Palm Trees in the Snow

Directed by Fernando González Molina (2015)                                                    After her father’s funeral in deeply snowed mountain, a Spanish young woman finds her father’s past documents and decides to takes a trip to follow her family’s story. In 1953 Kilian traveled to the exotic Equatorial African island, in Spanish Guinee, to work in a cacao plantation alongside his father and his brother. During his 20 years in this island, until the troubled days of independence, he undertook  a journey towards maturity and knowledge, but also had to deal with pain and loss.                    

スペインの雪深い故郷での父の埋葬を終えた娘は、遺品の中から見つけた手紙や日記を頼りに、先代の家族ドラマをたどる旅に出かける。数十年前に、南の国で広大なカカオのプランテーションを経営していたスペイン人の息子が、異郷の異文化の異次元の世界で、美しい娘に魅了された。異なる風習や激動の時代に妨げられながらも、二人の愛は育まれていった。カルチャーショックを幾度も繰り返しながらも、美しい映像が癒しを与えてくれる。世代と距離と異文化を超越したドラマを、スペイン人の若手俳優達が熱演している。村の娘を演じたウクライナ生まれの24歳黒人女優(両親はエチオピアからの移民)Berta Vázquezの今後の活躍にも期待したい。欧州映画界には、彼女のような新しいアイデンティティーの世代が登場する時代を迎えているようだ。