The Busy Life of Ernestine Buckmeister

By Linda Ravin Lodding, Illustrated by Suzanne Beaky                                              (Flashlight Press – Brooklyn, NY in 2011)                                                                    Instead of her busy parents, Ernestine has a Nanny who manages Ernestine’s daily schedules from Monday to Sunday. Her week is packed after school lessons even in her week end, and Ernestine and her Nanny are confused, overwhelmed and exhausted with her overscheduled life. One day, Ernestine get an marvelous idea.

2013-06-24 09.31.33

一週間のスケジュールがぎっしり詰まっている少女アーネスティンには、忙しい両親に代わって、ナニーがアーネスティンのスケジュールを管理していた。放課後月曜日は粘土彫刻、火曜日は水中バレー、水曜日は編み物、、、、週末も土曜日は空手、日曜日はヨガ。隣の男の子と遊ぶ暇もない。ナニーでさえ、時としてスケジュールを混乱するほど。そしてある日、アーネスティンは、革命的なことを思いついた。カラフルで表情豊かなイラストは、見る楽しさも充分に盛り込んでいる。

Across America, I love You

By Christine Loomis, Illustrated by Kate Kiesler                                                   (Hyperion Books for Children – New York in 2000)                                                             Describing the diverse nature scenes on the American Continent as following to seasons go around, and celebrating the country’s natural phenomena especially for youngsters.

2013-06-24 09.32.07

アメリカ大陸の四季折々を、子どもを慕うように、詩のごとくうたっている絵本。落ち着いた渋い色彩のイラストは、しっとりとその土地への愛着がしみこんでゆくようでもある。愛国精神とは、華々しいものでも派手なものでもなく、周囲の大自然と共に日常的に育まれるものであることを、しっとりとうたい上げた絵本である。高学年向き英語の教材としても、大いに活用できる。

You and Me and Home Sweet Home

By George Ella Lyon, Illustrated by Stephanie Anderson                                        (Atheneum Books for Young Readers – New York in 2009)                                             A girl and her mother lived in their relative’s house until a house is building for them by church people and neighbors. She is exciting to see the building process of their own house. The whole community comes together to help her and her mother to complete their house.

2013-06-24 09.32.22

母と娘の2人で、親戚の家に厄介になっていたが、ある時家を建ててもらえる事になった。教会の仲間や近所の人達が協力して、家を建ててゆく。自分の家が出来てゆく過程が嬉しく、完成が待ち遠しい娘は、自分も手伝いを申しでる。様々な理由から、自分の居場所を失う人達が、世界中には大勢いる。そして、親身になって喜びを分かち合おうとする人達も大勢いる。そんな力強いメッセージが伝わってくる絵本である。

The Tree That Would Not Die

By Ellen Levine, Illustrated by Ted Rand (Scholastic Inc. – New York in 1995)      About 500 years ago, a baby oak sprouts and starts to grow to a big tree.  Under this oak tree Natives Americans and newly arrived settlers talk about their agreements, and the tree sees that people develop a small village to big city, simultaneously  observes all their histories. One day someone poisons over the tree, and almost die.  People pray for the tree and take care it to survive. And then, its life comes back again.  This is a story of the real Oak tree in Austin, Texas.

2013-06-24 09.33.07

500年ほど前に、大地に芽生えて成長始めたオークの木。その木が生長と共に見てきた歴史を語った内容の絵本だが、米国テキサス州オースチンの街に実在する木である。かつて原住民との契約をこの木の下で交わして、新住民達が移民し街を発展させた由縁のある木であるが、毒を撒かれて半死の状態にもなった。それでも多くの人達の祈りと支援で、枯れることなく生き延びて、生命の強さを物語っている。

Follow the line around the world

By Laura Ljungkvist                               (Viking, A Division of Penguin Young Readers Group – New York in 2008)                    As following the line from the camels of the Sahara Desert to the blue whales of Greenland, from the giraffes of Kenya’s grassland to the Kangaroos of Australia’s Outback………., travel 10 different places around the world. Some information of each place appeared on the page to learn about the visiting place.

2013-06-24 09.31.14

一筆書きの線をなぞってゆきながら、地球上の10箇所の地域をめぐることが出来るユニークな絵本。南極・北極も、サハラ砂漠やアマゾンの熱帯雨林も、島のスリランカやニューヨークの都市等。各ページの柔らかな色彩を背景に描かれた動植物や、風景を線で繋ぐことによって、地球に生きる一体感を効果的に現している。それぞれの地域に関するミニ知識も、タイプ文字の英文で散りばめられている。

