An A-MAZE-ING Farm Adventure      

By Jill Kalz, Illustrated by Mattia Cerato  (Picture Window Books ~ in 2011)                 It’s a game book as following Maze with a finger. Each opened pages shows a different scene of the farm, and there are totally 11 scenes with start and finish      marks for each.  As enjoying a farm adventure with the diversity of children,           related vocabularies and questions are appeared on each page as well.                      The answers are included at the end.

IMG_0453

迷路を指で通りながら、StartからFinishまでで導くゲーム本ではあるが、背景は11 の異なる農場の様子が描かれている。見開きで一つの背景の迷路には、農場独特の施設の単語が記載され、人、動物、道具などの位置の質問がされている。楽しみながら農場の文化に親しみがわくし、描かれている人物も多人種の子ども達。コンピュータ利用のイラストには、デザイナーやアートディレクターも参加して制作されている。アイドルの犬も各迷路に潜んでいて、巻末には各迷路の通過図と隠れている犬の位置を示す回答がある。

Always by my side               

By Susan Kerner, Illustrated by Ian P. Benfold Haywood  (Star Bright Books ~ in 2013)Presenting several families without his/her/their father, as introducing the diversity of mother-child/children’s family. Even without a real existing father, their fathers’ love is eternal and makes children sure to feel him always in their minds. Celebrating their fathers’ love for every children.

IMG_0452

父親が不在の家庭に育つ子どもに、父親の愛情を理解させる為に、制作された絵本。著者自身、初めての子を身ごもった後に夫を癌で失った体験をしている。幼い娘に父親の存在をわからせようと、制作者達の願いが溢れ出ている。イラストで登場する子ども達には様々な人種の子がいて、父親の愛の普遍性を強調している。たとえ父親不在の家庭でなくとも、子ども達が多くの愛情で育つことを教えてくれる素敵な絵本。英文は短く易しい単語が多いので、幼い子にも理解し易いし、会話の発展につなげることも出来る。

Joha Makes a Wish, a Middle Eastern Tale       

By Eric A. Kimmel, Illustrated by Omar Rayyan (Marshall Cavendish ~ in 2010)   Inspired by a folktale in the Middle East.  On the way to walk to Baghdad, Joha finds a whishing stick from the broken walls. No instruction how to use it, but Joha just wishes a new pair of slippers strong enough to continue his journey. But his old sandals disappear. When he wishes a donkey to carry him, he has to carry a donkey on his back. And the Sultan comes…..! How will Joha learn its secrets before he wishes himself into more trouble?

IMG_0167

アラビア語圏で語り継がれているJohaの話が基となっている。バグダッドに歩いて向っていたJohaは、たまたま休んだレンガの古壁に寄りかかった為に、壁が壊れた。そして壁の中から壷が現われ、その壷の封を開けたら‘願い事をかなえる棒’が出て来た。古くなったサンダルの変わりに新しい履物を願ったのだが、なんと履いていたサンダルまで無くなってしまった。そして、そして、、、と話に引き込まれてゆく絵本。何処の民族にもある教訓込めた昔話ではあるが、賢さを正しく使う教えが込められている。写実的でユーモアと温かみが込められたイラストは、話の内容に効果的に躍動感を与えている。

King for a Day            

By Rukhsana Khan, Illustrated by Christiane Kromer (Lee & Low Books Inc. ~ in 2013) In the city of Lahore, Pakistan, all children are exciting with annual and traditional Kite-flying festival. Malik, boy in a wheelchair, prepares his kite to fly and move very first for competing other boy’s kites. At the end of the day, actually Malik has a big pile of captured kites. But then the neighborhood bully comes and tries to take a kite from a girl. Malik finds the way to help the girl.

