Buen Dia, Ramos

Directed by Jorge Ramirez Suarez (2013)                                                               Ambitious young man from Mexico who travels to Germany to find a job, strikes up an unlikely friendship with a German aging woman.

メキシコから米国への出稼ぎに幾度も失敗したメキシコ青年が、ドイツで成功した人の話にそそのかされて、有り金はたいてドイツに渡った。ところがトラブル続きで帰国が出来なくなってしまった。一文無しになったメキシコ青年に暖かな眼差しを向けたのは、一人暮らしのドイツ人年配女性であった。地域カルチャー、時代のカルチャーを超えて人々の心が見事に共鳴し合ったこの映画を、あえてラブ・ロマンスのカテゴリーに入れた。男女の恋物語に狭めることなく広範囲での愛情物語は、これからのラブロマンスの先駆者とも言える。異文化理解推進の手本のような内容は、今の時代的な要素も楽しく盛り込まれている。スペイン語とドイツ語の会話にもどかしさを感じるかも知れないが、異文化の狭間を体験した者なら、その演出に大いに納得させられる。