I love you like Crazy Cakes

By Rose Lewis, Illustrated by Jane Dyer ( Little, Brown and Company -2000)   Based on the author’s own experience, this heartfelt story follows a woman on her journey to adopt a baby girl from China. From paperwork to plane flight, the narrative chronicles the baby’s trip fom a crib in a big room shared with many other babies to her own crib in her own room in her new home.

IMG_0414

作者の体験に基ずいて制作された絵本で、中国から養女を受け入れた愛情あふれる話。国際養子縁組の申請書類から飛行機で中国へ飛び、幼子を抱いて帰国した女性の母親になった喜びと感動がじっくりと伝わってくる。

Sweet Moon Baby : An Adoption Tale

By Karen Henry Clark, Illustrated by Patrice Barton (Alfred A. Knopf – 2010)               The story of one baby’s journey from her birth parents in Chine, who dream of a better life for their daughter, to her adoptive parents on the other side of the world, who dream of the life they can give her. With gentle and warm tone of text and illustration, this adoption story just likes as a fairy tale.

IMG_9628

中国で生まれた女の赤ちゃんが、彼女のより良い生活を願った両親から離れて旅に出た。そして彼女がたどり着いたのは、遠い国で彼女と共に過ごす日々を願っていた、養子先の両親の元であった。国際養子縁組の話が、まるでお伽噺のように柔らかく暖かく語られている。

How I was adopted

By Joanna Cole, Illustrated by Maxie Chambliss (Morrow Junior Books – 1995)         Sam has a joyful story to tell, a story complerely her own, yet common to million of families-the story of how she was adopted. Sam learns how babies are born and how children grow. This is the story of what makes peoples different and what makes them the same. Most of all, it’s a story about love. And then, Sam’s own story begins.

IMG_9629

Sam には、すてきな話があった。それは彼女だけの物語であり、同時に何百万もの家族とも似ている話でもある-養子としてもらわれた子の話である。Samは、赤ちゃんがどのように生まれるのか教えてもらい、子どもが成長することも学ぶ。この絵本は、一人一人がどのように異なるのか、又どのように同じなのかも語ってくれるが、何よりも愛についての話である。そこから、Samの物語は始まった。

Rice and Beans

By Wiley Blevins, Illustrated by Mattia Cerato (Red Chair Press LLC – 2015)    A young girl addapted from China sees that her hair, eyes and skin color are different from that of her parents. She founds, however, that there’s much more to making a family than sharing red hair and skin the color of vanilla ice cream.

IMG_2238

中国から養子にもらわれてきた女の子は、髪、目、そして肌の色も、両親とは異なった色であった。それでも、その女の子は、赤い髪の毛やバニラアイスクリームのような色の肌を共有していなくても家族になる方法が、他にもたくさんある事を見つけてゆく。

Sisters

By Judith Caseley (Greenwillow Books – 2004)                  Kika has just been adopted from different country, and is worried about her new life. Melissa has a new sister, and is excited to share her life with new sister. Through each new experience, Kika and Melissa discover that sisterhood can be fun, challenging, and somethimes unpredictable, but it is always rewarding.

IMG_2765

キカはよその国から養子に来た少女で、新しい生活に不安が一杯あった。マリッサは、新しい妹を迎えるのにうきうきしていた。キカとマリッサにとっては新しい体験である姉妹関係は、楽しくもあり、挑戦的でもあり、そして予測できないことも起こるものであるが、いつでもかけがえのないものを授けてくれる。

Bringing Asha Home

By Uma Krishnaswami, Illustrated by Jamel Akib (Lee & Low Books Inc. – 2006)          It’s Rakhi, the Hindu holiday special to brothers and sisters, and Arun wishes he had a sister with whom to celebrate. Soon it looks liiks as if his wish will come true. His parents are going to adopt a baby girl named Asha. She is coming all the way from India, where Arun’s father was born. But it takes logger time to have Asha than they expected.

