Voices are not for Yelling

By Elizabeth Verdick, Illustrated by Marieka Heinlen (Free Spirit Publishing – 2015)

As every grown-up knows, yelling comes naturally to children. This friendly, encouraging book introduces and reinforces where and when to use an “indoor voice” or an “outdoor voice”. Simple words and vivid illustrations show the places and times for an indoor voice, the way people ask us to speak more quietly and situations when yelling might occur. >>> On the last pages, found a special section for adults offers activities and discussion starters, This book is one of “Free Spirits’s award-winning Best Behaviors” series. ”Words are not for Hurting” is also in the series.

大人が良く知っているように、子ども達はつい大声を張り上げてしまう。この絵本は”屋内の声”と”屋外の声”をいつどこで使うのかを解説し、教えてくれる。子ども達に解かり易い言葉と、明るいイラストが”屋内の声”を使う具体例を示し、大声が起こりそうな時や静かに話してほしい時の振舞い方を紹介している。>>>巻末には大人向けに、この絵本のテーマに関する練習や話し合いを進めるための指導書がついている。この絵本はF.S.出版社が受賞した”最良の行動を促すシリーズ本”の一冊。他の作品にWords are not for Hurtingもある。

My Heart is a Compass

By Deborah Marcero ( Little, Brown and Company – 2018 )

Rose’s heart is set on discovering something completely new. She just doesn’t know where to find it….So Rose sets off on a wondrous journey, bounding from one spectacular world to the next Her guides are a set of maps drawn from her own imagination and her heart’s desire to explore new and exciting worlds.

Roseは、まったく新しい何かを探したかった。しかし、それが何であるかは解らない、、、そこでRoseは、次々と心ときめくような世界への素晴らしい旅を思いついた。旅の案内役は、彼女の想像から描かれた地図であり、心のままに新しい冒険や素晴らしい世界を描いてゆく地図であった。

Are your stars like my stars?

By Leslie Helakoski, Illustrated by Heidi Woodward Sheffield (Sterling Children’s Books – 2020)

Picture the wonderful colors you see every day and imagine how others experience them. No matter where you live, all children gaze at a blue sky, bask in the warmth of a golden sun, dig in rich brown dirt, and stare at white glowing stars. But do you think all of us, everywhere, share the very same colors of the world? This gentle, poetic read-aloud book encourages young children to consider how color is experienced all over the world.

毎日の生活の中で見る色は他の人達はどのように見えるのかな。何処に住んでいようとも、どの子も青空を見るし、黄金色の太陽の光を浴びているし、茶色の土を掘るし、白く輝く星に見入っている。でも、私たちみんなが、世界中のどこでも、まったく同じ色を共有していると思う?この優しく、詩のように声を出して読みたくなる絵本は、幼い子ども達に世界に存在する多様なる色彩を紹介しながらも、異なる人々をつなげている。

The girl who heard Colors

By Marie Harris, Illustrated by Vanessa Brantley-Newton (Nancy Paulsen Books – 2013)

What color is a dog’s bark? The ring of a school bell? Or the pattern of falling rain? Just ask Jullian, because for every sound she hears, she sees a color! This eye-opening picture book introduces readers to their five senses and to something called synesthesia-in which one sense triggers a perception, usually color. And for others, even numbers and letters have colors. This book makes synesthesia easy to understand and celebrate each person’s own way of seeing the world.

犬の鳴き声は何色?学校のベルの色は?そして、雨の音の色は? Jullianが言う様に、彼女は聞く音すべてに色が見えてしまう。知覚の意外な事実を教えてくれるこの絵本は、シナスタジア(共感覚)と呼ばれる特別な認識が他の感覚よりも強くなる(多くの場合は色の認識)ことを紹介している。人によっては、数字や文字に色がついて見える人もいる。シナスタジアの人達への理解を深め、目に見えるものの見方も人によって異なり、そんな多様性を祝福するのに役立つ絵本である。

nothing in common

By Kate Hoefler, Illustrated by Corinna Luyken (Houghton Mifflin Harcourt – 2020)

Two neighbors assume they have nothing in common until the same bright part of their day is gone: watching the love between an old man and his dog. Where would a missing dog be? They have the same ideas, but other than that, they have nothing in common. Or do they? With lyrical text and poetic illustration, the book explore how tow notices follow their heart, only begin to notice something new-each other- and how connection can sometimes float over us and land in extraordinary ways.

