AGORA

Directed by Alejandro Amenabar(2009)                                                                     Based on a historical event in Egypt. In the 4th century of Alexandria, there is AGORA in the marvelous Alexandria library, proud of the world largest collection in the ancient Egypt. AGORA in Greek means a gathering place to discuss with others, to gain new knowledge and to expand own thoughts. One of activists in Alexandria AGORA is Hypatia, beautiful young lady astronomer with bright rich knowledge. But, as new religious group gets a power, her sensational epoch is ruined down as same as Alexandria library.

4世紀のエジプト・アレキサンドリア図書館が舞台。当時の図書館は、単に記録の保管場所だけでなく、知識を深め、哲学を論ずる神聖なる集会所(AGORAとはギリシャ語の集会所)でもあった。そこで活躍していた女性天文学者Hypatiaは、実在人物で美しく聡明な学者であったが、彼女は悲劇の主人公でもある。当時新興宗教であったキリスト教やユダヤ教に人々が染まってゆく中で、真理を追求する彼女を慕う学び仲間達は、だんだんと時代の波に飲まれて彼女から離れてゆく。1700年後の今日でも通じるメッセージを、映画の中ではHipatiaが言っているが、彼女が天動説を解明したことを、事実として信じたくなる。映像も映画音楽も、Hypatiaの存在感を深く印象つける。