Mamma Mia!

Directed by Phyllida Lloyd (2008)                                                                              Donna (Meryl Streep), an independent hotelier in the Greek beautiful island, is preparing for her daughter, Sophie’s wedding with the help of old friends. Meanwhile Sophie peeks her mother’s old diary and finds three men’s names and one of them would be possible to be her farther. Sophie secretly invites three men without deep thinking, just with wishing to have her farther to escort her down to the aisle on her big day. Unbelievably, all three men show up on the island just before Sophie’s wedding day. >>>Based on the 1999 musical of the same title and based on the songs of well-known Swedish pop group ABBA. “Mamma Mia” is Italian words to used in situation of surprise and excitement, and was used fot the name of ABBA’s 1975 chart-topper. The following story titled “Mamma Mia! Here We Go Again” will be released in the US on July 2018.

邦題:マンマ マミーア!

ギリシャの美しい島でホテル業を営んでいるシングルマザーのドナ(メリル・ストリーブ)は、昔なじみの友達の助けを得ながら、娘ソフィの結婚式の準備に忙しかった。一方ソフィは、母親の古い日記を盗み見して、自分の父親かもしれない三人の男性の名前を見つけてしまった。そして内緒で、三人の男性を招待した。深く考えずに、ただ父親とバージンロードを歩くことだけを願ってのことだった。何と信じられないことに、結婚式の前日にこの三人の男性が揃って島に現われた。>>>1999年上演されたミュージカルと、世界的に名声を上げたスウェーデンのボップグループ・ABBAの歌を基にした映画。マンマ・ミーアとは驚きや興奮を表す時のイタリア語表現で、1975年にヒットしたABBAの歌のタイトルとしても使われた。この映画の続編物語は、2018年7月に米国ではリリースされる予定。

Made in America

Directed by Richard Benjamin (1993)                                                                             An independent black woman conceives a child with the help of a sperm bank. When her daughter discovers the truth 18 years later and attempts to learn who her anonymous father is, he turns out to be a car dealer who also happens to be white. Hilarious family story with a ton of Love spices. >>>Starring: Whoopi Goldberg, Ted Danson, Will Smith, Nia Long

独立心旺盛な黒人女性が、子どもを産むことにし、精子銀行から精子を購入した。18年後に成長した娘が、自分の出生の事実を知ると、未知なる自分の父親を捜すことを企てた。その結果娘が見つけ出した父親は、自動車販売の仕事をしていて、しかも信じられないことに白人であった。滑稽な家族の物語であるが、愛情のスパイスが一杯つまっている。主演者達>>>: Whoopi Goldberg, Ted Danson, Will Smith, Nia Long

Miss India America

Directed by Ravi Kapoor  (2015)                                                                                     Lily graduated form a high school in Southern California is a girl who wants to plan everything and to achieve it as being planned. Since her boyfriend breaks their future plan, Lily gets another plan to become the new Miss India National. Lily starts to train herself to compete for Miss India America title. >>>It’s not a Bollywood film, but made in USA by filmmakers and casts who have inter-cultural backgrounds.

南カリフォルニアの高校を卒業したリリーは、何でも計画を立てて、その通りに実行したい少女である。彼女のボーイフレンドが二人の将来の計画を壊したので、リリーは新たな計画を立てた。それは ミス・インド系アメリカ人の栄冠への挑戦であり、リリーはその挑戦のために自己トレーニングを始めた。>>>ボリウッド映画ではないが、多文化背景のある制作者達や俳優達によって米国で制作された映画。

The Bucket List

Directed by Rob Reiner (2007)                                                                                    Story about two different men who shared a room at the hospital, and then shared the rest of their lives together.

邦題 : 最高の人生の見つけ方

全く異なる人生を歩んできた2人の初老の男性が、入院中に同室となり、同じように余命6ヵ月の宣告を受けた。そして、生きている内にやりたいことのリストを作り、2人で実行に移してゆくうちに互いに大事なものを見つけ出す。癌に病みながら深刻になりがちなテーマを、面白おかしく着色してある。4度も結婚歴のある白人大富豪家をJack Nicholsonが、45年間も家族の為に仕事一筋に働いてきた黒人自動車修理工をMorgan Freemanが、夫々の俳優の個性をそのまま発揮したごとくに見事に演じている。男性の視点からの人生観にも色々あるが、異なるカルチャー(生き方、考え方)超えた、ほのぼのとした暖かさを伝えてくれる。

Last Holiday

Directed by Wayne Wang (2006)                                                                                 New Orleans cookware salesclerk Georgia (Queen Latifah)  is a reserved ordinal woman in a small community, but with her big dream.  One day, she hits her head in the job site. After having examines, her doctor informs her that she has less than a month to live.  So Georgia jets off on her dream vacation to live life like there’s no tomorrow. Georgia shakes up a glamorous European resort spa while enthusiastically embracing a new look, new moves, and a new attitude.

ルイジアナの黒人コミュニティーに住んでいる 女性が、勤務先のデパートで頭をドアにぶつける事故にあった。そして検査の途中で、余命少ないことを宣告された。控えめな性格の彼女は、一人で色々な夢を暖めていたが、命のある内に実行しようと仕事を辞めて行動に移った。ヨーロッパの高級リゾート地にあるホテルに泊まり、有名シェフの料理を満喫。そして彼女の手に届かなかった世界に入り込みながら、人々に生きる価値を悟らしてゆく。たくましくもエレガントに変身してゆく女性をQueen Latifahが熱演している。笑いと共に感動を与えてくれる。

Lost in Translation        

Directed by Sofia Coppola(2003)                                                                     Two Americans meet in Tokyo; Bob is a movie star in town to shoot a whiskey commercial and Charlotte is a young woman tagging along with her workaholic photographer husband. Unable to sleep, they cross paths one night in the luxury hotel bar, and they venture through Tokyo together.

