The Boy who was raised by librarians

By Carla Morris, Illustrated by Brad Sneed (Peachtree Publisher – Atlanta in 2007)  Little Melvin loves to go to the library after school everyday and his favorite three librarian are ready to help him always. As he grows up, his friendly librarians also become old, but their enthusiasm of helping Melvin to love to read is never changed. When Melvin finishes college,  he helps other children to learn wonderful things in the library, just like he did from his unforgettable librarians.

2013-07-15 15.56.41

3人の全く異なる人柄の図書館員と、小さな男の子との出会いから始まるこの絵本は、図書館の大好きな男の子の成長振りが描かれている。そして絵本の中で、3人の女性図書館員も、年をとってゆく。図書館を知識の宝庫としてのみならず、3人の図書館員と男の子との交流から、人間味溢れる図書館への着想が素晴らしい。正に異なるカルチャーの融合と成長が、図書館の存在価値そのものである。各自の特徴を好く掴んだイラストも、表情豊かで絵本の醍醐味を味わえる。読んだら図書館のファンになりそうな、絵本である。