Deep in the Sahara   

By Kelly Cunnane, Illustrated by Hoda Hadadi (Schwartz/Wade Books ~ in 2013)     Lalla lives in a small town located in the Sahara Desert, and it’s in the Muslim country of Mauritania. Lalla wants to wear a malafa, the colorful traditional cloth women, like her mama and big sister, wear to cover their heads and clothes in public. After Lalla learns the important meaning to wear a malafa, she gets a chance to put a beautiful blue one.

2014-04-08 14.13.51

イスラム共和国であるモーリタニアのサハラ砂漠の奥深くに、人々が住んでいる小さな町がある。そこに一人の女の子がいた。彼女は自分の周囲にいる大人の女性が身にまとう布、マラファに魅了される。子どもらしい発想で、マラファへの思いが様々に膨らむ。明るい色彩が、目を楽しませながらも、少女の世界に誘い込む。そして少女は、とうとう青いマラファを身にまとう。伝統的な民族衣装に胸膨らませる少女の心は、何処の国でも変わらない。>>>「あたし、メラハファがほしいな」とのタイトルで、日本語訳本あり。

What’s special about me, Mama?   

By Kristina Evans, Illustrated by Javaka Steptoe             (Disney/Jump at the Sun Books ~ in 2011)                                                              Question-and-answer game between a mother and her son provides a tender conversation with full of love. The child poses his question one after another, and the mother does not ignore any his words. Dynamic collage illustration strengthens the warmness of their conversation.

2014-04-08 14.13.30

母親の愛情を確認しようと、次々と母親に質問する少年。子どもらしく単刀直入に、しかも繰り返し繰り返し尋ねるが、母親は無視することなく答えてゆく。温もりのある親子の対話に、読者も引き込まれてしまう。貼り絵の効果が生かされたイラストも、温かみを増してくれる。絵本の中で繰り広げられるこういう対話が、きっと大人にも必要であることを知らせてくれる、親子で読みたい絵本である。

dream BOATS   

By Dan Bar-el, Illustrated by Kristi Anne Wakelin              (Simply Read Books – www.simplyreadbooks.com ~ in 2013)                         Riding in a boat to float into the dream world. Fantasic and dynamic illustrations lead us to meet children around the world to share their exciting dreams.  

2014-04-08 14.13.18

子どもの夢と冒険心を膨らませて、世界中の子ども達に出会う旅にボートで出かける。迎えてくれる子ども達も、夢のボートで旅へ漕ぎ出す。詩のような、幻想のような、暖かいワクワクする世界が次々と現れては消え、最後には皆が一緒になる。様々な画材で描かれたイラストは、仕上げをデジタル処理してあり、ダイナミックで幻想的な迫力がある。面表紙と裏表紙の内側に、紙で折ったボートの作り方の解説がある。

Those Shoes   

By Maribeth Boelts, Illustrated by Noah Z. Jones (Candlewick Press ~ in 2007)      Jeremy wants a par of those shoes which every school boy seems to be wearing and it looks so cool on the picture of the advertising poster. But his grandma keeps some money for his necessity, especially for his winter boots. Eventually Jeremy awakes the worth things more than just what he wants.

2014-04-08 14.13.03

街の大きな広告に登場する2本の白線が入った黒い靴を、夢にまで見ていた少年は、祖母にその靴をねだったが、必要ない靴はいらないと言われた。雪が降った時のブーツを買うために、余分なお金は無かった。学校では、少年が夢見ている靴を一人二人、、、そして皆が履き始めた。少年の靴はとうとう壊れて、学校のカウンセラーから、急遽古いスタイルの靴をもらった。その靴をクラスメイトに笑われたが、一人だけ笑わない生徒がいた。子どもの世界に存在する経済格差の中で友情物語が丁寧に展開してゆく、大変に微笑ましい心温まる内容である。じっくり読みたい絵本。

Jack’s Talent              

By Maryann Cocca-Leffler (Farrar, Stravs and Giroux ~ in 2007)                                  On the first day of school, Miss Luchinda asks her students to introduce themselves and share a special talent. Every student is good at something, except Jack.  He thinks he has no talent to share with other students. But Miss Luchinda discovers Jack’s special talent, and gives Jack the responsibility of handing out name tags to all his classmates because of his good memory of everyone’s name.

2014-04-08 14.12.46

学校が始まった初日、名前と自分の得意なことを一人ずつ言うことになった。しかし、Jackには、皆にいえる得意なことが何も無かった。しかし先生は、彼の才能を見抜いて、紹介を終わったクラスメイトに名前を配る役を彼に与えた。すると彼は全員の名前を覚えていた。誰にでもTalentはあるとの力強いメッセージを、実に明瞭簡単で暖かく描いた絵本。一人一人の髪の毛にその子のカルチャーと個性が現され、多彩なるこどもの登場によって、絵本のメッセージに普遍性が生きている。英文は短く同文の繰り返しが多いので、幼稚園児でも楽しめれる。

BUT i READ iT ON THE iNTERNET!   

