Partition

Directed by Vic Sarin(2007)                                                                                           In 1947, amidst the chaos and bloodshed unleashed when India and Pakistan are split into separate states, Gian, Sikh and a former soldier, risks everything to save a young Muslim woman, Naseem, from a violent mob. Eventually Gian and Naseem fall in love each other and establish their own family beyond their different faith. But their peaceful days are destroyed when Naseem goes to see her family in Pakistan.

1947年のインド・パキスタン分離独立の時代背景で、当時インドに住むイスラム教徒がパキスタンに、パキスタンに住む 非イスラム教徒がインドへと大移動があり、その間に衝突で100万人が殺害されたとも言われている。そういう異宗教への憎しみがある中、シク教徒の元 兵士が助けたイスラム教徒の女性との関係が深まり、やがて2人は結婚して子どもも授かる。異なる信仰にもめげず愛を貫いた2人ではあるが、妻がパキスタン にいる自分の家族に会いに行ったことから悲劇が始まる。ひたむきな愛の強さが感動的であり、実に見ごたえのある映画である。