The Other Side

By Jacqueline Woodson, Illustrated by E. B. Lewis (G.P. Putnam’s Sons – 2001)   Clover’s mom says it isn’t safe to cross the fence that segregates their African-American side of town from the white side where Anna lives. But the two girls, Clover and Anna,  strike up a friendship, and get around the grown-up’s rules by sitting on top of the fence together.

IMG_1047

黒人少女のクローバーの母親は、人種分離政策で作られた町を分断している柵を越えないように、娘には言っていた。柵の向こうはアナが住んでいる白人居住区であった。しかし、クローバーとアナは柵越しの友情に導かれて、大人達の作った柵に一緒に座るようになった。いつの日かこの柵が無くなることを願いながら。>>>日本語訳本あり。タイトル:「むこうがわのあのこ」

Show Way

By Jacqueline Woodson, Illustrated by Hudon Talbott (G.P. Putnam’s Sons – 2005)Soonie’s family makes SHOW WAY- quilts with secret meanings that are maps to freedom. From slavery to freedom, through segregation, freedom march and the fight for literacy, the tradition they called Show Way has been passed down by the women in Jacqueline Woodson’s family as a way to remember the past and celebrate the possibilities of the future.

IMG_6629

Soonie の家族は Show Way と呼ばれるキルトを縫ってきた。そのキルトには、自由を得るために逃れる地図が、内緒で縫いこまれていた。奴隷制度や人種分離政策を乗り越え、公民権を得るための苦しい歴史の中でも、作者 Jacqueline Woodson の家族の女性の間で、キルトを縫う伝統は代々伝えられた。それは過去を忘れないように、そして未来への可能性を呼び起こしてくれる大切な方法でもあった。

We Shall Overcome: The Story of a Song

By Debbie Levy, Illustrated by Vanessa Brantley-Newton (Disney – 2013)                From the song’s roots in America’s ara of slavery through the civil rights movements of the 1960s to today, “We Shall Overcome’has come to represnt the fight for equaqlity and freedom around the world. This picture book pays tribute to the heroic spirit of the famous song.

IMG_2540

奴隷制度時代に歌われていた歌から発展し、公民権運動時代を経て今日まで、この歌は自由と平等を称える歌として、世界中で親しまれている。この歌に込められた人々の思いをたどる絵本である。

Priscilla and the Hollyhocks

By Anne Broyles, Illustrated by Anna Alter (Charlesbridge – 2008)
Based on a true story from Priscilla early years on a Southern plantatin to her forced march along the Trail of Tears to the chance encounter that leads to her freedom. On her journey from slave to free woman, Priscella carries something precious with her: hollyhock seeds and hope. The instraction of making a Hollyhock Doll is found on the last page.

IMG_2285

実話を基にしている絵本。南部のプランテーションでのプリシラ幼少期から、チェロキー族の主人と共に歩んだ強行軍の行進の途中で、自由の身になるまでのプリシラの人生。奴隷の身から自由な女性となるまでの日々、プリシラが常に大事にしていたものが、タチアオイの種と希望であった。巻末には、タチアオイ人形の作り方が記載されている。

Granddaddy’s Turn: A Journey to the Ballot box

By Michael S. Bandy and Eric Stein, Illustrated by James E. Ransome (Candlewick Press – 2015)
Based on one family’s experience in the civil rights-era South. Michael and his grandfather make a special trip into town for a very important event-Granddaddy is going to vote for the first time! But as Michael soon discover,  there is still a long way to go one the road to justice.

IMG_2286

公民権時代の米国南部におけるある一家の体験を基にした絵本。マイケルは祖父と一緒に特別なことをやりに、町へでかけた。それは祖父が始めて選挙投票をすることであった。しかし、マイケルは直ぐに失望した。本当に公民権を獲得するまでには、まだまだ長い道のりが必要であった。

Rap a Tap Tap: Here’s Bojangles-Think of that!

By Leo & Diane Dillon ( Scholastic – 2002 )                           Bill “Bojangles” Robinson (1878 – 1949) is known as the greatest tap dancer of all time. The book, in toe-tapping verse and joyful paintings, celebrates the spirit and exuberance of a legendary dancer who brings music and happiness to everyone he meets.

