Sorry!

By Trudy Ludwing, Illustrated by Maurie J. Manning (Tricycle Press – 2006)                 Charlie is a boy who does stuff he shouldn’t, and after that he just says “Sorry!”. Jack wants to be friend with Charlie, but Jack is not comfortable to follow Charlie’s way. Telling examples of apology in daily fife, this is to make to think about real apology. Details of apology and suggestions are included in the end pages.

IMG_1328

チャリーはやってはいけないことをしては、その後で[ごめん!]と言うだけで済ます男の子である。ジョンは彼と友達になりたかったが、チャーリーのやり方には馴染めなかった。日常生活の中での謝りの例を取り上げながら、本との謝りとは何かを考えさせる。巻末には謝罪に対する意見や提案が掲載されている。