From Kalamazoo to Timbuktu!                

By Harriet Ziefert, Illustrated by Tanya Roitman (Blue Apple Books ~ in 2005)           One day Millie and Mike don’t know what to do so they imagine a voyage from their home in Kalamazoo, Michigan, USA to Timbuktu, Mari in West Africa. As using every means of transportation possible, the both take trip to the other side of the world.

IMG_9610

米国ミシガン州のカラマズーに住む少女ミリーと少年マイクが、西アフリカのマリ共和国の砂漠の中にあるトンブクトウへ旅することを思い立った。2人のイマジネーション世界旅行である。乗り物は自転車有り、カヌー有り、ラクダ有り、飛行機有り等々の冒険旅行でもある。英語は短く、イラストは鮮やかなので、幼児でも充分に楽しめれる。表・裏表紙の内側には、旅行したコースの地図も描かれている。

The Sandwich Swap                  

By Queen Rania, with Kelly Dipucchio, Illustrated by Tricia Tusa            (Disney/Hyperion books ~ in 2010)                                                                               The day Lily stops eating her peanut butter and jelly sandwich to tell Salma her hummus and pita sandwich looks yucky- and vice verse- is the day they stop being friends. As their story spreads across the school, so does intolerance. When Lily and Salma get caught in the middle of a food fight, and called to the principal’s office, they decide it’s time to make some changes.                                                                 >>>The Queen of Jordan is the co-author of this book based on her nursery-school experiences.

IMG_9611

ヨルダンのラーニア王妃の子ども時代の体験を基に、制作された絵本。保育園にいつもハモスのついたピタパンのサンドイッチを持っていってた少女が、アメリカ人の園児が食べるピーナツバター・ジェリーサンドイッチを、大変に不快な食べ物としてみていた。ある日一口味見をするように奨められて、恐る恐る試してみると、、、天国に上るほど素晴らしい味であった。その体験から、異質なものへの猜疑心、先入観、拒否反応を即座にする危険性を子ども達に教えようと願って作られた絵本で、さすがにユニセフ親善大使を長年努める王妃の視点が素晴らしい。イラストも素晴らしく調和して、絵本の内容を盛り上げている。王妃の言葉どおり、異文化理解の第一歩だが、大きな前進となる絵本。

Made by Raffi                     

By Craig Pomranz, Illustrated by Margaret Chamberlain                                       (Frances Lincoln Childrenfs Book ~ in 2014)                                                                 Raffi is a shy boy who prefers quiet over rough-and-tumble games. At recess, a teacher offers to teach him to knit.  Raffi’s enthusiasm burns as brightly as colored drawings of wool at the yarn shop. He knits an enormous rainbow scarf for his father, and makes a cape for the school play’s prince. Raffi’s skills are admired by family and friends and he knits many new item with their encouragements.

IMG_9613

ラフィ少年は、学校では他の男子生徒のように活発なスポーツに参加するよりも、一人で静かに過ごすほうが好きであった。ある日フィルナンデス先生が編み物をしているのを見たラフィ少年は、編み方を教わった。それ以来、毛糸を買い父親の誕生日プレゼントにするマフラーを、夢中で編んだ。周囲の男の子達は彼をからかったが、気にしなかった。そして学校の演劇で使う王子役の子が着るケープも、ラフィが古布を利用して縫い上げた。その見事な出来に、クラス中の生徒が彼の特殊才能を認めた。他の子と違うことが、恐れではなく強みになった成功話であるが、多くのヒントが込められた素敵な絵本である。

Ruth and the Green Book                

By Calvin Alexander Ramsey, Illustrated by Floyd Cooper (Carolrhoda Books ~ in 2010) Inspired by the true historical events. Ruth was so excited to take a trip in her family’s new car. In the early 1950’s, few black American could afford to buy car, so this would be an adventure.  But she soon found out that black travelers weren’t treated very well in some towns. Many hotels and gas stations refused service to black people.  Finally, a friendly attendant at a gas station showed Ruth’s family The Green Book which listed all the places that would welcome black travelers. With this book, they could make a safe journey from Chicago to Ruth’s grandma’s house in Alabama.

IMG_9612

1950年代には、車を所有できる米国黒人は大変に少なかった。人種差別がまだまだ歴然とあった時代に、黒人を歓迎する店、ガソリンスタンド、ホテル等をリストしたグリーンブックと呼ばれるガイド本が存在していた。実在したガイドブックにヒントを得てこの絵本は制作され、黒人少女ルースが両親と共に車でシカゴから祖母の住むアラバマの田舎へドライブした時の物語である。巻末には、グリーンブックの由来が詳しく説明されている。当時の米国黒人達の行動力を後押ししたこのガイドブックの存在は、異文化への橋渡し役をも大いに果たしたことだろう。

Filipino Friends

By Liana Romulo, Illustrated by Corazon Dadan-Albano (Tittle Publishing ~ in 2007)     A Filipino-American boy visits the Philippines for the very first time.  Featuring soft watercolor illustrations, each picture is labeled with English words and their Filipino translations, and shows reader both the similarities and differences between Western and Philippine lifestyles.