IMG_1635

世界的に最も有名なタップダンサーとして知られている Bojangles(1878年~1949年)のエネルギッシュな精神と限りなき喜びを与えてくれることへの祝福を描いた絵本。タップダンスのごとくに軽快な短文と楽しいイラストが、伝説のダンサーからの楽しい音楽と幸福感を再現してくれる。

A Dance Like Starlight: One Ballerina’s Dream

By Kristy Dempsey, Illustrated by Floyd Cooper (Philomel Books – 2014)                  Little ballerinas have big dream. In Harlem in the 1950’s, dreams don’t come true-they take a lot of work and a lot of hope. But the first African-American prima ballerina, Janet Collins, did make her dreams come true. And these dreams inspired ballerinas everywhere, showing them that the color of their skin couldn’t stop them from becoming a star.

IMG_1628

小さなバレリーナ達は、大きな夢を抱く。とりわけ、1950年代のハーレムでは、夢を実現する為に多くの努力と多くの期待が必要であった。それでも、最初の米国黒人プリマバレーリーナとなったジャネット・コリンズは、彼女の夢をかなえて、多くのバレーリーナ達に肌の色以上に実力こそが大切であることを教えてくれた。

These Hands

By Margaret H. Mason, Illustrated by Floyd Cooper                                                     (Houghton Mifflin Books for children – 2010)                                                                With softly brurred illustrations in spia shades and refrain words, an old man tells his story to his grandson how his hands were used for and helped to make his life meaningful. He also tells sad part of his hands in 1950~1960 in America, that black people did not allowed to work as bread dough mixers or bread dough handlers. This is to celebrate how expanded possibility of usage of everyon’s hands.

IMG_1329

セピア色の柔らかなタッチのイラストと繰り返しの言葉で、老人が孫息子に彼の手がどのような働きをしてきたか、人生を豊かにする為にいかに役立ったかを語っている。良いことばかりではなく、1950年~60年の米国における悲しい手の現実も語っている。当時、パンの生地をこねたり、触ったりすることは、黒人には許されなかった。時代が過ぎ、多くの人の手が多くの分野で役立つことを祝福している絵本である。>>>日本語訳あり。タイトル:「おじいちゃんの手」

Goin’ Someplace Special

By Patricia c. Mckissack, Illustrated by Jerry Pinkney                                                  (Atheneum Books for Young Readers – 2001)                                                            ‘Tricia Ann decides to go to Someplace Special by herself as the first time. She gets a permission from her mother. And then she rides a bus as being mature enough to cope with segregation. It is her braved journy without any adult to Someplace Special, but it’s also exciting. Because Someplace Special is her favorite spot in the world. Finally she arrives at Someplace Special, and before entering the door she looks up at the message “Public Library: All are welcome.”                                                         >>>Inspired by the author’s experience in 1950’s Nashvill, Tennessee.

IMG_1333

ある日、トリシャアンは始めて一人で特別な場所へ行く決心をした。母親から許可をもらい、一人でバスに乗った。人種隔離政策(米国において黒人が許可されない場所や体験等を明記した政策)の標識にも冷静に対応するように心がけながら、大人のいない一人での勇気がいる冒険でもあったが、彼女の世界で一番のお気に入りである特別な場所へ行くのは心が躍った。とうとうその場所に着いたとき、ドアを入る前に彼女は上を見上げて書かれている文字を確認した。[公立図書館:誰もを歓迎します。]                                         >>>1950年代のテネシー州ナッシュビルにおける作者の体験を参考にした絵本。

The Case for Loving: The Fight for Interracial Marriage   

By Selina Alko, Illustrated by Sean Qualls and Selina Alko                                        (Arthur A. Levine Books, www.scholastic.com  ~ in 2015)                               Based on the historical event in 1950’s Virginia. Richard and Mildred first met and fell in love. But because of Richard was white and Mildred is Black and Cherokee, they could not get marry under the Virginia law. They moved to Washington DC and eventually had 3 children in there. The family wanted to come back to their home town, so that they started to legal fight until the Supreme Court. Finally Mr. and Mrs. Loving won the case.                                                                                 >>> This significant event inspired the Loving Day to celebrate the diversity of people.

IMG_0503

20世紀の半ば、バージニアの小さな町に住んでいた黒人女性と白人男性が恋に陥った。二人は結婚したかったが、当時のバージニアでは異人種間・異民族間結婚は州法で許されなかった。そこで、二人は隣のワシントンDCで結婚し、大きな都会で生活を始めた。三人の子どもに恵まれたが、二人は故郷に帰りたかった。その願いを実現する為に、米国憲法にバージニア州法がそぐわないと法廷闘争を起こした。この史実は米国では有名な法廷闘争で、最高裁まで戦ったラビング夫妻は勝利を勝ち取った。この史実を、子ども向けに解り易く語り、SelinaとSean夫婦の特徴あるイラストで見事に歴史的な愛情物語を繰り広げている。