How Many Donkeys? – An Arabic Counting Tale

Retold by Margaret Read MacDonal and Nadia Jameel Taibah, Illustrated by Carol Liddiment (Albert Whitman & Company – Illinois in 2009)                                       Jouha is loading his ten donkeys with dates to sell at the market. As he rides along, he counts nine donkeys and believes one is lost. When he gets off his donkey, and count again ten donkeys that makes him to believe the missing donkey is back. As Jouha repeats to count his ten or nine donkeys several times, we can learn to count one to ten in Arabic.      >Phonetically sounds of counting in Arabic found @MRM site

2013-06-24 09.30.59

副題に数を数えるアラビアの民話とあるように、アラビア語の10までの数の数え方が、幾度も繰り返し出てくる。デーツを市場で売るために10頭のロバに運ばせるのだが、主人公の男性がロバに乗って数える度に、9頭になってしまう。そしてロバから降りると、10頭になる。この理由がわからず何度も数えなおす。とても愉快なこの民話は、M.R.M.とサウジアラビア人のNadiaによって再生された。民話の語り部でもあるM.R.M.のサイトでは、アラビア語の数え方の音も聞くことが出来る。イラストも明るく幼児でも親しみがもてる。

Lissy’s Friends

By Grace Lin                               (Viking, A Devision of Penguin Young Readers Group – New york in 2007)                New student Lissy has difficulty to find any friend in her school, so she creates an origami bird to keep her company. Lissy folds more paper friends, but at the playground Lissy loses her paper friends in the wind. Luckily a girl finds them and retunes to Lissy.  And a new friendship begins.

2013-06-24 09.33.27

転校生のLissyは、新しい学校でなかなか友達が出来なかった。一人で折り紙で動物を折っては、それらの動物達を友達代わりにしていた。ところが、遊んでいるうちに折り紙の動物達は飛ばされてしまった。子どもにとっての転校は、正に異なる地域カルチャーの中への突入であり、この題材の絵本も多い。この絵本では、折り紙が友達作りの大役を果たしてくれている。イラストの和柄も明るく楽しいし、裏表紙を開けると折り鶴の折り方が英文と図で記載されている。

First Dog

By J.Patrick Lewis and Beth Zappitello, Illustrated by Tim Bowers                       (Sleeping Bear Press – Chelsea, MI in 2009)                                                                A dog in America reads a news that the housing price is locket shooting, and he decides to travel the world so see how other dogs live in other counties. Cannot find any perfect house for him, he returns to his neighboods, and reads a headline ” First Family looks for Dog”. Then, he heads to the White House.

2013-06-24 09.30.29

米国の住宅値段が高騰のニュースを新聞で知った犬が、理想の住いを探す為に、世界旅行に出発する。その途中で、各地で異なる犬に出会う。結局、元の故郷に戻るのだが、またしても新聞のニュースで、ファースト・ファミリー(大統領一家)が、犬を探していることを知ると、、、、、。表裏の表紙とも、旅先で出会った10種類の犬の説明がついているし、巻末では米国で救済を待つペットの犬達への理解と協力を求めている。

The New Kid and Cookie Thief (a collection of “Chicken Soup for Little Souls”)

Adapted by Lisa McCourt, Illustrated by Mary O’Keefe Young                                        (Health Communications, Inc. – Deerfield Beach, FL in 1998)                                      The day to go to school alone comes for a shy girl. She is so nervous, and cannot eat her breakfast. Her big sister gives her a bag of cookie to share with other students, and to make a friend.

 2013-06-24 09.34.00

ベストセラーとなった”Chicken Soup for the Soul” (by Jack Canfield and Mark Victor Hansen) からの話を選び、子ども向けに再生した作品の一つ。恥ずかしがり屋の少女が、転向した新しい学校へ一人で行く日が来た。朝食も落ち着いて食べれないほど緊張した妹に、姉がビスケットの袋をくれた。そのビスケットを分け合って、友人をつくるようにと。同じビスケットの袋を、バス停のベンチで見つけた少女は、気持ちがすっかり混乱していた。こども心を上手に語りながらも、大人も納得させられる絵本。

The Goodness Gorillas (a collection of “Chicken Soup for Little Souls”)

Adapted by Lisa McCourt, Illustrated by Pat Grant Porter                                         (Health Communications, Inc. – Deerfield Beach, FL in 1997)                                  School kids establishes a club “to do a good thing”, but there is one school boy who disturbs their club activities.  One day the boy’s beloved dog dies, and the club members discusses what kind good thing they should do for him.

2013-06-24 09.34.13

ベストセラーとなった”Chicken Soup for the Soul” (by Jack Canfield and Mark Victor Hansen) からの話を選び、子ども向けに再生した作品の一つ。学校の友達同士で[良いことをするクラブ] を作り活動を始めるが、いつもその活動の邪魔をするクラスメートの少年がいた。ある日、その少年の可愛がっていたペットの犬が事故で死んでしまった。[良いことをするクラブ]のメンバーで、どのようにこの少年を励ますか話し合った、、、、、読者に勇気を与えてくれる絵本。