IMG_0455

パキスタンのラホールの街で行われる Basant (Kite Festival)は、子ども達が楽しみにしている伝統的な行事である。特に、Kiteを空で戦わせるのに、子ども達は夢中になる。車椅子の少年は、最も早く動くKiteを作って、その日に備えた。その日の王者を自称していたこの少年は、意地悪な子への挑戦心と弱い子へのいたわりも示した。貼り絵を活用したイラストは、親しみと暖か味を含んでいる。ラホール生まれでカナダに住む著者は、多くの児童書を著作し受賞作品もあり、Big Red Lolipop も彼女の作品である。

Karate Girl

By Mary Leary (Farrar Straus Giroux ~in 2003)                                                   During summer holidays, Mary starts to learn Karate, martial arts, to fight back the bullies who bother her young brother at school. However Mary begins to understand Karate is more than mastering self-defense, and it helps individuals develop the inner confidence to avoid a fight.  At the same time with her learning at Karate class with her diverse group of boys and girls, Mary explains us more details of Karate.  Once summer holidays ends and everyone comes back to school, but no more bullies as they know Mary learned Karate. And then, Mary’s brother also joins the Karate class.

IMG_0205

学校で虐めにあう弟を守る為に、夏休みの間に姉は空手のクラスを勧められた。空手は自己防衛のみならず自己コントロールと自信を強化し争いを避ける手段であることを先生から教えられた。姉は空手を学びながら、読者にも空手の紹介をしてゆく。道場では様々なこどもが参加していて、帯の色(級によって異なる)も色々である。秋に学校が始まると、空手を習い始めた姉を知って、いじめっ子達は弟からも遠ざかった。そして弟も道場通いを始めた。制作者にとって始めての作品であるが、解り易く意義深くそして楽しく空手を紹介してくれる。

Ocean Wide, Ocean Deep

By Susan Lendroth, llustrated by Raul Allen (Tricycle Press ~ in 2008)                      In the 19th century in Cape Cod, New England, a young girl lives with her mother and baby brother, as waiting for her father’s returning . She is thinking of her father, and images strange places where her father might be on his trading business. With gentle rhyming text, it shows the power of love to cross distances as wide and deep as the ocean.

IMG_0207

中国との貿易の為に、広い深い海の彼方へ出航してしまった父親の帰りを、少女は待った。少女の思いが詩で語られ、少女の想像がイラストとして重なる。19世紀のケープコッド(マサチューセッツ東端)に住んでいた少女の話であるが、生まれて数ヶ月の弟が歩きだし話し出す頃に、父親が帰ってきた。土産話を聞きながら、海のように広く深い家族の愛情が静かにどっしりと少女にも、読者にも伝わってくる。

Father’s Chinese Opera

By Rich Lo (Sky Pony Press ~ in  2014)                                                                Inspired by the life story of the author’s father who moved with his family to Hong Kong from China in 1960’s. A young Chinese boy watches his father conduct opera in Hong Kong, and he enjoys watching the acrobats. He wants to become one and trains with his best. But it’s not easy for him, and his father explains his path to become a successful musician. One day when his family needs to immigrate to America, his father decides to seals up his musical career in Hong Kong. His father has worked as a cook for 25 years in America, even experienced struggling with discrimination.

IMG_0208

中国本土で活躍していた父親は、1960年代の革命の嵐の中で、家族揃って香港に移住した。そして、香港でのチャイニーズオペラの世界で音楽家として成功を収めた父とその息子の話が、この絵本となった。少年の夢を勇気つける父親の姿が、確かな愛情として描かれている。作者兼イラストレーター自身の、自伝的話である。巻末には時代的背景と父親の人生の説明もある。60年代半ばには家族揃って米国に移住し、自分のキャリアよりも家族との連帯を選んだ父親は、米国で偏見と戦いながらもコックとして25年間働いた。制作者から父親に捧げた作品でもある。

The Kite Runner

Directed by Marc Forster (2007)                                                                       Based on the bestselling novel published in 2003.  Amir is a young Afghani from   a well-to-do Kabul family and his friend Hassan is the son of a family servant. Together the two boys form a bond of friendship that breaks tragically on one fateful day. Amir and Hassan become separated and as first the Soviets and then the Taliban seize control of Afghanistan, Amir and his father escape to America. Years latter, Amir is called back to Kabul to right the wrongs he and his father committed years ago.

