Grey Owl

Directed by Richard Attenborough (1999)                                                                        In 1930s Europe, Grey Owl became well-known as the first celebrity environmentalist. Based on a legend of Grey Owl. He was born with mixed blood Apathy tribe and Scottish, and hunted wild lives to sell animal’s products for his living on the Canadian Coast. But one day, he met a beautiful Native young girl who was taking care two beaver babies as they lost their mother. As helping the Iroquois girl Pony to take her role of mothering, Grey Owl awaked to love all living things surrounding him.

1930年代の欧米で、自然保護運動のリーダーとして実存したグレイ・アウルの名が有名になったそうだが、アパッチ族とスコットランド人の混血でカナダに流れ着いたと言われていた。罠猟師氏として毛皮を売って生計を立てていた彼が、出会った原住民女性と共に、母親を亡くした2匹のビーバーを飼ううちに彼の中にも変化が起こった。原住民女性との愛によって、自然と一体となった生き方を学んでゆく過程が丁寧に描かれている。価値観の異なる2つの文明の狭間で生きた証人のグレイ・アウルに、ゆるぎない愛の強さを注いで仕上げた作品となっている。