結婚生活に疑問を持ち出した中年のハリウッド俳優が、コマーシャル撮影の為東京にやって来た。そして、若い人妻に同じ宿泊ホテルで出会った。カメラマンの若い夫は、妻を言葉の解らぬ国のホテルに残したまま、仕事に夢中になっている。言葉も通じず、文化も解らない、東京の雑踏の中で、孤独を噛みしめている2人は、言葉を交わし一緒に行動するようになる。コメディーでも、軽快にカラカラ笑える映画ではない。異文化圏に置いた自分の不安と、自分の本心を見ようとする心の葛藤は、視点を変えれば滑稽でもあるのだろう。その演出効果を上げる為、英語版では日本語を訳した英語の字幕は一切ない。2004年度のアカデミィー賞の脚本賞を受賞した作品。

2 days in New York

Directed by Julie Delpy(2012)                                                                          Hip talk-radio host and journalist Mingus and his French photographer girlfriend Marion live cozily in New York apartment with their cat and two young children from previous relationships. But when Marion’s family from France visit and stay with them, it initiates two unforgettable days of family mayhem.

邦題:ニューヨーク、恋人たちの2日間                      5年前に制作した、「パリ、恋人たちの2日間」の続編であり、今度の相手は黒人コメディアンでもあるCris Rockが演じている。舞台はニューヨークとなり、パリから彼女の家族がNYに訪ねて来て、ニューヨークのアパートに同居する2日間。Delpy女史は、今回も主演も監督もこなし、他の才能も発揮して、テンポの良い大人のジョークを散りばめた映画に仕上げた。パリの素顔を披露したら、ニューヨークの素顔も披露しなくては、、、、との心意気が感じられる。フランスもアメリカも祖国に持つ彼女自身のカルチャーの深さが、笑いながらも髄所ににじみ出ている作品。このシリーズの2作品を共に鑑賞して異文化比較するのも、興味深い。

2 days in Paris

Directed by Julie Delpy(2007)                                                                              A New York couple, French photographer Marion and American interior designer Jack, attempt to re-infuse their relationship with romance on a European vacation. Their days in Venice did not work out as planned, therefore they have higher hopes for their last 2 days in Paris.                          

邦題:パリ、恋人たちの2日間                          政治的、人種的にもステレオタイプの言葉がちらほらするし、大人の会話が早いテンポで繰り広げられる。ニューヨークに住む米国男性と2年前にNYに移ったフランス人女性のカップルが、ベニスでの休日の後NYに帰る前に、パリに住む彼女の実家のアパートに滞在する2日間。仏語が全くわからない彼に、2ヶ国語の言葉も文化も素早く操る彼女。フランスとアメリカの異文化のギャップが、軽快に描かれているし、現代パリの素顔も充分に堪能できる。監督のJulie Delpyは、パリ生まれで、両親を俳優に持ち、5歳の時から舞台に立ち、15歳でスクリーンデビューし、2001年には米国市民となり、この映画では主演の他に脚本、制作、編集、音楽も手がけた多彩なる才能を発揮した。米仏文化比較も批判も、Delpy女史ならではの出来栄えである。

Woman on Top       

Directed by Fina Torres (2000)                                                                           After finding her husband’s cheating, a heartbroken beautiful Brazilian woman runs away to San Francisco, and she becomes a successful television chef.  In her new life, she is forced to choose between her macho ex-husband, her new fame and her lifelong battle with motion sickness, and her need to always to be on top. >>>>Spanish Actress, Penelope Cruz’s first American film.      

スペイン人の女優、Penelope Cruz(ペネロペ・クルス)が25歳の時の映画で、ブラジル女性を演じている。まるでおとぎ話を語るような物語は、自分で運転する時以外動くものに乗ると気分が悪くなる美しい女性イザベラが主人公。イザベラは、抜群の料理の腕前。ブラジル男性と結婚したが、彼の浮気を知って、一人サンフランシスコへ行き、幸運にもテレビの料理番組に出演することになった。シンデレラ物語のようだが、しっかりと愛を追求した物語。ボサノバのリズムが全編に流れ、揺れ動く女心と男心、そして色彩鮮やかな小道具が軽快に演出されたコメディーは、笑いながら心を軽くしてくれる。

Crying Ladies

Directed by Mark Meily (2003)                                                                                          A Chinese businessman passed away in Manila, Philippine. With respecting his wife’s wish, their Chinese son is prepare for his father’s 5 days long funnel ceremony in their traditional and professional way by hiring crying ladies. Hardly finding crying ladies in Manila, but 3 ladies take this chance to accomplish their own plan each. Three different characters in the dynamic diverse city challenge to perform as crying persons with full sadness for the loss of whoever they never know.

フィリピンのマニラに住む中華系のビジネスマンの息子が、父の葬儀の準備に奮闘する。中国の伝統にのっとって泣き女を雇うように母親から言われた息子は、3人のフィリピン女性を5日間雇った。3人とも私生活では各自問題を抱えているが、マニラの雑踏の中の日常で、明るくたくましく生きている。とりわけシングルマザーで息子との時間が限られているステラは、生活費を捻出する為にはどんなチャンスにも貪欲に勇敢に臨んでいった。フィリピン女優の Sharon Cuneta 演じるステラは、喜怒哀楽豊かで生きるエネルギーが溢れている。大都市マニラに交差する様々なカルチャーを面白おかしく演出しながらも、親子の情をしっかりと伝えてくれる力作である。