Strega Nona Takes a Vacation

By Tomie dePaola (G.P.Putnam’s Sons – 2005)                                                               It has been a log time since Strega Nona had a vacation. Then one night Strega Nona dreams she’s at her Grandma Concetta’s little house by the seashore. And all the next day she hears Grandma Concetta’s voice saying, “Vieni, Nonalima, come.” Nona decides that she will take a vacation there. While she is away, her big daughter and son can be left alone for just one week….what could possibly go wrong?
>>>Other books of Tomie dePaola: Angeles, Angels Everywhere, Nana Upstairs & Nana Downstairs, The Legend of the Bluebonnet.

IMG_1174

魔女のノラは暫くバケーションをとったことが無かった。そしてある夜ノラは、海辺の小さなお祖母さんの家に居る夢を見た。そして翌日は、お祖母さんの声が耳から離れなかった。「ノラ、いらっしゃい、ここへおいで」(時々イタリア語が挿入されている)と。魔女のノラは、今は亡きお祖母さんの海辺の小さな家でバケーショーンをとることに決心した。魔女のノラが留守の一週間、家に残った大きな娘と息子が、何事も起こさなければ良いのだが、、、、。
>>>Tomie dePaola の他の作品は: Angeles, Angels Everywhere, Nana Upstairs & Nana Downstairs, The Legend of the Bluebonnet.

Nana Upstairs & Nana Downstairs

By Tomie dePaola (G.P.Putnam’s Sons – 1973, 1998)                                               Every Sunday, Tommy runs into the house, say hello to his grandmother, Nana Downstaire, in the Kitchen, then runs up the back stairs to his great-grandmother, Nana Upstairs, in her bedroom. But one day Tommy’s mother tells him Nana Upstairs won’t be there anymore, and Tommy must struggle with saying good-buy to his beloved one.
>>>Tis is the first book of many picture books in which artist/author Tomie dePaola draw on his own childhood experiences. He was born in Meriden, Connecticut, in 1934, to a family of Irish and Italian background, and this story is about his Irish side of the family.    Other books of  Tomie dePaola : Angeles, Angels Everywhere, Strega Nona takes vacation, The Legend of the Bluebonnet.

IMG_1175

日曜日になるとトミーは必ず祖父母の家を訪ねた。祖母である一階のナニに挨拶するや否や後ろの階段から二階に上がり、曾祖母である二階のナニの部屋に急いだ。しかしある日、トミーは母親から二階のナニがもう彼女の部屋にはいない事を告げられ、愛する人との悲しい別れを体験することになった。
>>>数多くの児童絵本を制作したトミエ デパオラが、自分の幼児期を描いた最初の作品。彼は1934年にコネチカット州メリデンに生まれアイルランドとイタリアの血統がある。この物語は彼のアイルランド人の家族との絆である。 Tomie dePaola の他の作品は: Angeles, Angels Everywhere, Strega Nona takes vacation, The Legend of the Bluebonnet.

Let’s Eat!

By Ana Zamorano, Illustrated by Julie Vivas (Scholastic Press – 1996)                      Every day, Antonio’s Mama cooks a marvelous meal for the entire family. As the days of the week go by, though, someone or another can’t make it to the table. But one the seventh day, it is Mama who can’t make it, for she is about to bring home the newest family member of them all. >>> From best-selling picture book artist Julie Vivas and her daughter, Ana Zamorano, comes a warm family story celebrating family, food, and love. The glossary of Spanish words is at the last page.

IMG_6631

アントニオの母親は、毎日素晴らしい料理を家族のために作ってくれた。しかし、毎日誰かしら一人はテーブルに一緒に座れなかった。7日目には、とうとう母親が抜けてしまった。それと言うのも、新しい家族が生まれる為に、母親は病院に行ったのだ。>>>素晴らしい絵本のイラストを数多く作品化したイラストレーターと彼女の娘が書いた、母娘コンビの作品で、家族の愛と料理から溢れ出る家族愛が立ち込める。巻末にはスペイン語単語の説明あり。

The Flying Bed

By Nancy Willard, Illustrated by John Thompson (The Blue Sky Press – 2007)               A poor baker in Florence, Italy, is looking for a bed for his wife, and he finds a beautiful bed for free in a strange new shop.The bed has magical powers, and in that night the couple flies across the heaven to meet a master baker. Vivid illustrations and fantastic story tell about the true riches of love and loyalty.

IMG_6633

イタリアのフィレンツェに住む貧しいパン屋が妻のためにベットを捜し、不思議なお店で見事なベットを無料で手に入れた。そのベットには不思議な力があり、その夜夫婦はパン職人の師匠に会うためにベットで空を飛んでいった。生き生きとしたイラストと幻想的な物語は、本物の愛の豊かさと誠実さを語ってくれる。

Willy & Max: A Holocaust Story

By Amy Littlesugar, Illustrated by William Low (Philomel Books – 2006)In Antwerp, Belgium, Willy’s papa put a painting in his shop window. A man came with a young boy and he bought the painting named The Lady. The young boy named Max met Willy, and they were happy to have found each other. But Max lived in the Jewish quarter-in a very dangerous time for the Jews. Willy and Max promised friends forever even through the Nazis came to the town. The two boys separated by circumstance, but held together through generations by one simple painting-and unbreakable spirit of their extraordinary friendship.

