>>巻末で作者が「自由の女神」の歴史を記載している。

Liberty’s Civil Rights Road Trip

By Michael W. Waters, Illustrated by Nicole Tadgell (Flyaway Books – 2021 )

Liberty and her friend Abdullah, with their families and a diverse group of passengers head off to their first stop: Jackson, Mississippi, and then their trip is following to several places. Inspired by an actual journey, this book introduces Liberty to places, people, and stories that transformed history, reminding her and her co-travelers to be courageous as they work together to make the country better for all. >>>On the last pages, found the author’s note and more details of historical places visited in this book.

Libertyは友人のAbdullahとそれぞれの家族と共に、最初の目的地ミシシッピー州ジャクソンにバスで向かったが、他にも多彩なる異なる人達が同乗していた。そしてこのバスの旅は、その後も米国における市民権獲得に関わる歴史的箇所を数カ所訪れた。実際に実施された旅から触発されて制作されたこの絵本は、Libertyが歴史に刻まれた場所、人々、物語を知る良き機会であり、一緒に旅した人達とより良き国を共に建設する勇気を与えてくれる。 >>>巻末に作者からの言葉があり、この旅で訪れた場所の詳細が記されている。

I’m New Here

By Anne Sibley O’Brien (Charlesbridge-2015)
At their new school, everything is different…..Back in Guatemala, Maria knew the language. Back in Korea, Jin could read and write. Back in Somalia, Fatimah felt like she fit in. Now, in the United Sates, there are new words and new ways. But with a little support – and a lot of courage – Maria, Jin, and Fatimah begin to find their way.

新しい学校では総てが違っていた、、、。グアテマラにいた時は、Mariaは言葉が解っていた。韓国にいた時は、Jinは読み書きが出来た。ソマリアにいた時は、Fatimahは自分の居場所があった。しかし今、アメリカ合衆国に来たら、新しい言葉や新しいやり方を覚えなくてはならない。でも、ちょっとした励ましと、たくさんの勇気をもって、Maria と Jin と Fatimah は、新しい生活に挑み始めた。

Like a Dandelion

By Huy Voun Lee ( Balzer+Bray – 2021 )

Like feathery seeds, a young girl and her mother take flight, putting down roots in an adopted country. Soon they blossom in their new home, strong and beautiful among hundreds of others just like them. This book is a poetic tribute to the bravery of immigrants and refugees, inspired by the author’s experience of moving to the United States from Cambodia.

風に運ばれる種のように、少女と母親は空を超えて、見知らぬ国に根を下ろした。じきに新しい生活にも他の人達と同じように、力強く美しく花が咲きだした。この絵本は、作者の幼年期にカンボジアからアメリカへ移民した体験を基に製作され、移民や難民への勇気を詩的に称えている。

Whatever Happened to the Pony Express?

BY Verla Kay, Illustrated by Kimberly Bulcken Root & Barry Root (G.P. Putnam’s Sons – 2010)  

Small young men racing swift horses over the rough terrain of the western United States to deliver mail is a thrilling part of American history that lives large in the imagination of us. As telling us the story of communication history along with a family’s corresponding through cross-country letter, the book informs us how the Pony Express came to be and why it didn’t last.

若者がアメリカ西部の過酷な荒野を馬を走らせて手紙を運ぶ光景は、想像しただけで危険がはらむドキドキした興奮を与えてくれる。大陸を横断して交信するある家族の手紙を通してコミュニケーションの歴史を紹介しながら、ポニー(迅速に走る馬の意味)エクスプレスが生まれ、そして短期間で消滅した経過を語っている。

Meanwhile, Back at the Ranch

By Anne Isaacs, Illustrated by Kevin Hawks (schwartz & Wade Books – 2014)    

In 1870, Tulip Jones, a wealthy, self-reliant widow from England acquires the By-Golly Gully Ranch in Texas and soon find herself saddled with 1000 suitors. How she can handle their Wild West life style as keeping her English traditional way? It’s a funny, extraordinary, challenging, and loving story.