二人の隣人は、老人と愛犬が交わす愛情を眺める楽しみが無くなってしまうまで、まったく繋がりはなかった。迷子の彼の犬はどこにいるのか?二人とも同じ思いを巡らしたが、それ以外何も繋がりはなかった。ほんとうに、そうだろうか?抒情的な言葉と詩を描くようなイラストで、この絵本は何か新しいことに気ずいた時に始まる互いの心の探検に導いてくれる。そして互いに繋がるのも、時々予期せぬ方法でやってくることを教えてくれる。

A world of Pausabilities : An exercise in Mindfulness

By Frank J. Sileo, PhD, Illustrated by Jennifer Zivoin ( Magination Press ~ 2017 )

Everyone has the capacity to be mindful, including (Especially!) children. A world of Pausabilities is a gentle reminder to stop, take a break, and notice details even as we go about our busy days. Sometimes the simplest moments are the most important ones – if we don’t let them pass us by! Follow a neighborhood on a summer day as children and adults alike apply mindfulness to simple, everyday moments.

誰もがマインドフルネスの許容には限度がある。とりわけ子ども達には。この絵本 (ポーズをとることが出来る生活)は、日常の忙しい動きを止めて深呼吸をする大切さを知らせてくれる。時には、シンプルな時間が最も大切な一時であることもある。それを見逃さなければ!夏の一日を大人と子どもと共に、近所での日常を追いながら、心満たされる一瞬一瞬を描いている。

E.T. : The Extra-Terrestrial

The film written by Melissa Mathison, The film directed by Steven Spielberg, The book illustrated by Kim Smith (Quirk Books – 2017)

Ten-years-old Elliott was looking for a friend. He found one from outer space! The well-known and beloved classic movie is now an illustrated storybook for the whole family-complete with flying bicycles, snooping scientists, and friendship that will warm your heart.

10歳のElliottは、友達が欲しかった。そして見つけたのは、なんと、宇宙の彼方からやって来たE.T.(地球外生物)であった!あの有名で皆から愛されている映画が、絵本となって登場した。映画の中の忘れられないシーンである、空飛ぶ自転車、科学者たちの追跡、そして心温まる友情が絵本の中でも見事に再現され、家族全員であの感激を再度体験できる。

Yes, I can LISTEN!

By Steve Metzger, Illustrated by Susan Szecsi (Parenting Press – 2019)

In a world filled with distractions, being a good listener has become more important than ever! This essential life skill helps children achieve success at school, follow safety rules, and show others that they care. The playful rhymes in “Yes, I can listen!” encourage children to appreciate the rewards of attentive listening in a wide range of familiar situations. >>> Includes suggestion for parents who wish to explore fun activities that enhance listening skills with their children. Steve Metzger’s other book is “The way I act.“.

気を散らさせられる多くの情報や出来事がある今日では、真剣に耳を傾けて聞くことは、今までなく重要になっている。人間のもつ聞く能力は、学校生活や身の安全のため、そして他者との人間関係構築のためにも欠かせない。「はい、ちゃんと聞きます。」と繰り返すリズミカルな言葉は、日常生活の中での様々なケースで役立つので、子ども達に使う喜びをもたらしてくれる。>>>親向けに、子ども達の聞く能力をさらに伸ばすための楽しい提案も掲載されている。同じ作者の作品に”The way I act.”もある。

Rescue & Jessica : A life-changing friendship

By Jessica Kensky and Patrick Downes, Illustrated by Scott Magoon (Candlewick Press – 2018)

Rescue thought he’d grow up to be a Seeing Eye dog -it’s the family business, after all. But when he gets the news that he’s better suited to being a service dog, he’s worried that he’s not up to the task. Then he meets Jessica, a girl whose life turned out differently from the way she’d imagined it, too. >>> Jessica Kensky and Patrick Downes were married in 2012, and were injured during the Boston Marathon bombing in 2013.

Rescueは、盲導犬として代々活躍してきたので、自分も盲導犬になると思っていた。ところが、盲導犬よりもサービス犬になった方が良いと知らされた時、そのような仕事が出来るのか不安になった。そして、彼は、Jessicaという女性に使えることになった。彼女も、今まで想像もしなかった困難に立ち向かわなくてはならなかったのだ。>>>二人の著者は、2012年に結婚し、2013年に起こったボストンマラソン爆破事件で共に負傷し義足となった。

Milo : Imagines the world

By Matt de la Peña, Illustrated by Christian Robinson (G. P. Putnam’s Sons – 2021 )

Milo is on a long subway ride. To pass the time, he studies the people around him and draws pictures of how he imagines their lives to be. But what if everyone’s life is different from how Milo first imagines it? From award-winning creators Matt de la Peña and Christian Robinson comes this timely and important picture book about how you can’t really know anyone’s story just by looking at them.>>>Matt de la Peña‘s other books : Last stop on market street, Love.

Miloは長時間地下鉄に乗った。時間が経つにつれ、周囲の人々を観察しては、彼らの生活を勝手に想像して描いた。でも、人々の生活がMiloの想像と異なっていたらどうなるのだろう?受賞作品のある制作者達が、時代に応じた大切なこの絵本を制作して、外見からだけの想像ではその人の本当の人生が読めないことを教えてくれる。>>>Matt de la Peñaの他の作品:Last stop on market street, Love.