IMG_2542

ベルギーのアントワープで、Willyの父親は店の窓に絵画を展示した。その絵The Ladyを買いに父親とやって来た少年Maxは、Willyに会うと直ぐに大変仲良くなった。しかしMaxはユダヤ人居住区に住んでいて、当時はユダヤ人が災難にあっている時代であった。やがて彼等の町にナチスがやって来たが、二人の少年達は永遠の友情を誓い合った。その後離れ離れとなった二人だが、世代を経てもつなぎあった絵画と二人の変わらぬ友情のお陰で、二人の絆は生きていた。

Who stole Mona Lisa?

By Ruthie Knapp, Illustrated by Jill McElmurry (Bloomsbury-2010)                              Tells the story of the famous Leonardo da Vinci protrait known as the Mona Lisa, including its 1911 theft from the Louvre in Paris, from the point of view of the subject of the painting. On the last page, includes an author’s note with facts about the painting.

IMG_2531

レオナルド・ダ・ヴィンチの描いたモナリザが、主人公となって語っている絵本。1911年にパリのルーブル美術館から盗まれた事件についても語っている。巻末ではこの絵画についての事実情報を著者が記載しているので興味深い。

Happy Birthday Madame Chapeau

By Andrea Beaty, Illustrated by David Roberts (Abrams Books for young readers – 2014) Madame Chapeau who is the world’s finest hat maker, matches customers to the perfect hat. She lives alone lonely and only on her birthday she ventures out in her favorite bonnet to dinner. But this year, a crow snatches her birthday hat and flies away. Many different people offer her their own hats, but non of them are quite right. Finally a little girl offer her a hat knitted with special love and Madame Chapeau accepts it happily.

IMG_2271

世界一素晴らしい婦人帽子を作るマダム・シャッポーは、お客様に完璧な帽子を仕立て上げた。一人寂しく暮らしていた彼女は、お誕生日の時だけ大好きな帽子を被って食事に出かけた。しかし今年は、カラスが彼女の誕生日に被る帽子をとって、飛び去ってしまった。色々な人達から各自の帽子を彼女に差し出されたが、どれも断った。一人の少女が愛を込めて編み上げた帽子を彼女に差し出すと、とうとうマダム・シャッポーはそれを受け取った。伝統的な帽子と手編みの帽子の比較が、たのしく暖かく描かれている。

Pizza for the Queen

By Nancy Castaldo, Illustrated by Melisande Potter (Holiday House Book – 2005) Raffaele makes the best pizza in all of Napoli, and even Queen Margherita wants to taste it. When a messenger from the palace orders a pizza for the queen on June 11, 1889, he collects all finest ingredients for the Queen, but as same as what the Napoli people love to eat. He plans to make 3 different pizzas, however a cat eats the anchovies for the 3rd pizza. Raffaele almost gives up the 3rd pizza, but the color of the Italian flag inspires him to create the Pizza Margherita in spite of missing anchovies. Pizza history and recipe are found on the last pages.

IMG_2767

ラファエレはナポリで一番美味しいピザを作っていたが、王妃マルゲリータも味見をしたくなった。1889年の6月11日に王宮からの使いがやって来て、ラファエレは王女用にピザの注文を受けた。女王の為に最高の材料を集め、しかもナポリの人々に愛されているピザを作ることにした。三種類のピザを作る材料が集ったが、最後のピザを作る時材料のアンチョビを猫に食べられていることに気ずいた。ラファエレが三番目のピザ作りを諦めかけた時、イタリア国旗の三色がラファエレの目に入り、新しいピザを作るアイデアが浮かんだ。こうして、アンチョビ無しにもかかわらず、ピザ・マルゲリータが誕生したのである。ピザの歴史とマルゲリータの作り方が巻末にある。

Pizza in Pienza                         

By Susan Fillion  (David R. Godine Publisher ~ in 2013)                                                An Italian girl, who lives in Pienza and whose favorite food is Pizza, tells us the essential history of Pizza. Text is written in English and Italian, and the more details of Pizza history is found in the last pages. Easily imagine how much the author/illustrator loves Italian Culture, after her one year living experience in Italy.

IMG_7291

イタリアのピエンザに住むピザを食べるのが大好きな少女が、自分の日常生活とピザの歴史をページ毎に語っている、英語とイタリア語で書かれた絵本。短文の英語とイタリア語の比較は、そのまま両言語の勉強にも役立つ。巻末にはイタリア語やピザの歴史が詳しく解説され、イタリアで一年間生活体験のある制作者の、イタリア文化への愛着がしっかりと伝わってくる。

Belinda in Paris

By Amy Young (Viking, Penguin Group ~ in 2005)                                                Belinda has arrived in Paris to perform, but her ballet shoes went to Pago Pago. To add to her problem, she has very big feet. As she and a young dance, Gabrielle, race through the streets of the city looking for a replacement pair, help comes from some unexpected places.

IMG_9619

バレリーナのベリンダが、パリで公演をすることになったが、大事件が持ち上がった。パリにもって来たベリンダの特大の特別のバレーシューズが、航空会社の手落ちでパゴパゴ(南太平洋)へ行ってしまった。その夜の公演までに、そのバレーシューズは届きそうもなかった。そこでバレーシューズを作る為にパリを走り回るのだが、、、、多民族社会のパリの様子とパリの伝統文化の中での葛藤が交差しながらも、何とか無事に公演を終える微笑ましいエピソード。作者がパリ滞在を満喫した後に制作されたこの絵本には、パリのエスプリが子ども向けにも溢れている。