Samira and the Skeletons

By Camilla Kuhn (Eerdmans Books for Young Readers – 2016)                                         When Samira learns about the skeletal system in class, she begins to imagine everyone in school as a walking skeleton. She starts avoiding her class mates, even her best friend, but Samira can’t escape her own skeleton. >>>Camilla Kuhn is a Norwegian children’s book author and illustrator. Her website: www.camillakuhn.no. Originally published this book in Norway in 2014.
IMG_2466                                                                                         Samiraはクラスで骸骨の仕組みを学んだが、その後学校で出会う誰もが骸骨に見えてしまった。クラスメイトを避けるようになり、大事な親友さえも骸骨に見えて、近ずきたくなかった。しかし、自分自身の骸骨から逃れようがなかった。>>>制作者はノルウェイ人であり、この絵本は2014年にノルウェイで初めて出版された。制作者のウエブサイトはこちら