Big Red Lollipop

By Rukhsana Khan, Illustrated by Sophie Blackall               (Penguin Young Readers Group – New York, NY in 2010)                                  Rubina gets an invitation of her classmate’s birthday party as very first time for her.  With big excitement she asks her mother a permission to go, her mother gives Rubina one condition of taking her young sister with her to join the birthday party.  Rubina explains her mother the different manner in her new school from their traditional cultural  way, but her mother insists the condition. Despite the embarrassing, Rubina takes her little sister,Sana, to the party.  After few years passed,  the time comes for Sana to receive the first invitation of her friend’s birthday party.

2014-04-30 07.51.05

異国に住む南アジア系の少女が、学校の友達から誕生日パーティーに招待された。家に帰って母親に許可を求めたら、そういう習慣のない母親から色々尋ねられた。そして妹が一緒に行きたいと主張し、母親は妹連れなら許可をすると告げた。姉を手こずらせた妹も、やがて学校の友人から誕生日パーティ­­ーの招待を受けるようになると、母親は姉妹を一緒に連れてゆくように告げた。異文化の狭間に立ちながらも、姉は姉らしく成長する、じっくり読みたい絵本である。>>>日本語訳本あり。タイトル:「ぺろぺろキャンディー」

Best Friends

By Loretta Krupinski (Hyperion Books for Children – New York, NY in 1998)           Based on an inspired story about white settlers came in Northwest America in 1870’s.  A girl in white settlers’ group has a doll, and it’s her only friend.  One day, the girl meets accidentally a native girl speaking different language, but they become good friends.

2014-04-30 07.51.19

1870年代に北米大陸の西北部に住んでいた原住民の地に、白人入居者達が移住してきた史実に基ずき、創作された絵本。人形だけが友達だった白人の少女と、原住民の少女が出会い、言葉が解らないながらもお互いの気持ちが通じた。以来、2人の間に友情が育まれてゆく。大人達の葛藤とは別に、大自然の中での少女達の純真な友情がきらめいている。イラストのみならず、当時の写真も掲載され、創作とはいえ現実をおびた話としても伝わってくる。

Lottie Paris and the best place

By Angela Johnson, Illustrated by Scott M. Fischer                                                    (Simon & Schuster Books for Young Readers – New York, NY in 2013)                    Lottie Paris likes to read about stars and space, and Carl likes to read about dinosaurs. They are interested in different topics, but their favorite place is the same, Library!    Two enthusiastic readers crash in the library and they become friends instantly. Now Lottie Paris starts to read a book about dinosaurs, and Carl choses a book about space as his first time.

2014-04-30 07.51.29

ロッティ・パリスは、星や宇宙のことが大好きな女の子。一方カールは、恐竜に夢中な男の子。この2人は、図書館が大のお気に入り場所でもあった。夫々に自分の世界に入り込んでは、それに関する本を夢中で探しているのだが、本棚の最後のところで、二人が鉢合わせ。そして、女の子は恐竜の本を読み始め、男の子は宇宙の本を読み始める。図書館には、自分の知らない世界が待っている。そんな図書館に行きたくさせられる、明るく陽気なイラストの絵本。

The colors of us

By Karen Katz (Henry Holt and Company, LLC – New York, NY in 1999)               Lena’s mother is an artist and teaches Lena how to make color brown with different colors. They take a walk through their neighborhood, and Lena learns the brown comes in many shades and the diversity of human skin color.   http://www.karenkatz.com/

2014-04-30 07.51.47

レナの母親は絵描きでもあり、レナに赤、黄色、黒、白を混ぜると、混ぜ具合によって色々な茶色が出来ることを教えてくれた。そして2人で外に出て、色々な人に会う度に、その人の肌の色がどんな茶色か名前をつけてゆく。知人や友人を一人一人紹介しているページでは、大きな顔を描いて肌色だけでなくカルチャーも見事に表している。多民族の豊かさを、茶色の肌の色から語っている、明るい色彩のユニークな絵本である。

The road to Mumbai

By Ruth Jeyaveeran (Houghton Mifflin Company – New York, NY in 2004)              Shoba and her friend Fuzzy, stuffed monkey, live in East India, and Shoba and Fuzzy leave to Mumbai to attend Fuzzy’s cousins’ wedding in the following day. On the way to Mumbai, Shoba and Fuzzy meet different persons and animals and ask them the direction, with wishing nobody follow to them.

