Black History Month

Black History Month” is added to the categories to help with your search.

Children’s Picture Books that provide Inner-Happiness Vitamins .

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Inner-happiness Vitamins by Nobuko T. Moore. (Instagram@nobukotmoore)

Nobuko T. Moore friendly recommends taking your                                                  Inner-happiness Vitamin A ~ E everyday!

Vitamin A  for Appreciation

Have you given thanks to what you already have?

Vitamin B  for Building

Have you improve yourself and others in any way?

Vitamin C  for Compassion

Have you shown kindness to self and others?

Vitamin D  for Diligence

Have you practiced patience toward accomplishing your goals?

Vitamin E for Engagement

Have you paid attention to the present moment without distractions?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Have you taken your Inner-happiness Vitamins today?

The Case for Loving: The Fight for Interracial Marriage   

By Selina Alko, Illustrated by Sean Qualls and Selina Alko                                        (Arthur A. Levine Books, www.scholastic.com  ~ in 2015)                               Based on the historical event in 1950’s Virginia. Richard and Mildred first met and fell in love. But because of Richard was white and Mildred is Black and Cherokee, they could not get marry under the Virginia law. They moved to Washington DC and eventually had 3 children in there. The family wanted to come back to their home town, so that they started to legal fight until the Supreme Court. Finally Mr. and Mrs. Loving won the case.                                                                                 >>> This significant event inspired the Loving Day to celebrate the diversity of people.

IMG_0503

20世紀の半ば、バージニアの小さな町に住んでいた黒人女性と白人男性が恋に陥った。二人は結婚したかったが、当時のバージニアでは異人種間・異民族間結婚は州法で許されなかった。そこで、二人は隣のワシントンDCで結婚し、大きな都会で生活を始めた。三人の子どもに恵まれたが、二人は故郷に帰りたかった。その願いを実現する為に、米国憲法にバージニア州法がそぐわないと法廷闘争を起こした。この史実は米国では有名な法廷闘争で、最高裁まで戦ったラビング夫妻は勝利を勝ち取った。この史実を、子ども向けに解り易く語り、SelinaとSean夫婦の特徴あるイラストで見事に歴史的な愛情物語を繰り広げている。

I’m your peanut butter big brother

By Selina Alko (Alfred A. Knopf ~ in 2009)                                                                     With lyrical text and vibrant energy of the illustration, it shows the excitement of a new baby for an older sibling and to celebrate the genuine love of family. ” Baby brother or sister, will you look like me? I blend from semisweet dark Daddy chocolate bar and strawberry cream Mama’s milk.”  Lovely story of the kids who has multiracial parents.

IMG_0502

制作者Selinaの実体験から生まれた絵本。母親のお腹の中で成長する赤ちゃんを、男の子はワクワクしながら待っている。妹なのか弟なのか、どんな外見なのかと想像が膨らんでゆく。ダークチョコレート色の父親と、ストロベリークリームのミルク色の母親の赤ちゃんだから、様々な可能性が思い浮かぶ。異民族間結婚家庭の日常から、愛情が一杯溢れ出ていて、ページをめくるのが楽しくなる。部分的に貼り絵を使った独特のイラストにも、制作者の優しさが溢れている。

Two Friends

By Dean Robbins, Illustrated by Sean Qualls and Selina Alko                                  (Orchard Books ~ in 2016)                                                                             Inspired by Susan B. Anthony and Frederick Douglas who are civil rights heroes in 19th century America. Susan works for women’s rights and Frederick, ex-slave, works for Black American’s rights. One snowing cold day in Rochester, NY, Susan invites Frederick for having tea in her house. That is the imaginary starting for over 40 years their relationship to support each other.

IMG_0505

米国の19世紀半ばの歴史上実在人物二人の出会いを、子どもにも解り易く語っている。一人は女性人権を訴えたSusan B. Anthony ともう一人は黒人の人権を訴えたFederick Douglassである。雪の降る日にニューヨークのロチェスターのSusanの家を訪れた元奴隷だったFrederickは、静かに二人でお茶を飲む。この出会いは史実ではなく、作者のイメージを膨らませて米国の人権問題を訴えた先駆者の二人の友情として見事に描いている。暖か味のある明るい色彩のイラストは、Sean と Selina 夫婦の見事な作品である。

The Hello, Goodbye Window         

By Norton Juster, Illustrated by Chris Raschka                                                              (Michael Di Capua Books, Hyperion Books for children ~ in 2005)                              The kitchen window at Nanna and Poppy’s house is a magic gate way for a little girl. Everything important happens near it, through it, or beyond it. The special relationship between grandparents and grandchild is expressed by a  joyful fusion          of text with heartwarming illustrations.

IMG_0459

祖父母が住んでいる家のキッチンの窓は、主人公の少女にとって特別な窓であった。家の外からは、祖父母の様子を伺う窓であり、家の中からは外の世界を見る窓であった。そして夜になると、鏡のごとくに自分達を写した。何気ない窓を通して、祖父母とのふれあいと愛が溢れ出てくる素晴らしい絵本。最後のページでその素晴らしさが、どっとこみ上がる。イラストレーターはYo! Yes!の絵本を制作したChirs Reschkaであり、この絵本でも彼独特の温かみのあるイラストが各ページで楽しめれる。

Ella 

By Mallory Kasdan, Illustrated by Marcos Chin (Viking ~ in  2015)                                Ella, six years old, lives at the Local Hotel in Brooklyn, multicultural and multiracial community. She has a nanny called Manny. He has tattoos for sleeves and he might go in with some guys to buy a grilled cheese truck. Presenting Ella’s daily life in Brooklyn with modern language, expression and words. Why Ella is alone in a hotel? Because her mother is a famous actress and too busy with her celebrity life. Ella is missing her mom in the deep of her mind.

