Spanglish

Directed by James L. Brook (2004)                                                                                  Floe immigrates from Mexico to Los Angels with her daughter, Cristina, but Floe cannot speaks English well. Luckily Floe finds a job as a housekeeper of the family Clasky, and Floe and Cristina move in with the Claskys for the summer. Cristina helps her mother to translate, but Floe is worry that her daughter is rapidly embracing the American way of life.  The title “Spanglish” is created by mixing Spanish and English.

邦題:<太陽の国から来たママのこと>

娘と2人きりの生活を守る為に、メキシコから母と娘はロスアンジェルスにやって来た。英語が解らない母は、家政婦の仕事を得た。言葉が通じないながらも、親子の思いは通じ合える。いつも娘に通訳を頼んでいた母だが、やがて自分で自分の言葉を話す必要性に気ずかされ、英語の勉強を始める。英語の言葉を使い、米国のライフスタイルや価値観にどんどん馴染んでゆく娘に、頼もしさと共に不安も感じる母。異なる文化圏で、青春を迎える子どもを持つ親の心配と不安が、明るいタッチで良く描かれている。タイトルの Spanglish は、Spanish と English の合成語。