Baya, Baya, Lulla-by-a

By Megan McDonald, Illustrated by Vera Rosenberry (A Richard Jackson Book – 2003)The baya bird of India weaves its nest of grasses and flowers. In this dramatic yet lulling lullaby of a book, such a bird also save a baby girl’s life. Melodious words and artful pictures interwise to cast a spell, as luminous as the nest the baya bird builds and encrustes with fireflies, as powerful as the love one Indian mother feels for her little girl. >>> Glossary of Hindi words and note about baya bird found on the last page.

IMG_0415

インドのバヤ鳥は、草や花で巣を編む。そしてこの本では、その鳥が赤ちゃんの命も救った。流れるような言葉と伝統的な絵で、バヤ鳥の巣の輝きと母親の強い愛が伝わってくる。>>>巻末にヒンズー語用語集とバヤ鳥の解説がある。

Silent Music : A Story of Baghdad

By James Rumford (Roaring Brook Press – 2008)

Ali lives in Baghdad, a dangerous place undergoing difficult times. He loves soccer and loud music, but most of all he loves practicing calligraphy, the ancient art of drawing letters. He is inspired by Yakut, the master calligrapher who lived in Baghdad some 800 years ago, also in a time of war.

IMG_9189

Ali は、戦火の激しくなるバグダッドに住んでいた。彼は、サッカーが好きで、大音響の音楽が好きで、そして何よりも芸術的で伝統的な文字を書く練習が好きであった。Ali は、800年も前にアラビア文字の美しさを完成した有名な書道家であるYakutを崇拝していた。Yakut は、モンゴル族がバグダッドを攻めてきた時、塔に一人こもって平常心を保つ為に文字を書き続けた。Ali も、戦火の激しい夜の闇の中で、平和を祈った文字を書き平常心を保つようにした。

Stepping Stones: A Refugee Family’s Journey

By Margriet Ruurs, Artwork by Nizar Ali Badr (Orca Book Publishers – 2016)

This unique picture book, as a dual-language ( English and Arabic) edition, was inspired by the stone artwork of Syrian artist Nizar Ali Badr, discovered by Canadian children’s writer Margriet Ruurs. The story is that Rama and her family who are forced to flee their once-peaceful village to escape the ravages of the civil war raging ever close to their home.

IMG_9190

ユニークなこの絵本は、英語とアラビア語で書かれ、イメージは小石で作られた作品を使用している。この小石の芸術はシリアの芸術家Nizar Ali Badr の作品であり、彼の作品に感銘を受けたカナダの児童作家であるMargriet Ruursが、彼を探し出して、この児童本が制作された。この本の話は、平和に暮らしていた村の生活に戦争が迫ってきた為に、村を離れてはるか遠くの地へと移っていったラマと彼女の家族が主人公。副題の通り、シリア難民家族の平和を求めての逃避物語である。

Two Parrots       

By Rashin, Inspired by Tale from Rumi who was a thirteenth-century Persian Poet. (NorthSouth Books, Inc. – 2014) In Persia, there was a wealthy merchant who traveled the world for his business. On one of his journeys to India, he received a beautiful parrot as a gift from a friend. The merchant loved the bird and fed the best food as keeping the parrot in a shiny golden cage. But, the parrot was sad, and asked the merchant to pass his message to his friend parrot in India while the merchant traveling there. It’s a story about communication of two parrots, and also life lesson for human being.

IMG_1626

ペルシャの街に、世界中を商用で旅している金持ちの商人がいた。インドに旅した時、友人から美しいオウムをプレゼントされた。その商人はオウムを大事にして、豪華な食事を与え、煌く黄金の鳥かごで飼っていた。しかし、オウムは悲しそうであった。商人がインドへ旅に出かける時、オウムはインドにいる友人のオウムへの伝言を商人に頼んだ。これは二羽のオウムのコミュニケーションの話であり、かつ人間への人生教訓の話でもある。

A Taste of Freedom: Gandhi and the Great Salt March

By Elizabeth Cody Kimmel, Illustrated by Giuliano Ferri (Bloomsbury – 2014)               An old man in India recalls how, when he was a young boy, he got his first taste of freedom as he and his brother joined the great Mahatoma Gandhi on a march to the sea to make salt in defiance of British law. The Great Salt March in 1930 was the first step for long journey until the official independence of India on August 15, 1947. At the end of book, included “Afterword” about historical information of Gandhi and his freedom movement.

IMG_2541

インドに住む老人が、彼の若い頃にマハトマ・ガンジーの”偉大なる塩の行進”に、兄と一緒に参加し、イギリスの法に反して自分達の塩を得るために、遠距離の海まで行進したことを思い出し語っている。この1930年の行進は、1947年8月15日に正式にインドが独立を宣言するまでの長い道のりの第一歩であった。巻末には、ガンジーの自由得るための運動の歴史的な情報が記載されている。

The Olive Tree

By Elsa Marston, Illustrated by Claire Ewart (Wisdom Tales – 2014)                    Sameer’s neighbors left when war came to Lebanon, but now they have returned and insted of finding a friend to play with, Sameer meets an unfriendly girl, Muna. She confronts him about taking olive that fall from her family’s tree to his side of the wall. And then, one night lightning struck the Olive tree, and everything changed.