IMG_9614

フィリピン系アメリカ少年のサムが、始めてフィリピンを訪れた時の絵本である。絵図鑑のように描かれたものの単語がフィリピン語と英語で記されて、子ども達に興味深い話題は英文で詳しく解説している。フィリピンの季節、家族、食べ物、飲み物、スナック、子どもの遊びや風習等、様々な話題が子どもの視点から語られている。フィリピン系子ども達への文化遺産の伝承のみならず、他の文化圏の人達にとっても、フィリピン文化の理解に大いに役立つ絵本である。

Stars

By Mary Lyn Ray, Illustrated by Marla Frazee  (Beach Lane Books ~ in 2011)  Exploration of stars both near and far. Children’s imagination harmonizes with beautiful illustrations. All different children with their PJ come together to look up the stars in the night sky. This tender and lovely book is the best for bed time to have a sweet dream.

IMG_9615

夜空の星から星の形につながり、子ども達の周囲にある様々な星に話が発展してゆく。詩のように美しいイラストと子どものイマジネーションが調和している。様々な子ども達がいっせいにパジャマに着替えて、毛布に包まりながら土手の上で夜空を皆で一緒に仰ぐ。正に子ども達のベッドサイドで、眠りにつく前に読んで欲しい絵本の一冊である。

Totally Wonderful Miss Plumberry

By Michael Rosen, Illustrated by Chinlun Lee (Candlewick Press ~ in 2006)        Molly cannot wait to share her grandma’s crystal with all her classmates, the special crystal she looks at each night as she fells asleep.  Everyone crowds around, eager to see it.  But Russel runs by with his flashy, water-spurting dinosaur. Everyone’s attention are gone from the crystal, and Molly ‘s eyes are filling with tears. Miss Plumberry catches Molly’s situation and understands her feeling.

IMG_9617

モーリーは祖母からもらったクリスタルを学校へもって行って皆に見せるのを楽しみに、その朝学校へ出かけた。素敵な一日になりそうであった。クラスの皆もモーリーが持っているクリスタルに集ってきた。ところがその時ラッセルが、大きなダイナソウを抱えて入ってきた。そして、皆の関心はそちらへ向ってしまった。一人寂しそうにしているモーリーに気ずいたプラムベリー先生は、モーリーに理由を尋ねると、先生自らがそのクリスタルに大いなる関心を示した。すると、皆もクリスタルに再度寄ってきた。児童心理が微笑ましく描かれている心暖まる絵本である。

Belinda in Paris

By Amy Young (Viking, Penguin Group ~ in 2005)                                                Belinda has arrived in Paris to perform, but her ballet shoes went to Pago Pago. To add to her problem, she has very big feet. As she and a young dance, Gabrielle, race through the streets of the city looking for a replacement pair, help comes from some unexpected places.

IMG_9619

バレリーナのベリンダが、パリで公演をすることになったが、大事件が持ち上がった。パリにもって来たベリンダの特大の特別のバレーシューズが、航空会社の手落ちでパゴパゴ(南太平洋)へ行ってしまった。その夜の公演までに、そのバレーシューズは届きそうもなかった。そこでバレーシューズを作る為にパリを走り回るのだが、、、、多民族社会のパリの様子とパリの伝統文化の中での葛藤が交差しながらも、何とか無事に公演を終える微笑ましいエピソード。作者がパリ滞在を満喫した後に制作されたこの絵本には、パリのエスプリが子ども向けにも溢れている。

What James Said

By Liz Rosenberg, Illustrated by Matt Myers (Roaring Brook Press ~ in 2015)         When a little girl thinks that her best friend James has been saying bad things about her behind her back, she takes action in the form of the silent treatment. As they go about their days and James tries harder and harder to get her to talk to him, they both realize that true friendship surpasses any rumor….or misunderstanding.

IMG_9618

親友のジェームスに立腹した少女の心の葛藤を、子どもにも解り易く語り、描いている。「自分のことを完璧だと思っている」と、皆に自分のことを言いふらしたと思い込んだ少女は、ジェームスを学校で避けるようになった。ところが完璧なのは彼女が描いた絵のことであったのだが、その絵の受賞が発表されるまで、本人は気ずかなかった。誤解とコミュニケーション、そして友情を語ったこうした絵本が出版されるのは、大いに嬉しいことだ。イラストも感情の隆起に合わせて見事に表現されている。

Lots of Feelings       

By Shelley Rotner (Millbrook Press Inc. ~ in 2003)                                                           A face can tell you what someone is feeling. In this expressive photo-essay, simple text and photographs introduce basic emotions happy, grumpy, thoughtful and more and how people show them.

IMG_9621

子ども達の様々な感情をとらえた写真集。色々な子ども達が表わす感情を、簡潔に易しい言葉で、上手にまとめている。屈託のない子ども達の表情を見るだけでも楽しいが、作者の意図は[自分の内なる感情を表現することによって、他人の感情も読み取る能力が培われるので、コミュニケーションの上達にこの写真集を役立てて欲しい]とのこと。表・裏表紙共に、内側に英語の感情を表す単語が鮮やかに行列していて、大人でも子どもと一緒に充分に役立ち楽しめれる写真集。