2014-04-30 07.55.07

ニューヨークのブルックリンに住むインド女性の処女作。インドの現代版おとぎ話ようでもあり、作者の母なる文化への思いを込めた作品でもある。東インドに住む少女の友達でもある猿が、明日従兄弟の結婚式がムンバイであると言い、少女と猿は急いでムンバイに旅立った。途中で出会った人達や動物に道を尋ねながら、皆が後をついて来ない様に願いながら、、、、動物たちが擬人化されていて、夢のような世界に導かれる。巻末にはインドの日常で耳にする食べ物、乗り物、衣装の解説がある。

Fiesta

By Ginger Foglesong Guy, Illustrated by Rene King Moreno                                       (Greenwillow Books – New York, NY in 1996)                                                                 This is a counting and vocabulary book written in English and Spanish. Children  go shopping to prepare for their party as counting different objects.

2014-04-30 07.50.08

子ども達がパーティーの準備の為、買い物をしてゆく。バスケットが一つ、その中に買い物をしたトランペットが二つ、、、、と数を述べながら買い足してゆく。各ページには簡単な言葉がスペイン語と英語で並んで書かれていて、巻末には1から10までの数え方がスペイン語と英語でまとめてある。両言語に親しみが持てるように、暖か味のあるイラストが子どもの世界を楽しく描いている。

Only You

By Robin Cruise, Illustrated by Margaret Chodos-Irvine           (Harcourt, Inc. – Orland, FL in 2007)                                                           Beautiful Illustrations with divers of parent images and rhyming text to celebrate warm and endless parental love. Both the author and the illustrator are mothers and their love to children appear through the bags as following the time from morning to night with growing children’s images.

2014-04-18 14.30.40

作者もイラストレーターも共に子どもをもつ母親であるが、親の子どもへの愛情をそっくり包み込んだ絵本である。親の観察眼から溢れる簡単明瞭な言葉と、大胆でも暖か味が溢れているイラストが、実に良くマッチしていて、絵本の醍醐味を満喫できる。描かれている親子も異なる人種を取り上げ、一日の時間を追うと共に子どもの年齢差をつけてた演出も、見事に功をなしている。

Mama’s Day

By Linda Ashman, Illustrated by Jan Ormerod                 (Simon & Schuster Books for Young Readers – New York, NY in 2006)          Cerebrating being a mother by appearing 12 different ethnic babies.  Each page presents one couple of mother and child from the 12 babies, and on the other side page found simple verse with  other 11 babies moving around.

2014-04-18 14.30.17

母親の幼い子どもへの愛情を、優しく暖かく語っている。各ページには、様々な12人の赤ちゃんが描かれ、そのうちの一人が母親と一緒に枠に入って描かれている。その枠に入った母子の様子が反対側のページに優しい英語で書かれているが、周囲には11人の赤ちゃんが夫々に動き回っている。子どもとの会話に発展させ易い、素敵な楽しい絵本である。

The herd boy

By Niki Daly  (Eerdmans Books for Young Readers – Grand Rapids, Michigan in 2012) Malusi cares for his grandfather’s sheep in a small African village . It’s not easy job for Malusi, but he does his best.  Malusi has a dream of becoming a president someday, but his friend laughs at his dream. One day a big car stopped at Malusi’s village, and the passenger (whom many recognized as Nelson Mandela) tells the boys that he also looked after sheep when he was young.

2014-04-18 14.30.04

アフリカの村で、家畜の世話をしている男の子がいた。その少年は、将来大統領になりたかったが、公言するのは恥ずかしかった。少年は、決して楽ではない家畜の群れを面倒見ながら、一生懸命に群れを守ろうと努力した。良きリーダーの素質は、恵まれていない環境にありながらも努力する幼児期に芽生える可能性が大であるとのメッセージを、故ネルソン・マンデラ大統領を絡ませながら、伝えている絵本。巻末には現地語の解説がある。

A Blue So Blue

By Jean-Francois Dumont (Sterling Publishing Co., Inc. –New York, NY in 2005)       Boy who loves painting deeply lives in a grayish town. He is a different boy from others and thinks of painting consistently. He dreams about a certain color of blue, and starts to search his beloved blue everywhere, even taking a trip around the world.

2014-04-18 14.29.50

灰色の街に、絵が大好きな男の子が住んでいた。彼は変わり者で、いつも絵を描くことばかりを考えていた。そして、彼の夢の中に現れる青の中の青色を探して美術館に行ったが、そこでは彼の探している青色が見つからなかった。夢の中の青色を探して世界のあちらこちらへと出かけてゆくファンタジックな絵本ではあるが、結末が実に微笑ましい。表と裏表紙を開けたところに、様々な青色のサンプルと名前がリストされている。