Infinity and Me

By Gabi Swiatkowska, Illustrated by Kate Hosford (Carolrhoda Books – 2012)

Uma can’t help feeling small when she peers up at the night sky. She begins to wonder about infinity. Is infinity a nuber that grows forever? Is it an endless racetrack? Could infinity be in an ice cream cone? Uma soo finds that the ways to think about this big idea may just be…..infinity. And then, Uma captures the personal side of infinity. It’s her Grandma’s love.>>>In the author’s note, she asks readers to find different difinition of your infinity.

IMG_1378

Umaは夜空の星を見上げると、自分の小ささを感じずにはいられなかった。そして、無限・インフィニティーについて考えを巡らし始めた。それは永遠に数える数字かな?終わりのない陸上競争(無限大のマーク)?それともアイスクリームのコーンの中にある?Umaは、終わりのない思考こそがインフィニティーであるのかもと、気ずいた。そして、人間味あふれるインフィニティーを確認できた。それは祖母の愛である。>>>巻末で著者が読者に、様々な定義のインフィニティーを考えるように促している。