London River

Directed by Rachid Bouchareb (2009)                                                                          Influenced by the terrorist attacks in 2005 London. Elisabeth suddenly loose her communication with her daughter, who is only her child, after the news of bombings in London city. Her husband died as war victim, so Elisabeth searches her daughter alone in London.  Without any specific information, Elisabeth meets Ousmane, Muslim African, who comes from France to search for his son as also lost communication after the tragedy. Elisabeth’s fear and prejudice escalate when she discovers her daughter converted to Islam without her mother known, and she was with Ousmane’s son in the Islamic community of London. But eventually Elisabeth shares with Ousmane the same hope of their children alive.

夫が英国海軍軍人であった未亡人が、2005年にロンドンで起こった同時多発爆破の後に、一人娘と連絡が取れなくなった。心配になった母親は、ロンドンで娘を探している間に、息子を探しにフランスから来たイスラム教徒のアフリカ人男性に出会う。自分の娘がイスラム教に改宗し、アフリカ人の彼の息子と一緒にアラビア語を学んでいた事実を知り母親に衝撃が走る。ロンドンとは言え異文化に囲まれた不安の中で、子供を心配する同じ親としての気持ちが重なり合うと同時に、自分達の知らなかった子ども達との世代の断絶を知る寂しさが溢れ出す。2人の主役俳優の演技が素晴らしく、この映画の翌年に74歳で死去したマリ出身のSotiqui Kouyateはベルリン国際映画際で最優秀演技賞を受賞。