1870年に、金持ちで独立心の強いチューリップ・ジョーンズ未亡人は、米国のテキサスにある牧場の主となり、英国から3人のメイドを連れてテキサスへやって来た。すると間もなく、1000人もの彼女への求婚者が現れた。ジョーンズ未亡人は、野性的西部の男性達を、彼女の伝統的英国スタイルで、一体どのように対処したのだろうか?可笑しく、奇想天外で、そして愛情あふれる物語。

Pie is for Sharing

By Stephanie Parsley Ledyard, Illustrated by Jason Chin                                                 ( Roaring Brook Press – 2018 )

This book invites you to a glorious Fourth of July picnic, where you will learn all about sharing, the good things along with the bad. By deft and lilting text and vivid illustrations, you will experience a wonderful and relaxing time on the special day.

この絵本は読者を独立記念日のピクニックに招いてくれる。そこでごく自然に色々なものや体験を分かち合う経験をする。軽快な短いテキストと生き生きとしたイラストによって、特別な日のリラックスした楽しい時間を体験できる。

Turning Pages: My Life Story

By Sonia Sotomayor, Illustrated by Lulu Delacre (Philomel – 2018)

As the first Latina Supreme Court Justice, Sonia Sotomayor has inspired young people around the world to reach for their dreams. But what inspired her? For young Sonia, the answer was books! They were her mirrors, her maps, her friends and her teachers. Her autobiography demonstrates the power of the books in her life.

IMG_3506

ヒスパニック系米国人として初の米国最高裁判事となったSonia Sotomayor が、世界中の子ども達に夢の実現を奨励している。では、彼女自身はいかにして夢に立ち向かったのだろう?それは本の助けがあったからだ。彼女にとって本は鏡であり、地図であり、友達であり、教師であった。彼女の人生における本の価値を、この自伝を通して語っている。

On our way to Oyster Bay: Mother Jones and her march for children’s rights

By Monica Kulling, Illustrated by Felicita Sala (Kids can Press – 2016)

Based on the real event in 1903. Though eight-year-old Aidan and his friend Gussie want to go to school, like many other children, they work twelve hours, six days a week, at a cotton mill in Pennsylvania instead. One day a labor activist named Mother Jones arrives at the mill to meet with the workers, and organizes children’s march to Oyster Bay, New York, to confront President Theodore Roosevelt about unfair child labor practices. >>>The detail information of this historical event is included.

IMG_7854

1903年の実話に基ずく絵本。8歳のAidanと友人のGussieは学校へ行って勉強をしたかったが、ペンシルバニアにある紡績工場で一日12時間、一週間に6日働いていた。ある日、ジョーンズ夫人という労働者運動の活動家がやって来て、工場の人達に逢った後、ニューヨーク州のオイスター湾まで子ども達の行進を実現させた。そこには当時の米国大統領の夏の保養地があった。それは、大統領に不当なる児童労働を訴え、子ども達の権利を守ることを主張する為の行進であった。>>>歴史的背景の詳細も記載されている。

Dear Mr. Washington

By Lynn Cullen, Illustrated by Nancy Carpenter (Dial Books for Young Readers – 2015)

In April, 1796, young Charlotte Stuart writes a series of letter to George Washington, whose portrait is being painted by her father, reporting on her efforts and those of her brothers to follow the rules of good behavior in the book Mr. Washington gave them. Includes historical notes.

IMG_1054

1796年の4月に、幼いシャーロッテ・スチュアートがジョージ・ワシントンに宛てた一連の手紙。シャーロッテの父親はジョージ・ワシントンの肖像画を描いていて、その為にジョージ・ワシントンが彼女の家を度々訪れたが、弟達の手に余る行動をジョージ・ワシントンから貰った本に書いてあるように良くする努力を報告する手紙で、子どもらしく実に微笑ましい。肖像画の史実の解説も記載されている。