IMG_1380

ヒンドー教の祝日に兄弟姉妹の仲を祝う日がある。アルーンは、その祝いを一緒にする妹が欲しかった。しかも彼の願いは現実になりそうであった。アルーンの両親は、アルーンの父親の祖国であるインドから女の子を養子にすることにしたのだ。しかし、アシャと言うその子がやってくるまでに、想像以上の長い時間が必要であった。

You’re Not My REAL Mother!

By Molly Friedrich, Illustrated by Christy Hale                                                            (Little, Brown Books for Young Readers-2004)                                                      An adoptive mother tells her daughter all the reasons that she is her real mother, even though they do not look alike. The daughter accepts her mother’s heartfelt explanation.   

 8-28-10A. コレクションーラスベガス 010                                                                                                                          

日本では馴染みの薄い異民族養子縁組の母子がテーマだが、同じような疑問は、本当の親子の間でも子どもがもつことがある。「あなたは、私の本当のお母さんではない!」と言われた時の、母親のやさしい対応は、読んでいる子どもも大人も、心が温かくなってゆく。子どもの率直な質問に対して、ごまかしや嘘は通用しない。真心で真実を語る大切さを、この絵本は教えてくれる。

The Red Blanket                 

By Eliza Thomas, Illustrated by Joe Capeda (Scholastic Press ~ in 2004)                Based on the experience of the American Author. In 1994, She went to China to adapt a 5 months old baby. Just before the departure to China, she found a red blanket in Kid’s dress shop and bought it. And the red blanket helped to build the bond between new mother and her daughter on each stage of her child’s growing.

IMG_0018

米国白人女性である著者自身の実話に基ずいた絵本で、1994年に中国に行き生後5ヶ月の幼児を養子として引き取って育てた娘に捧げた作品である。お互いに慣れない母と娘を繋いでくれたのは、中国へ行く前に子ども洋品店で見つけた赤いブランケットであった。娘が成長した今では色あせたブランケットではあるが、今でも娘はそれを大事にしていた。家族の礎を築いてくれたブランケットの話から、家族のぬくもりが溢れ出ている絵本である。

Goyangi Means Cat                

By Christine McDonnell, Illustrated by Steve Johnson & Lou Fancher                    (Viking, a Division of Penguin Young Readers Group ~ in 2011)                              When Soo Min comes from Korea to live with her new American family, she struggles to learn English and adjust to new surroundings. She finds great comfort in the family’s cat, Goyangi, until he runs away. But Soo Min discovers the cat has returned to home. This gentle story reveals that home is truly where the heart is. On each page Korean words appear in the background illustration, and explanations of each words’ meaning  are included.

IMG_9875

国際養子縁組で、韓国から少女を迎えたアメリカ白人夫婦。その少女が新しい家庭で、真っ先に心通わせたのは、その家の猫であった。児童心理を上手に解り易く描きながら、少女の気持ちを表現する為に、東洋的なデザインの紙と西洋的なデザインの紙を貼り付けアクリルや油の絵の具で、独特の雰囲気を表している。ハングル文字も、イラストの一部のごとくに各ページに書かれている。文中でこの絵本で使うハングル語の単語も説明している。

Mommy Far, Mommy Near : An Adoption Story 

By Carol Antoinette Peacock, Illustrated by Shawn Costello Brownell                       (Albert Whitman & Company – 2000)                                                                      Young Elizabeth has 2 mothers, one in China and the other in America. American mother tells Elizabeth how both mothers love her.

IMG_9124

中国で一人っ子政策を実施していた時代、男性が家を継ぐ伝統的な理由から、新生児には男子を望む家庭が多かった。他の理由もそれぞれに存在するだろうが、中国で生まれた女の新生児達の多数が、子どもを欲しがる米国の夫婦の養子となった。そんな時代背景の中から生まれた絵本である。国際養子縁組で米国で育つ少女の揺れ動く思いが見事に語られ、それを受け止める母親の優しさが暖かく、そして力強く伝わってくる。こうして育った20年後の彼女達が、米国国内で又米国から世界に向けて発信しながら、異文化理解の実践者となってくれることを期待したい。