Rain

Directed by Craig DiBona (2007)                                                                              Nineteen years old Rain lives in a inner city community with her brother, sister and her mother. One day Rain faces the dangerous situation by gang members involved, and when it escalates to Rain’s life threaten her mother makes her big decision. Rain’s mother brakes her silence and contacts with Rain’s real mother. Her biological white mother agrees to protect Rain, and her new life with her white wealthy grandmother is arranged for her. Placing in a private boarding school and ensuring peaceful days, Rain’s covered talents on music blooms beautifully.

米国の隣り合わせにある貧富の差は常に社会に人々の警戒心と緊張感を生み出しているが、その人種的な貧富の差以上にステ イタス・カルチャー(教養)が重視される傾向は、米国でも強くなってきた。黒人ゲット-で育ったRainは教養と勇気のある、そして母親の愛に包まれて 育った女性であった。その彼女がゲットーのギャングに狙われて生命の危険におかされた時、やはり母の強い愛情が英断を下した。Rainの白人祖母役を大女 優Faye Dunawayが演じ、ストリーも単なるハッピーエンドではなく、見ごたえのある映画となっている。