IMG_1326

Sameerの隣人は、レバノンで戦争が起こってから家を離れていたが、ひさびさに戻ってきた。彼は一緒に遊べれる男の子がいることを期待したが、燐人家族にいたのは、あいそのないMunaと言う女の子であった。彼女は、Sameerの家の庭に落ちたオリーブの実を拾うとそのオリーブの実は彼女の家族のオリーブの木のものであると主張した。ところがある夜、落雷によってオリーブの木が倒れてしまった。SameerとMunaの間にも、心の変化が起こり始めた。

Golden Domes and Silver Lanterns : A Muslim Book of Colors

By Hena Khan, Illustrated by Mehrdokht Amini  (Chronicle Books LLC. ~ in 2012)              The same author of “Night of the Moon: A Muslim Holiday Story”. With breathtaking illustration and informative text, this book captures the world of Islam, celebrating its beauty and traditions for even the youngest readers.

2014-04-30 07.50.33

Night of the Moon : A Muslim Holiday Storyと同じ作者である。イスラム圏の色の話と副題にあるように、見開きページ毎に、特定の色に関するイスラム圏の文化を紹介している。英文は短く解り易いし、イラストも大らかで暖か味があり、大変に親しみやすい。巻末には語彙の説明リストがあり、幼い子どもでもイスラム文化に親しむのに役立つ絵本である。

Night of the Moon : A Muslim Holiday Story         

By Hena Khan, Illustrated by Julie Paschkis(Chronicle Books LLC. ~ in 2008)   Yasmeen, a seven-years-old Pakistani-American girl, celebrates the Muslim holidays of Ramadan, ” The Night of the Moon”, and Eid. With lush illustrations that evoke Islamic art, this beautiful story offers a window into modern Muslim culture and into the ancient roots from within its traditions have grown.

2014-04-30 07.50.52

息子2人の母親であるパキスタン系米国人である作者が、身近な人々の為にイスラムの祝日を書いたのが始まりであった。以来多くの読者を得て、とりわけ子ども向けの話を書くのが好きな作者である。イスラム圏の伝統的な祝日の季節を、夜の月の満ち欠けを通して語っている。イラストレーターもイスラム圏のタイルの柄から影響を得たデザインを見事に子ども向けに再現しているので、目にも楽しい絵本である。

The Happiest Tree : A Yoga Story

By Uma Krishnaswami, Illustrated by Ruth Jeyaveeran                                      (Lee & Low Books Inc. ~ in 2005 )                                                                           Meena, an American girl of Indian descent, always stumbles, trips and knocks things over, causing herself terrible humiliation. Meena needs to participate school-class play, but she is afraid for embarrassing herself in front of a big audience. Foutunatelly Meena finds a Yoga class for children, and she joins it  to learns to breathe deeply and move more carefully. And then Meena successfully takes her part of the school play without any trouble.

2013-08-08 12.45.40

アメリカに住んでいるインド人のメーナが、学校の演劇に参加することになった。しかし、メーナは落ち着きのない子で、いつも失敗をしていた。劇の練習をしていても、身体が勝手に動いてしまう。インド食品のお店に行った時、ヨガのクラスを見つけて、メーナも参加することにした。ヨガを練習するうちに、メーナの身体の動きも変わってきた。本番で失敗しそうな時も、ヨガを思い出して、堂々と行動が出来た。正にヨガの、子ども向け解説絵本でもある。

Mama’s Saris

By Pooja Makhijani, Illustrated by Eleomez (Little, Brown and Company~ in 2007)  Every girl world widely experiences to get some impression of her mother’s dressing up in traditional way. A seven-years-old Indian descent girl finds her mother’s suitcase full of gorgeous silk, cotton and embroidered saris. Her mother wears a sari only for special events, while her grandmother dresses in one everyday. The girl is fascinated with beautiful traditional outfits, and her mother decides to dress up her daughter with a sari for celebrating her seventh birthday.                                                                              >On the last page, a glossary of the Hindi words is provided.

9-3-10 Las Vegas 008

娘が母親のおしゃれな衣装に憧れるのは、万国共通のようだ。インド人の少女が、母親のサリーを着ることをねだる母と娘の対話に、ほのぼのとした愛情が語られている。 サリーの見事な色合いを楽しませてくれるイラストも、素晴らしい。絵本の始めには、言葉の解説もあり、民族文化伝承のみならず異文化理解にも楽しみながら導いてくれる。英文も内容も解りやすいので、小学校低学年から親しめる。