 

邦題:君のためなら千回でも                                                                                                初めてのアフガニスタン系米国人による小説の映画化で、小説は2003年に出版され30カ国語に訳されるベストセラーとなった。70年代のアフガニスタンで、裕福な少年アミールは出産時に母親を亡くしていたが、父親と暮らしていた。使用人の少年ハッサンとは大の仲良しであったが、ある事件を切っ掛けに二人の仲は離れ離れとなった。時同じくアフガニスタンにソ連軍が侵攻を決行し、父親とパキスタンに逃れたアミールは、米国に渡った。20年の歳月が流れて米国でアフガニスタン系のコミュニティーで出会った女性と結婚したアミールは、予期せずしてアフガニスタンを訪れることになった。

Run Boy Run

Directed by Pepe Danquart (2013)                                                                            Based on the bestselling novel by Uri Ortev. In 1942, a Polish boy separates from      his father as following his father’s order to run toward the opposite direction of the father’s running way. His father is shot but the boy survives as keeping running.          He seeks the kindness of others in his solitary struggle to outlast the Nazi occupation and keep alive his Jewish faith. The extraordinary survival story of 8 years old boy  during over 3 years.

 

邦題:ふたつの名前を持つ少年                                                                                        児童文学作家Uri Orlev(ウーリー・オルレブ)の実話に基ずいた小説の映画化。主役の8歳のユダヤ人少年を演じたのは、2001年ポーランド生まれの双子兄弟Kamil TkaczとAndrzej Tkacz。ストーリーは、1942年のワルシャワのゲットーから一人逃げ出し少年の3年以上となるサバイバルの過酷な物語だが、戦時下で少年をかばおうとする多くの人々の善意と欧州大陸の美しい映像に感動させられる。欧州大陸の白人人口が圧倒的に多かった当時でも、民族のラベルを張って分断しようとした人間の愚かさを、再認識させられる。 息子の命を救うために、自分とは反対の方向の森へ向って走り逃げ延びるように念を押した父親の言葉を胸に、少年は失いかけた勇気を幾度も蘇らせては生き延びた。戦争の終結を告げる教会の鐘を、残された左手で綱にぶる下がりながら打つ少の表情が、実に素晴らしい。フランス、ドイツ、ポーランド合作の優秀作品である。

Unconditional

Directed by Brent McCorkle (2012)                                                                          Inspired by true events of “Papa Joe” caring for low-income community children in Tennessee.  Samantha is living a storybook life: happily married, lives on a ranch as keeping her beloved horse, and publishes her long dreaming children’s picture book. When her husband is killed in a senseless act of violence, Samantha loses her faith and her will to live. But a death-defying encounter with two children leads to reunion with Joe, her oldest friend.

米国テネシー州で危険な環境に置かれた子ども達の育成に励んだ実在人物”パパ・ジョー”をモデルに制作された映画。童話を描くことを楽しみにしていたサマンサは、最愛の夫を無謀なる暴力で殺され、1人大きな農場の家に残された。夫を失った喪失感は復讐心を呼び起こし、知っている情報を基に犯人殺害にかられる。ところがサマンサが遭遇した交通事故の少女を病院へ運んだ先で、幼馴染のジョーに予期せぬ再会をした。黒人のジョーは転校先の学校の生徒達から疎外されたが、白人のサマンサは直ぐにジョーと友達になれた。再会した大人のジョーは自分の健康を害しながらも、黒人低所得者コミュニティーで父親がいない子ども達の面倒をみていた。徐々に少女の頃の優しさを取り戻したサマンサは、再び自分の童話制作にも情熱を取り戻してゆく。先入観を捨てて、負の連鎖を断ち切ることの素晴らしさを教えてくれる。