A Single Pebble : A Story of the Silk Road

By Bonnie Christensen (Roaring Brook Press – 2013)                                                   On a spring day in ninth-century China, young Mei gives her father a small jade pebble to carry on his journey selling silk along the road. A single pebble follows that piece of jade as it travels from China through central Asia to Europe, from merchants to acrobats to pirates, and finally to a boy who lives near Venice, at the other end of the long road.>>>A note on the Silk Road is at the last page, and the maps of silk road also found inside of front/back cover pages.

IMG_9618 (2)

九世紀の中国である春の日、少女Meiは、絹の布を売りに出かける父親にヒスイの小石を託した。自分の代わりにその小石が、シルクロードと呼ばれる交通網の最果てにいる子に手渡ることを願いながら。一粒のヒスイは、中国から中央アジアを経てヨーロッパへと旅することになり、商人たちや、アクロバット士、海賊らの手から手に渡り、ついにはイタリア・ヴェニスの近郊に住む少年の手に届いたのである。>>>当時のシルクロードの解説も巻末にある。シルクロードの地図も、表と裏表紙の内側に付いている。