IMG_0458

ホテル住まいの6歳のEllaの日常を紹介しているが、有名女優の母親が為に一緒にいられない寂しさが随所に現われ、多彩なる人種が織り成す都会の風景の中で一人暮らす少女Ella。特殊な背景と状況から、この絵本はむしろ大人向けに制作されたようだ。使われる単語や表現は、都会の大人のカルチャーが多分に影響している。‘ローカルホテルに暮らす小さな女の子のおませな独り言’と言った副題も付いてはいるが、児童心理をビジュアル化して大人達に警鐘を継げているようにも読み取れる。著者もイラストレーターもニューヨークの多民族社会であるブルックリンに住んでいる。

Cousin IRV from Mars

By Bruce Eric Kaplan (Simon & Schuster Books for Young Readers ~ in 2013)       Teddy isn’t excited about Cousin Irv’s visit.  Cousin Irv is too weird. He steals Teddy’s pillow, eat Teddy’s foods and even plays with Teddy’s action figures. But at school, everyone loves Cousin Irv. Not only from a different planet, he can vaporize things! Maybe cousins from Mars aren’t so bad after all……With simple text and few colored images, but telling about an open mind to accepting the differences.

IMG_0457

この絵本では、火星からやって来た従兄弟を描いている。突然やって来た従兄弟のIRVは、火星人の為か、風変わりな言動が見られたが、迷惑ながらもテディーは自分の部屋をこの従兄弟とシェアする。学校に来たこの従兄弟は、教室の総べてのものを蒸発させるので、皆はテディーの友達になりたがった。そしてテディーは、火星から来た従兄弟が好きになった、、、と言った具合に話は進むが、異なるカルチャーを受けいれる子ども達の健康的な好奇心は、相手が誰であっても変わらないようだ。簡素化された少ない色合いの墨絵のようなイラストは、読み手のイメージを膨らませる余白をのこしているようでもある。

Now I’m Big!

By Karen Katz (Margaret K. McElderry Books ~ in 2013)                                              The author has published more than 45 children’s picture books with the image of diversity kids, and she has adapted children from different country. In this book, she shows the awesome aspects of getting big. Big kids can do all sorts of things babies cannot; zip their own zippers, drink from a cup, read their won books, and even sleep in a BIG bed! Celebrating their growing up with the energetic text and illustrations.

IMG_0450

45冊以上の絵本を制作しているKaren Katzの絵本。独特の明るい楽しいイラストで、左ページの赤ちゃんだった自分と、右ページの幼児になった自分を比較している。Karen Katz 自身、娘を他国から養子にしている為か、他の絵本と同様に多彩なる人種の子ども達が登場する。幼いなりにも自分の成長が確認できるユニークな絵本であり、特にBIGという単語に格別な関心を示す年齢の子ども達と親達にとっては愛読書になりそうである。

I can Share        

By Karen Katz (Grosset & Dunlap ~ in  2004)                                                                 On the left page; “You can’t have my bike!”, on the right page; “But maybe……….”, on the page flipped up from the right page; “I ‘ll let you take it for a ride!”  Within these 3 pages present one situation how to share. Learning to share is one of the harder social rules for little one to follow, but with this sweet book, it will be a little easier and more fun.

IMG_0451

話が達者となり自己主張を始めた頃の幼児に、正にうってつけの絵本である。「私の人形、あなたには貸さない。」と大きな文字で左のページにあり、右にはその時のイメージを表すイラストがあり、そのページ下に左ページよりは小さな文字で「でも多分、、、、」と書かれている。その右ページを上に上げるとその裏には大きな文字で「この人形と一緒に遊べれるよ」とあり、あたらに現われたイラストは笑顔で仲良く遊ぶ同じ子が出てくる。「ボクの三輪車だから乗っては駄目」「でも一緒になら乗っても良いよ」といった具合に各状況が解り易く描かれている。様々な人種の子ども達がShareをする様子には、大人でも楽しくさせられる。

Armando and the blue tarp school               

By Edith Hope Fine and Judith Pinkerton Josephson, Illustrated by Harnan Sosa      (Lee & Low Books Inc.~ in 2007)                                                                            Inspired by the work of David Lynch, a teacher from New York who first began working in a Colonia in Mexico in the early 1980’s. Armando’s family is trash picker, and they live in a Colonia. One day, Senor David arrives and begins teaching school on a blue tarp spread on the ground. Armando’s parents finally decided that learning may help Armando to find different work when he grows up, so he begins attending the blue tarp school.

IMG_0535

メキシコのゴミ集積所のゴミを拾って生計を立てている人々のことを知って、ニューヨークからやってきた教育者David Lynchの実話を基に描かれた物語である。そこでDavidは、青い防水シートを敷いて教室とした。その上に集った子ども達の学ぶ真剣さに、David自身が感動させられたそうだ。ゴミだけあさっていれば良いと考えていた親達も、子ども達への教育の大切さを学んでゆく。国際的にも大きな社会反響を得た物語の絵本版である。