The Edge of Heaven

Directed by Fatih Akin (2007)                                                                                 Six characters are drawn together by circumstances – a Turkish old man immigrated in Germany and his son, a Turkish prostitute in Germany and her daughter who comes to look for her mother illegally, a German girl who loves the Turkish girl and the German girl’s mother.  Fatih Akin, a German Director, is Turkish descent.  

ドイツに移民したトルコ人父親とその息子、ドイツで娼婦となっていたトルコ人母親と母を捜すため不法入国した娘、その女性を救ったドイツ娘とドイツ人母親の、親子像が描かれた映画。ドイツとトルコの国籍を超えて親子関係の悩みが浮き彫りにされるストーリーは、映画 London Riverとも共通する。宗教や文化を超えた、親子の愛を力説するこのドイツ映画は、現代社会の迷いに光さえ差し込んでくれる。トルコ人の血統をもつドイツ人監督 Fatih Akinの力作。