Kon Tiki

Directed by Joachim Rønning, Espen Sandberg  (2012 )                                         Based on a true adventure in 1947.  Norwegian explore Thor Heyerdahl crossed the Pacific ocean in a balsa wood raft Kon Tiki named from the god of Sun in Maya civilization, and his 101 days long journey started from Peru with other five men. The explore wanted to prove his theory that Native South American already back in pre-Columbian times could have crossed the sea to settle on Polynesian islands.

邦題:<コン・ティキ>

ノルウェー人冒険家Thor Heyerdahlの、ペルーから筏船を作って太平洋を越えポリネシア諸島に到達する海の道を証明させた実話の映画化。筏の名前はKon Tiki号で、マヤ文明の太陽の神の別名ではあるが、今日では南米先住民がポリネシア諸島に移住した説よりもアジア系先住民の移住のほうが支持されてはいる。説は説として、彼の偉業は第二次大戦後の世代に冒険心を起こさせたパイオニアであり、映画は人間の魂の限界と葛藤を描いている。「大海は、人々を隔てる為ではなく、つなげる為に存在していた」の台詞は考え深い。