By Toni Buzzeo, Illustrated by Sachiko Yoshikawa (Upsart Books ~ in 2013)                Mr. Dickinson’s students have opposing idea on how to do proper research. Mrs.Skorupski, school librarian, helps the forth graders on fact-finding mission by teaching them how to evaluate and cite their resources. She provides them her research tool “Website Evaluation Gizmo”.

2014-04-08 14.12.26

時代の流れに要求されて制作された絵本そのものである。米国の学校現場で生徒達全員が各自のiPadを使うようになりつつあり、親達もインターネットの使い方の対応に四苦八苦している。この絵本では、学校のクラスでインターネットに何でも頼ろうとする子とインターネットの使い方さえ知らない子を交えて、正しい情報を探る方法を学びあう。堅苦しい教科書ではなく、個性溢れる先生達の登場により、大変楽しく子ども達を導いてくれる。迫力のあるイラストも、絵本の効果を大いに発揮している。口語文体の英文は、長文のページが多い。子どもがウエブサイトを評価する際のポイントも、チャートになっている。

Same, Same but Different

By Jenny Sue Kostecki-Shaw (Henry Holt and Company ~  in 2011)                       Elliot lives in America and Kailash lives in India. Elliot and Kailash become good friends as exchanging their drawings.  After they gain their communications through pictures and compare the two, they find some similarity and difference between their daily lives, cultures and countries even themselves.   > The author has experience to conduct children’s picture exchanging program between America and Nepal.

2013-08-08 12.49.23

アメリカに住む少年とインドに住む少年が、絵を交換する友達となった。好きな木登りの絵、家族の絵、飼っている動物の絵、住んでる処の絵、学校へ行く車の絵、自分の言葉のアルファベット等を描いて交換する度に、違いと共通点を見つけ出す。異文化比較によって、子どもにも解りやすく異文化理解を語っている。作者自身、ネパールとアメリカの子ども達の絵の交換プログラムを実施した人。>>>日本語訳本あり。タイトル:「おんなじ、おんなじ!でも、ちょっとちがう!」

Cactus Soup

By Eric A. Kimmel, Illustrated by Phil Huling (Marshall Cavendish ~ in 2004)          Similar story with “Stone Soup“, but sets in 1919 ~1922 Mexico.  When a group of hungry soldiers ride into San Miguel, the people in the town hide their foods. But the captain asks for a cactus thorn to make some cactus soup. Eventually the people give him ingredient one by one for adding into the soup.  A glossary of Spanish words is provided.

2013-08-08 12.49.16

Stone Soupと同じ内容の絵本であるが、作者曰く、1910年~1922年のメキシコ革命に、時代設定をしたそうだ。兵士達が町へやってくると、町の人達は貧しくて、兵士達にふるまう食べ物はないと、言った。そこで隊長が、サボテンのとげでスープを作って、町の人達にもふるまうことにした。好奇心にかられた人達が、一つ二つとスープに入れる材料を提供しだす。巻末にはスペイン語の解説があり、イラストも楽しく描かれている。

The Great Big Book of Families

By Mary Hoffman, Illustrated by Ros Asquith (Dial Books for Young Readers ~ in 2011) Introducing the diversity of families around the world, and their houses, their daily lives, their life styles are in the showcase of variety. Family members share each one’s feeling which is changeable moment to moment, but still live together happily and care each other. Celebrating family bond and love as featuring all kinds of families with humorous illustrations. >>> ”The Great Big Book of Feelings” is the same author and illustrator.

2013-08-08 12.49.49

様々な家族がいることを紹介し、家族の住むいろいろな家を紹介し、家族を取り巻く日常生活のバラエティーを紹介している絵図鑑のような、楽しい絵本。家族の中でも色々な感情があり、それも日によって変わるが、今日のあなたはどうでしょうと、結んでいる。>>>英国に住む作者は、Graceの絵本シリーズを初め、多くのヤングアダルト向け本も書いている。”The Great Big Book of Feelings“は、同じ作者とイラストレーターによる姉妹本でもある。

The Color of Home

By Mary Hoffman, Illustrated by Karin Littlewood (Phyllis Fogelman Books ~ in 2002)Hassan, a immigrant boy from the war zone in Somalia to America, straggles to fit himself in a new school, even his teacher and classmates are very nice with him. Especially language barrier is very effected to him. One day, his teacher distributes art supplies, and Hassan discovers a way to communicate. Hassan’s two different pictures of his home demonstrate the value of art therapy in helping him to make the transition to a new environment.

2013-08-08 12.50.04

戦火のソマリヤから逃れて、アメリカへやってきたハッサンは、学校へ通うようになったが、英語が全く解らなかった。担任の先生に絵を描くことを教わり、懐かしいソマリアの色彩を思い切り描いたが、それをだいなしにしてしまった。戦争による心の傷から立ち上がる過程が色彩から導かれ、新しい環境に適応しようとする少年の心が、見事に描かれた絵本である。