Blood Done Sign My Name

Directed by Jeb Stuart (2010)                                                                                  Inspired by a true event in 1970s North Carolina. A black Vietnam War Veteran is murdered by white men in a small town in North Carolina. He has a wife and children, and just returns bravely from Vietnam War without hurt himself. A black local teacher and newly arrived white preacher work hardly to avoid violent chaos to see justice done and change the brutal legacy of the past.

1970年にノースカロライナの小さな町で、ベトナム戦争帰還兵の黒人男性が殺された。妻子のいた彼は、戦場から無事帰還した間もなく、自分の故郷で命を奪われた。この事件を基に、異人種間のヘイト・クレイムを無くすために、立ち上がった人々の記録物語でもある。民衆の意識深くに入り込んでしまった偏見を取り除くのは、一人の人間が即座に出来ることではない。40年前にこの裁判判決に失望を抱いた人達は、夫々の立場から、この困難な挑戦に挑んできた。巻末で紹介している彼らの存在感から、この映画のメッセージが鮮明に伝わってくる。