The barefooted, bad-tempered baby brigade

By Deborah Diesen, Illustrated by Tracy Dockray (Tricycle Press – 2010)                       A crowd of cranky and angry babies march on the street to the city hall.                       On the stage of the city hall, they shout revolting words against their parents                  in audience. But happily babies receive lovely ending.

IMG_6840

赤ちゃんの第一反抗期(自我の目覚め)を、デモンストレーションで表現しているユニークなテーマの絵本。様々な人種の赤ちゃんがNOのプラカードを掲げて、街をハイハイやヨチヨチ歩きで移動し、シティーホールの壇上で両親への要求を訴える。その姿に感動して拍手をおくった親達の許へ、ハーグを求めてゆく姿が愛らしい。親子で楽しめる絵本である。

Fools rush in

Directed by Andy Tennant (1997)                                                                                A businessman from New York lives in Las Vegas to manage his constricting project. He meets a Mexican girl in Las Vegas and they spent time together that cursed of their cultural crash.

邦題:<愛さずにはいられない>                                                                                ニューヨークのビジネスマンが、ラスベガスに新しいバー開設の仕事で、ラスベガス住まいとなった。そして偶然にも知り合ったメキシコ娘。再度彼女が彼の前に現れたとき、彼の子を身ごもったと知らされる。米国東部の白人系メンタリティーと文化が、ラテン系のメンタリティーと文化にラスベガスでぶつかり合う。ラブコメディーの映画だが、異民族文化カップルの異文化理解への努力が随所に語られていて、楽しく学ばされる価値ある作品である。

Taken from me: The Tiffany Rubin Story

Directed by Gary Harvey (2011) /Lifetime                                                                Based on dramatic true story of Tiffany Robin. Her son is abducted by his biological Korean-American father and taken from his home in Queens, New York, all the way to Soul, South Korea. Tiffany decides to search her son in South Korea and to take him back to home even under risky political situation.

7歳の息子を、元夫である韓国人に預けた米国女性は、予期せぬ大事件に直面する。父親と愉しく過ごしているはずの息子と、突然連絡が取れなくなった。ハーグ条約に加盟していない韓国に、父親が息子を連れて行ってしまったのだ。息子を連れ戻す為に、韓国に行くことを決心する母親。まるでサスペンスドラマのような展開だが、母親の必死さに引き付けられる。異民族間結婚の家庭なら、他人事では済まされない重いテーマの内容である。

The other end of the line

Directed by James Dodson (2008)                                                                                   Without knowing that Customer Service of an American Credit Company automatically connects to India, an American  young man attempts to have a date with the charming voiced lady on the other end of the calling-line. Their date is set up to meet                   in San Francisco, and the lady flies out for fun from Mumbai, India.

米国のクレジット会社の電話サービスがインドに繋がっていたのを知らぬまま、米国男性が電話の相手の女性とデートをすることになった。サンフランシスコで会う段取りをしてしまった以上、面白半分で女性はインドのムンバイから飛行機で米国へ向った。ユーモアも盛り込んでいるが、異文化のすれ違いや勘違いが繰り返されながらも、恋心が二人の間に育ってゆく。微笑ましいおとぎ話のようなロマンス映画。